病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

メディカルEYE

2013年09月01日発行
麻酔科 部長 渡部 功三
M-eye No.44 私たちの手術室
手術を受ける患者様の不安に真摯に向き合い、寄り添いたいと思っています。

当院の手術室は、常時稼働している部屋が3部屋あり、また眼科の局所麻酔専用の部屋が1つあります。スタッフは、麻酔科医3名、看護師18名、看護助手3名がおり、手術室専属要員だけで24名が在籍しています。その他にも、、臨床工学技士、検査技師も含めますと30人以上の人員が関わり、救急・急変患者様の緊急手術に備えた24時間体制を維持しています。単純に計算しますと1つの部屋あたり10名になります。この他に、執刀する医師や補助の医師が加わります。そんなに多くの人が関わっているの?!、と皆さまは思われるかもしれませんが、現代の医療は非常に多くの人員を必要とするのです。

手術室では、安全に手術が行われるようするのが我々の使命だと思っております。
御高齢の方、あるいは手術する部分以外で持病をお持ちの方、突然に緊急手術を受ける方など様々な方が手術室に入っていらっしゃいます。手術を受ける皆様に、安心して安全に手術を受けられるように、最新の設備を整えております。そして、最高の医療レベルを維持し提供できるために、一人一人のスタッフの修練は欠かせません。

手術をお受けの方は当然、不安があることと思います。我々はその皆さまの不安にも真摯に向き合い、皆さまに寄り添いたいと思います。

今後も千葉中央メディカルセンター中央手術室をご信頼下さい。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら

リハビリテーションとロボット技術
2013年09月01日発行
診療技術部 リハビリテーション課

 “ロボット”という言葉を聞いたとき、みなさんはどのようなイメージをもちますか?おそらくはSF映画やアニメに登場するようなヒト型ロボットが頭に浮かぶのではないでしょうか。

近年、ロボット工学の発展により、リハビリテーションの場面でもロボットが応用され始めています。なかでも外骨格型のスーツを装着して歩行練習などを行うロボットは注目を集めています。これは生体電位と装着ロボットの内部センサーによって測定される関節の角度や加速度などの情報をリアルタイムに処理し、必要な運動を増強させる仕組みとなっているものです。このようなロボットを使用することにより、麻痺した足が動きやすくなって歩行能力が改善することが期待されています。しかし臨床での普及はまだまだの状態であり、今後の動向が注目されているところです。
 
 このほかにも様々なロボット技術の応用が検討されています。近い将来、リハビリテーション室はSF映画の一場面のような様相を呈しているかもしれません。
そう考えるとちょっとドキドキしませんか。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら