病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

メディカルEYE

2013年04月01日発行
皮膚科 部長 秋元 隆英
M-eye No.39 毛虫皮膚炎にご注意を
毎年5月から10月くらいまでの比較的長い期間に、毛虫皮膚炎で皮膚科外来を受診する方がいます。

ドクガあるいはチャドクガと呼ばれる蛾(が)の幼虫がこの病気の主な原因です。
これら幼虫の体に生えているたくさんの毛は、容易に抜けるようになっており、風が吹いただけでたくさん飛散します。これが直接皮膚に付着するか、あるいは服、手袋、帽子などに付着した後、それを脱いだ時などに皮膚に付着します。
今、皮膚に付着すると言いましたが、正確に言うと、その毛の先端が皮膚に突き刺さります。余りに細く、またわずかしか突き刺さらないので、その時は痛くも痒くもないのですが、後になってから赤い2,3mmの発疹をつくります。
多量に皮膚に付着することもあり、それが一つずつ発疹をつくるので、発疹の数もかなり多くなります。

刺される所は皮膚の露出部位に限りません。先ほど述べたように、服などから落ちた毛が刺さることも多く、好発部位は、いわゆる皮膚の柔らかい所です。具体的には、手首の手の平側から肘の内側を通り、二の腕の内側、わきの下、胸と腹の脇にかけてのラインにできることが多いです。そのほか、くびや肩、胸・腹などに出ることもあります。

チャドクガはツバキやサザンカを好み、ドクガはクヌギ、ナラ、サクラ、リンゴ、バラ、カキの木などを好むので、これら樹木の手入れをした人に多いですが、風の強い日などでは、近くを通っただけで刺されることも少なくありません。
毛はほとんど見えないほど細く小さいですし、皮膚についた場合、軽く払っただけでは容易に取れません。
残念ながら私は見たことがないのですが、皮膚についた場合、光の当て方によってはきらきら光って見えることもあるそうです。これを見つけた場合はセロファンテープを使って取り除くと良いと言う意見もあります。

赤い発疹は通常かなりのかゆみを伴います。薬局で売られている薬では、一時的に痒みを和らげるものもありますが、発疹を早く治すほどは強くありません。
もしこういった症状が出たら早めに皮膚科を受診するようにしてください。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら

メディカルフィットネス
2013年04月01日発行
健康スポーツセンター 

病院の診察室で医師から「運動不足ですね」「運動が必要ですね」と指摘されたことはありませんか?
しかし、病気がある、体力がない、高齢などの不安があると、運動を躊躇してしまいがちです。

高血圧症、高脂血症、糖尿病、肥満症、心疾患などの生活習慣病の予防および改善のために、運動療法が効果的なことは多くのエビデンス(科学的根拠)により明らかにされています。そのエビデンスを基に、医学的管理の下で運動療法を実施することをメディカルフィットネスといいます。
当院では、医師によるメディカルチェックを実施し、運動の安全性、妥当性を確認した上で、運動療法施設「千葉中央メディカル健康スポーツセンター」にて安全で効果的な運動療法を提供しています。
利用者の方々は、血圧の改善、血糖値の改善、体脂肪の減少、服薬量の減少など多くの効果が出ています。

運動の必要性を感じてはいるものの、一歩が踏み出せない、何をしたらいいのか分からないなどの不安がある方は、メディカルフィットネス施設「健康スポーツセンター」まで御相談にお越し下さい。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら