病院案内

一緒に働きませんか?薬剤部採用情報はこちら

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

薬剤部インタビュー

薬剤師(在院歴:○年)佐藤貴子さん(取材日:2009/10/27)

患者さまにもなじみの深い薬剤を専門的な知識を元に扱う薬剤師。
現代医療での薬剤投与は手術と共に非常に重要な役割を担っています。
今日は当院で薬剤師として毎日患者さまと向き合う佐藤さんに話を聞きました――。
(取材日:2009/10/27)

――佐藤さんは当院で○年在籍しているわけですが、元々薬剤師になろうと思ったきっかけは何だったのですか?

佐藤幼い頃から科学医療に興味があり、大切なことだと漠然と思っていました。人の役に立ちたい、そんな人物になりたい、と思いながら勉強していく中で、『薬が身体の中で化学反応を起こしその影響で病状が良くなっていく』ということに非常に興味を持ち、薬学に進みました。

――その希望は、薬剤師として当院で働くことで叶えられましたか?また、薬剤師としての仕事の楽しさは何ですか?

佐藤はい。医療現場を幅広く学ぶことができる病院で働きたい、と薬学を学ぶ時から思っていま した。千葉中央メディカルセンターの薬剤部は、皆、明るくて前向きな職場です。
特に薬局長は進歩的というか改革派で、どんどん新しい取組みを試みようとしています。 皆が同じ方向を向き、当院での薬剤部の仕事をこれだけ拡充できたのは、薬局長の強い『思い』に皆が突き動かされ、また院長がそれを受け止め取り入れていただけたことが非常に大きく、素晴らしいことだと感じています。


――「拡充された業務」とは具体的にどのようなことがありますか?

佐藤大きなものでは「混注業務」と「当直体制」があります。混注というのは、生理食塩水などの点滴パックに薬剤を注射器で追加する業務です。

――以前、看護部長が就職希望の看護師を案内する際にも「当院では混注業務は薬剤師が行っているので、看護師は看護業務に専念することが出来る」と説明していて、応募者の方々も「それは素晴らしいですね」とおっしゃっているのを聞いたことがあります。

佐藤薬剤師がクリーンベンチ(清潔な作業台)で午前・午後の2回、混注業務をすることで、看護師が、看護師にしかできない仕事に集中して取り組め、それによりご入院患者様のベッドサイドに伺う時間が増え、きめ細かな看護につながっていると思います。
通常では、1日に100件くらいを準備しますが、薬剤師にとっても、点滴などの内容を早期に把握することができるので、患者様の安全面にもプラスの効果が出ています。

患者様へ安心を感じてもらえる24時間体制

――もう一つの「当直体制」では何が変わりましたか?

佐藤当院は救急指定病院ですので、24時間薬剤師が常駐しています。病気を発症されて限られた時間内に使用しなくてならない特殊な薬剤や緊急手術・麻酔準備に迅速な対応ができるようになり、より安全な夜間の救急・緊急体制の幅が拡がったと思います。
業務の拡充は、「患者様へ安全なお薬を提供するために病院全体の薬品管理を行う」という薬剤部の目標を実践し、自分たちが病院の役に立っていると強く実感し当院で働く充実感につながっています。

――薬剤部では新しい取り組みをどんどん取り入れているとのことですが、どういった方法で薬剤部全体の意識共有・目標共有をしているのですか?

佐藤先ほどお話しした取り組みの他にも、最近では薬剤部の中で勉強会を開いて、各自が勉強したことを共有しようという取組みも始まっています。勉強会に参加した者は別の機会には講師となり勉強会を開き、その知識を皆に伝え共有します。なかなか多忙で講師を割り当てられると正直なところ負担な面が否めませんが、前進し続けたい思いで継続させています。

――その他に薬剤部にはどのような仕事がありますか?

佐藤患者さまと接する大切な仕事として、服薬指導があります。
病棟の患者様のベッドサイドに伺い、医師の指示で処方されたお薬の効能や飲み方などのご説明や退院予定の患者様には退院後の服薬についてもお話したりしています。

――最近では一般化したことから『くすり』と近い印象を持つ『サプリメント』についての質問を受けたりすることもあるのですか?

佐藤えぇ、結構ありますね。サプリメントは同様の効能を謳うものに驚くほどの種類があり、何を飲んだらよいのか、処方された薬と一緒に飲んで影響はないのか、悩まれる患者さまも数多くいらっしゃるようです。
私たち薬剤師は、健康・栄養食品に関しても学びますので、悩んでいらっしゃる方にはアドバイスもさせていただいています。

お薬を通じて患者様からの信頼を得られる薬剤師に

――佐藤さんが薬剤師になって一番良かったと思うことはどんなことですか?

佐藤大学から勉強したことを全て社会に役立てることができ、患者さまがよくなる姿を見ることができることです。
『私達が患者さまに接することでその方の人生にとってプラスになる。』そんな関わりを持ち、そのことを直に感じることができるというのは、医療に貢献したいという小さい頃の夢でもあり、さらに自分を向上させるためのステップになります。ただ、どんなに患者さまの役に立ちたいと願っても病状の改善という形につながらないこともあり、その時は本当に心が痛みます。

――それでもこの仕事を続けたいと思わせる薬剤師の魅力はどんな所にあるのですか?

佐藤そうですね。培ってきた慈愛精神を以って仕事をしていくことができることが、様々なことがあっても乗り越えられる理由の一つではないかと思います。
危険と隣り合わせの投薬もたくさんあるのです。危険というのは、いい加減という意味ではなく、重い病状の方の治療のために厚生労働省が定める投与の量・期間の極限まで使用するような事例などを指しますが、そのような時は特に患者様とコミュニケーションをとるのにエネルギーを要します。
『医師も患者さまも私を信じ、薬を飲んでくれている。』――そこに携われる。
ということが非常に大きな支えです。


――最後になりましたが、患者さまへ一言お願いします。

佐藤私たちは、専門の知識や経験を活かし、少しでも患者様・ご家族様の人生にとってプラスになる関わりを持ちたいと考えています。お薬についてご不安な点などございましたら、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

――薬剤部の皆さんが、いい表情でキラキラとしながら働いている ”秘訣” を、本日は伺えた気がします。

佐藤ありがとうございます。
様々な面で私たち薬剤部は恵まれた環境で仕事ができていると胸を張って頑張っていきたいと思います!

薬剤部TOPへ戻る