病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

メディカルEYE

2014年01月01日発行
形成外科 部長 和田邦生
M-eye No.48 局所陰圧閉鎖療法装置が小型軽量化されました

糖尿病や閉塞性動脈硬化症などによる下肢難治性潰瘍や、外傷による難治性創傷に対して、形成外科では局所陰圧閉鎖療法を行っています(2011年8月のメディカルアイNo.19でもご紹介した局所陰圧療法は、創部にスポンジフォーム材を充填し粘着フィルムで密閉後、吸引チューブを接続しコンピューター制御による陰圧で持続的に吸引し、創傷治癒を促進させる治療法です。)。
現在までに40例以上の症例に局所陰圧閉鎖療法を行い、良好な治療結果を得ています。特に糖尿病や閉塞性動脈硬化症などによる足壊疽に対しては、従来であれば下腿切断が必要と判断されたであろう症例に対しても積極的に治療を行い、足部を残すことができた患者様が増加しました。

当院ではKCI社のV.A.C.システムを使用し、局所陰圧閉鎖療法を行っています。従来型のATS型は重さ5.6㎏、大きさも40×30×20cm大と大きく重い装置であったため、装着中の患者様には移動の際などにご不便をかけていましたが、その優れた治療効果に納得していただき使用していました。2013年4月より重さ900g、大きさも12×15×7cm大と小型軽量化され高性能化されたActiV.A.C.型が登場しました。現在、当科では新型のActiV.A.C.型を使用しており、治療効果なども従来型のATS型と同様に良好です。

※V.A.C.システムを使用した局所陰圧閉鎖療法は治療効果も高く有用な治療法ですが、入院が必要であり、患者様の創部の状態によってはこの治療法の適応とならない場合や治療が奏功しない場合もあります。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら

最新のMRI(3テスラ)が間もなく稼動します
2014年01月01日発行
診療技術部 放射線課


新しい装置は、ドイツSIEMENS社製MAGNETOM Skyraです。
当院で現在稼働している装置は1.5テスラなので、2倍の3テスラの磁場強度があり、従来よりはるかに高画質で高速の撮像を可能にしました。

MRI装置が2台になることで、お待たせせずに撮影が可能になります。現在、当院受診の患者様や連携医療機関から撮影の為に来院される患者様で予約がいっぱいになっており、長い場合は2週間近くお待ちいただきご不安やご不便をお掛けして参りました。これが解決されます。



また、撮影スペースが圧倒的に広くなり、体をまっすぐに伸ばせない方や、体格のよい方など、従来の装置と比べて格段に自由度が高く無理のない体位で検査を受けて頂ける、快適な検査環境を提供できます。息止めなども短時間で済み、ご負担が飛躍的に軽減されます。
更に、豊富なアプリケーションと超高密度コイルにより、全身をくまなく撮影でき、全国でいち早く導入した高精細な局所撮像も可能となりました。

これらにより、今まで以上に詳細な病状の把握や発見が可能になり、地域の皆様に、より安全で安心の医療を提供してまいります。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら