診療科紹介

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

アレルギー疾患リウマチ科
今月の診療担当表はこちら

当院のアレルギー疾患リウマチ科の役割

免疫システムの過剰反応がもたらす疾患

細菌やウイルスから体を守るシステムを「免疫」と言いますが、この免疫システムが過剰に働くと、慢性の炎症を起こす病気にかかりやすくなります。

当科が対応する疾病−慢性炎症性疾患の診断および治療

当科では大きく下記の2つの慢性炎症性疾患について診断・治療致します。

  • 関節リウマチなどの「自己免疫疾患(膠原病)」
  • 花粉症や気管支喘息などの「アレルギー疾患」

悪化した炎症を治療でコントロールする際にステロイドが不可欠なこともしばしばあり、副作用に注意しながら治療を行います。また、関節リウマチの内科的治療方法は最近大きく変わっており、患者さんの病気の状態をよく検討して、治療方針を立てていきます。

外来は火・水・木・金の専門外来で診療しています。関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、血管炎症候群、皮膚筋炎などの自己免疫疾患をはじめ、ベーチェット病やその他の慢性の関節炎(痛風なども含む)も対象としています。再来患者さんの増加に伴い、初診患者さんをあまりお待たせしないよう配慮しながら診療を行っています。
「関節がはれて痛む」「微熱が続く」「力が入りにくい」といった症状の中には、当科で対応すべき病気がしばしば含まれ、早期診断が何よりも重要です。診断がつかず民間療法などに頼る前に、まず専門医にご相談ください。

アレルギー・リウマチ性疾患とは

こちらをご覧ください。(PDF:248KB)

医師紹介

常勤医師

猪熊 茂子

  • Shigeko Inokuma
役職 アレルギー疾患リウマチ科部長
専門分野 リウマチ・膠原病、アレルギー、温泉気候医学、物理医学
資格 日本アレルギー学会指導医・専門医
日本リウマチ学会指導医・専門医
日本温泉気候物理医学会温泉療法専門医
日本内科学会認定内科医
労働衛生コンサルタント
日本体育協会公認スポーツドクター

非常勤医師

  • Satoshi Miike
資格・専門分野 ■膠原病、アレルギー、一般内科
医学博士
日本内科学会総合内科専門医
日本リウマチ学会専門医
日本アレルギー学会専門医
  • Tomohiro Tamachi
資格・専門分野 医学博士
日本アレルギー学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本内科学会総合内科専門医