病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

メディカルEYE

2015年04月01日発行
外科 部長、診療部長 松葉 芳郎
M-eye No.59 肛門や肛門周囲の疾患で悩んでいませんか?

痔核の症状

たとえば、排便のたびに脱出して手で押し込む必要があるような痔核や、歩いているときや自転車に乗っている時に脱出してしまう痔核で悩んでいる方、あるいは、痔核の出血でズボンまで染みてしまった、お尻をさわったら何か腫れていて気になる方など、当科を受診される代表的なきっかけとなる症状です。

痔核の治療方法

大きな血栓性外痔核や、肛門周囲膿瘍は痛みも強く、外科的治療が有効です。
長年悩んでいた内痔核に対するジオン(ALTA)注射療法や手術治療で症状が改善し、生活の質が向上する方が大勢いらっしゃいます。また、痔核だけではなく、肛門や肛門周囲の病気には痔ろう、裂肛、肛門周囲膿瘍、毛巣洞、などがあります。
長期の痔ろうには癌が合併することもあります。肛門からの出血が原因で貧血になることもあります。

まずはご相談ください!

外科医がお役にたてることも多いので、お尻だからといって恥ずかしがったり、我慢したり、遠慮することはありません。
外来の看護師、助手、医師に是非、気軽にご相談ください。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら

当院の骨密度測定装置(DEXA法)
2015年04月01日発行
 放射線科

骨粗鬆症とは?

骨密度低下による腰椎圧迫骨折や側彎、転んだ時に容易に起きる大腿骨頸部や手首の骨折など骨粗鬆症による骨折リスクは加齢とともに増します。寝たきりとなり、本人や家族にもその後の生活に支障をきたすこととなります。初期の骨粗鬆症では通常の日常生活に支障がなく、明確な痛みが少ないためあまり意識することなく進行している方がおられます。

骨密度の測定方法

骨粗鬆症の診断である骨密度を測定するにはいろいろな部位や方式、機器があります。
X線を用いるものや超音波式などがあり、部位も脊椎(腰椎)、大腿(頸部)、腕(橈骨) 足(踵)、手(中手骨)など様々です。
当院の機器は治験や研究応用でも行える国際標準の機器です。エックス線を正確に用いて腰椎・大腿骨頸部を僅かな検査時間で行なえるので体への負担もありません。

骨粗鬆症を予防しよう!

予防には適度な運動や十分な栄養摂取は必要ですし、現在は骨粗鬆症薬剤治療で最適な効果を上げています。当院では骨折予防(将来の骨折リスク)のための骨粗鬆症ドックを行なっております。気になる方は是非お受けすることをお勧めいたします。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら