病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

メディカルEYE

2012年05月01日発行
消化器内科 部長 須永 雅彦
M-eye No.28 食べ物から感染する肝炎にご注意(A型、E型肝炎)
A型肝炎ウイルス(HAV)およびE型肝炎ウイルス(HEV)は、ともに経口感染すること(食べ物を介して感染)、一本鎖RNAウイルスであること、急性肝炎を引き起こすこと、などの共通点があります。

経過;HAVは感染後2〜4週間の潜伏期間後に急性肝炎を発症します。発熱(38℃以上)と全身倦怠感、関節・筋肉痛の前駆症状後に黄疸が出現します。肝機能(AST/ALTや胆道系酵素)も著明に上昇しますが、徐々に改善します。(通常慢性化はしません)。頻度は低いものの重症型から劇症化するケースもあり、また、他臓器に合併症をきたすこともあります(腎不全、再生不良性貧血、膵炎、胆のう炎など)。HEVの場合、多くは不顕性感染(発病しないこと)で終息しますが、感染者の一部は2〜9週間の潜伏期間後に急性肝炎を発症します。全身倦怠感、食欲不振、嘔吐、発熱、黄疸などの自覚症状が出現します。肝機能は徐々に改善し、多くは1か月以内で軽快治癒しますが、重症型から劇症化するケースが20%程度みられます。臓器移植あるいは血液疾患などごく一部の例を除いて、慢性化はありません。

診断;HAV=血中のIgM-HAV抗体検出、HEV=血中のIgM-HEV抗体、HEVRNA検出により診断します。
感染経路など;HAV=一般的には衛生環境が悪い地域で、感染者の糞便に排泄されたHAVが飲料水や食物などを介して感染します。日本国内では、カキなど生の貝類摂取による、冬から春にかけての季節発生が特徴です。海外では、汚染された輸入食品を介した散発例も報告されています。なお本邦では1994年にA型肝炎ワクチンが認可されており、海外渡航者には接種が奨められています。HEV=人獣共通感染症と認識されている唯一の肝炎ウイルスです。患者数が多い北海道では、豚のレバーやホルモン(腸管)を生または加熱不十分で摂取して発症した例が報告されています。イノシシやシカなど野生動物の肉や内臓を摂取して発症した例、また海外では生の貝類摂取による感染例も報告されています。シカやイノシシなど野生動物の肉等は生で食べないようにしましょう。また豚レバーをはじめとする豚肉についても、生で食べないようにしましょう。加熱調理の際に中心部まで火が通るよう十分に加熱すれば、ウイルスが感染性を失うため、感染の危険はありません。

当院は検体を千葉大学病院に委託してHEVの検査(HEVRNA測定)を行うことが可能です。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら

超音波検査で動脈硬化を調べよう。
2012年05月01日発行
生理機能検査室 

メタボリックシンドロームと動脈硬化の関係はもう一般的に広く知られています。
動脈硬化はご存知のとおり、虚血性心疾患や脳梗塞の原因になり、その早期発見と早期治療は大変重要です。

動脈硬化のリスクは血液を採取して様々な数値で調べる事はできますが、採血をしない検査もある事を知って頂きたいので一つご紹介致します。

超音波を使う頸部エコー検査は、機器を頸部に密着させスキャンすればその場で頚動脈の中の様子を映し出す事が出来ます。頚動脈に沈着した脂肪やコレステロールの固まりを簡単に見つけられ、しかも、さらに血管の状態を詳しく調べることによって、脳や心臓などの血管狭窄性疾患のリスクも知ることが出来るのです。
最近では、この頸部エコー検査での数値が高い人がメタボリックシンドロームと診断されている割合が高いとのデータが報告されています。

メタボ健診で診断を受けた方は1度頸部エコーの検査をお受けなるのはどうでしょうか。
因みに、頸部エコー検査は当院では人間ドックのオプションでも申し込めます。予約制で20分ほどで検査は終了します。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら