医療法人社団 誠馨会  千葉中央メディカルセンター看護部RECLUIT SITE

CCMCならきっと見つかる!自分らしい生き方・働き方。「なりたい自分」に出会える場所

リポート/イベント

TOP > リポート/イベント > イベントプログラム > 7月

イベント年間スケジュールTOPへ戻る

患者様からの学びや、振り返りと感謝の気持ちを大切に、取り組んでいます。

院内ケーススタディ発表会

写真1

 
院内ケーススタディ発表会

昨年新卒入職した看護師たちも2年目を迎え、いよいよ準備に準備を重ねたケーススタディ発表会が行われました。看護師になって2年目。患者様との関わりから多くのことを学んだ1年間を振り返ります!
「患者様やご家族へのより良い看護、患者様に安心感をもっていただけることの大切さ、患者様の気持ちを一番に考えた看護指導」など看護業務を通じて様々な学びがあり、日々の業務の中での気づきを看護に活かすことの大切さを改めて感じたなどの感想が聞かれました。
多くの学びを与えてくださった患者様をはじめ、指導してくださった先輩方への感謝を忘れずに、これからもより良い看護を目指して取り組んでいく、皆さんの今後の活躍が楽しみです!)

リフレッシュ研修

写真2

 
リフレッシュ研修

今年入職した看護師も、あっと言う間に3ヶ月が経ちました。夜勤も一人立ちが始まり、少しずつ看護師としての責任ある顔になってきた一年生たちが、今日だけは外で同期と一緒に自然に触れあい、心身ともにリフレッシュを取ってきました。
行った先は千葉市動物公園。教育担当たちが事前にみんなに『お題』を渡して、チームごとに攻略していきます。「ヤギに触る」「ゴリラと一緒に写真を取る」など、動物園ならではのワクワクするミッション。涼しい動物科学館内ではガイドの方の説明を聞きながら楽しみました。
病院に戻ってからのグループワークでは「看護師になって良かったと思った瞬間、頑張れる源やリフレッシュ方法」などを話し合い、一人一人が頑張っている様子が語られました。 久しぶりの同期の仲間と一緒のゆったりとした時間。近況報告も兼ねながら色々な話をし、そして笑顔あふれる素敵な一日を過ごしました!

PCAポンプについて

写真3

 
PCAポンプについて

シリンジェクター(加圧式医薬品注入器)に付属させて使用する患者自身による鎮痛法「PCA」の新型セットについての勉強会が、手術室のスタッフを中心に開催されました。麻酔剤や鎮痛剤等を持続的に一定の流量で長時間投与するポンプを備えた持ち運びできる小型専用装置で、激しい痛みに襲われたときには、患者自身の操作により一定範囲内で注入量を操作し、鎮痛のコントロールを行い苦痛を和らげることができ、軽量で携帯ができるため患者さんにとって扱いやすくなったことなどを学び確認しました。

患者様に使うケースはまだ少ないようですが、実際に患者指導をする際には改めてまだ勉強したいと思える充実した研修会でした。

イベント年間スケジュールTOPへ戻る