医療法人社団 誠馨会  千葉中央メディカルセンター看護部RECLUIT SITE

CCMCならきっと見つかる!自分らしい生き方・働き方。「なりたい自分」に出会える場所

リポート/イベント

TOP > リポート/イベント > スキルアップ

スキルアップ

衛藤看護師に突撃リポート

衛藤看護師

スキルアップ
衛藤看護師

脳神経外科病棟での経験を活かし、より深い看護を求めてSCUのある千葉中央メディカルセンターに入職した衛藤さんは、今、超急性期のSCUならではの看護に取り組みながら、脳卒中リハビリテーション認定看護師を目指しています。

看護を高めたいという衛藤さんの想いを、師長・主任が後押し、院内のバックアップシステムの中、新たな看護の視線や患者さんとの係わり方を吸収し、目標に向かって勉強する衛藤さんに聞いてみよう!

SCU看護での心掛けは?

衛藤看護師

SCU看護での心掛けは?

脳卒中に特化した超急性期治療を行うので、重症度の高い患者さんの場合、医療主体・看護師主体になりがちな面もあるのですが、私たちは、患者さん主体の看護を一番に心がけています。患者さんのためにどうしたらいいか、より患者さん主体で物事を考えられるようにカンファレンス等を増やしていきました。結果、ケアも一層充実し、同時に業務も考え方もスタッフ一人一人が変わってきたかなと思います。

積極的に患者さんのベッドサイドに付いたり、ご家族がご面会の際には、必ず話をしています。私たちが話すことで、ご家族の方も思っていることを話してくれるので、そのことに対してどうしていくのが良いかを、一緒にゆっくりと考える時間も大切にしていますね。リハビリ中もご家族やリハビリのスタッフと一緒になってリハビリの進行状況を確認するなど常に患者さん主体の看護に努めています。

目指していることは?

衛藤看護師

目指していることは?

脳卒中リハビリテーション認定看護師です!現在、院内留学での研修中です。最初に外科・脳神経外科病棟、次の回復期リハビリ病棟で2か月目に入ったところです。脳神経外科の、特に脳卒中の超急性期から急性期・回復期の一連の流れを経験・勉強することが出来て、今、自分がやりたいと思う仕事をさせてもらっていますね。超急性期と回復期では全く視点も違い、係わり方も変わってきます。実際に患者さんの立場に立ち考えながら経験できるので、私だけでなく多くのスタッフが院内留学で勉強しているんですよ。

千葉中央メディカルセンターでは、私はこれをやりたい!という思いを実現させてくれます。認定看護師の資格を取りたいと話した時、ゼミに参加できるようにと時間調整や、体制を取ってくれました。院内留学もあり勉強する環境が整っていると思います。自分がこうなりたい!という目標がある方にはお薦めです!

職場の雰囲気は?

衛藤看護師

職場の雰囲気は?

職場の雰囲気は良いですね!!とても仲が良いと思います!!SCUは、経験年数もお互い同じくらいの同年代が揃っているので、和気藹藹としていて、いろいろなことを話し合ったり意見を出し合えます。また回復期リハビリ病棟はママさん看護師も多く皆さん心が広くて明るくて、チームワークが抜群に良いので雰囲気はやっぱり良いですね!

千葉中央メディカルセンターの良いところは、何よりも明るいところだと思います。アットホームな感じで、本当に仲がいいので。しかもただ仲が良くて楽しいだけではなくて、それぞれ高めようと努力をして、きちんと成長もできる。そういうところが魅力なのだと思います。誰もがしっかりした看護感を持っているので、たとえ同じ経験年数でも、お互い気づかなかったことに気づかせてもらったり、後輩あとは若いスタッフからも学ぶことがたくさんあります。千葉中央メディカルセンターには、雰囲気の良さと成長できる環境があると思いますよ~!