初期研修医の岡崎太郎医師が第82回日本臨床外科学会総会で「研修医Award」を受賞しました。

news病院ニュース

キービジュアル

初期研修医の岡崎太郎医師が第82回日本臨床外科学会総会で「研修医Award」を受賞しました。

2020/12/09

岡崎医師は、2020年10月29日 第82回日本臨床外科学会総会 研修医セッション09(膵1)において、当院からのライブ配信により『腎癌膵転移再切除の1例』を発表し、優れた研究成果が認められ「研修医Award」を受賞しました。

岡崎太郎医師 コメント

今回、発表の機会をいただき、研修医Awardまで受賞できたこと、非常に光栄に感じています。外科の先生方は、多忙な手術の合間を縫ってスライドのチェックや予演会などをしてくださりました。また、初期研修医の先輩や同期の皆もお菓子をたくさん買って応援してくれました。すべての方に感謝の気持ちでいっぱいです。
学会発表は初めての経験でしたが、自分の考えを文字や言葉にして発信するということが非常に楽しいと感じました。また、自分の仮説や推論が、もしかしたらこれから新しい発見に繋がるかもしれないという何かワクワクするような感覚もありました。日々の業務を行いながらの発表準備は大変と感じることもありましたが、とても楽しかったです。
今後も研修に邁進しつつ、学会発表や論文投稿の機会を頂ければ、積極的に取り組んでいきたいと思います。

お知らせ一覧に戻る