病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

メディカルEYE

2011年10月01日発行
救急科 部長 内野 正人
M-eye No.21 “ハチ刺され”にご注意下さい! アナフィラキシーのお話
ようやく夏の猛暑も終わりを告げ、凌ぎやすい季節となってきました。畑仕事やアウトドアなどの野外で活動することが多くなってきたと思います。このような折りにちょくちょく耳にするのが、「ハチに刺された!」と来院される方々です。

ハチに刺された場所に注入される毒素(神経毒と溶血毒)も問題ですが、最も恐れるものの一つにアレルギーがあります。ニュースなどで「スズメバチに刺されて患者が重態です!」とアナウンスされることもあります。今回はこのアレルギー、とりわけ虫刺されによるアナフィラキシーに関して述べたいと思います。

アナフィラキシーとはアレルギーの一種で、時にショック(血圧低下)に陥ることもある大変怖いアレルギーで、ギリシャ語の「無防備」という意味を語源とします。口周囲の違和感、しびれ感、尿意、掻痒感、吐き気、嘔吐、胸部違和感などの前駆症状に続き、蕁麻疹、鼻炎、結膜炎などが生じます。更にひどくなると喘鳴などの息苦しさや意識障害、ショックに至ることもあります。アナフィラキシーは別名「即時型アレルギー」とも呼ばれることもあり、虫刺されの場合は一般的に約15分で生じるようです。また過去にハチに刺されたことがある人が、再び同じハチに刺されると生じる可能性があるので要注意です。

虫に刺され、前記のような症状がある場合は、医療機関へできれば救急車で行くべきでしょう。医療機関ではこのようなアレルギーに対処する準備があります。ただここで注意しておきたいことがあります。ある種の抗不整脈薬を常用している場合は、医師がアナフィラキシーに使用する特効薬が効かないことがあるのです。日頃より自分がどのような内服薬を常用しているのか掛かり付け医師に確認しておく必要があります。また過去にアナフィラキシーを生じたことがある人も掛かり付け医師と相談してみましょう。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら

快眠のために運動を
2011年10月01日発行
 健康スポーツセンター

秋の夜長、夜更かしによる睡眠不足で体調を崩す方も多いでしょうか??
さて、人は年齢と共に寝つきが悪くなったり、途中で目覚めてしまったり、早朝に目覚めてしまうなどの睡眠障害が増えてきます。これは、加齢の影響で代謝が低下したり、日中の活動量が少なかったり、エアコンの使用等で日中と夜間の体温変化が少なくなることなどが一因と考えられます。

しかし、日中に運動を行い、体温を上昇させることが、夜間の体温を低下させ質の高い睡眠を促します。また、運動習慣のある人は、そうでない人よりも睡眠の質がよいとする報告もあります。運動はあまり激しいものではなく、ウォーキングなどの有酸素運動に効果が認められています。夜中に何度も目が覚める「中途覚醒」、早朝に目が覚める「早朝覚醒」がある交感神経過緊張の方は、ストレッチやヨガなどで副交感神経を刺激することが効果的です。ベッドに入ってもなかなか寝付けない「入眠障害」がある副交感神経過緊張の方は、日中に良く身体を動かし交感神経を刺激し、体温を上げることが睡眠を促します。
 運動を生活に取り入れ、質の良い睡眠をとることは、免疫力を上げ、みなさまの健康に繋がるはずです。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら