病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2007年10月に日本医療機能評価機構ver.5.0による認定更新をしました。

看護部紹介|インタビュー

インタビュー 笠松看護師、糸数看護師

今回は、看護師として第一歩を踏み出しだばかりの4月入職、新卒の皆さんを2回に分けてお話しを伺いました。社会人として、看護師として数カ月…今、どんな夢を描き、どんな看護師になりたいのか、どんなことを感じているのか、どんな暮らしぶりなのか、働き始めた近況などを同じ同期であるからこそ、お互いの仕事ぶりが気になる若い皆さんの自然体で語っていただきました。

社会人として、看護師を目指したそれぞれの切っ掛け

――そもそも、看護師を目指したきっかけはどんなことでしょうか?

糸数:私は、漠然と小さい頃から看護師に憧れていました。そのままずっと気持ちは変わらなくて、やっぱり看護師になりたいという思いを通しました。出身の沖縄は、体験のチャンスが多くあるんですよ。高校生の時に、看護ふれあい体験やインターンシップに参加してみて、看護師っていいなぁと思った友達もいますね。

笠松:私は、自分が入院したことがあって、それがきっかけです。看護師さんがとっても優しかったのを覚えています。

糸数:男の人?(笑)

笠松:ううん、女の人(笑)。

楽しい雑談に花咲く中、学生ではない大人の責任感を共有

――この数カ月で、社会人として実感したことはありますか? また休日はどんな風に過ごしていますか?

笠松:寝る前、明日も仕事だって思う時、かな(笑)。

糸数:もう学生ではないし、迷惑がかかると思うと遅刻も休むこともできないですからね。ちゃんと責任感を持ってるってことかな。

笠松:そうですね。それと初めてお給料をもらった時に、実感しました。何に使ったらいいんだろうと思いながらも、とても嬉しかったですね。

糸数:私達、今は休みが一緒のことが多いから頻回に会ってるよね。

笠松:うん。同期で月1以上。皆、お家が近いから、集まれる人が気楽に集まって、一緒にご飯食べたりおしゃべりをしています。外食の時もあるし、最近は誰かの家でゆっくりしたりが多いですね。同期が仲良しなので、ホント心強いです。

糸数:ところで、お弁当や夕食は作ってるの?

笠松:作ったり作らなかったりかな。

糸数:私は焼きそば!良く作る。日持ちのするものを1回作って何回かに分けて食べるんです。私は一人暮らしが初めてなんですよ。

担当する病棟による仕事の違い 〜弾む話の中でも仕事に夢中

――入職時の集合研修以来、それぞれの配属先で頑張っている皆さんは、久々に勤務時間内に集合して、話は尽きない…とっても些細なことも聞いてみたくなったようで…ずっと気になっていたのは…オペ室で使用するキャップ?

糸数:帽子は蒸れたりしないの?

笠松:蒸れないよ。

糸数:通気性は良いんだね。

笠松:蒸れないけど痒い。おでこも痒いけど、マスクもしているので、それが鼻に当たって、鼻も痒くなるの(笑)。でも手でかけないから、口の周りを、もごもご動かすの。もう1種類、ゴムの通っていない、かちっとした感じの帽子もあるんですけどね。かちっとした防止だと髪がはみ出ちゃうんですよ。髪の長い人はこちらを被ってきちんと髪を帽子の中に入れてるの。

糸数:なんで皆、こっちの帽子を被るの?それに、外してオペ室の外を歩いてはだめなの?

笠松:かちっとした帽子だと髪がはみ出ちゃうんですよ。髪の長い人はこちらを被ってきちんと髪を帽子の中に入れてるの。帽子は外していいんだよ。

糸数:それなら、今日のインタビューの写真、キャップ被ったままでいいの?

笠松:うん、写真もこのままでいい(笑)。オペ室っぽいでしょ(笑)

 

はじめてだらけの緊張と新鮮味 〜同期は心強い仲間

――同期同士、お互いに気になる「仕事っぷり」。看護師として歩き始めて、お仕事はいかがですか?

糸数:看護師の仕事が、こんなに大変だとは学生の時、考えられなかったですね。でも大丈夫!頑張れます。先輩方もとっても優しいですから。

私のいる3-1病棟は、一般内科・消化器内科・救急科・眼科・皮膚科・腎臓内科などの患者さんが混在する病棟です。眼科のように、白内障手術など短期間で入退院可能な方もいらっしゃいますし、一方で内科系疾患の患者さんはご高齢の方が多くて、入院が長引く方も多くいらっしゃいます。人工呼吸器を装着しているなどご自身では思うように動けず、また寝たきりの方も多いので、患者さんにあれもこれもしてあげたいと思うと、時間が圧倒的に足りないですね。歩いていると終わらないから、つい小走りになります!

帰っても勉強があるんですけど、やらなきゃと思いながらも寝ちゃいますね。

笠松:何人くらい患者さんを受け持っているの?

糸数:受け持ちは7〜8人なんですよ。

笠松:7〜8人って凄いね。

糸数:7月から夜勤が始まる予定なんです。なので夜勤開始に向けて、今月は、患者さんを7〜8人受け持っています。実際に夜勤に入った時に、夜間緊急入院になる方なども、きちんと受け入れられるようにしなくては、という流れで、受け持ち患者さんの人数が増えました。

状態が安定した方もいらっしゃるけれど、それでも対応することも覚えることもたくさんあって、そんな簡単には上手く回らないんですよ。毎日、先輩方からたくさん教えてもらっています。

笠松:そういえば、夏には「リフレッシュ研修」で、お弁当を持って外に出てバトミントンしたり、同期の皆で過ごす時間があるんですよね。

糸数:確か、8月だよね。

笠松:何か楽しそう。楽しみがあると嬉しいね。

糸数:オペ室では、今、何をしているの?もう、「機械出し」をしているの?

笠松:やっているよ。私が関わっているのは、外科のヘルニア手術と泌尿器と眼科の器械出し。

糸数:凄い!もう、随分いろんなことやっているんだね。

笠松:でも器械の名前が分からなくて、覚えるのが大変(笑)。似ていて、ホント分からない(汗)

糸数:ドラマみたいに、器械をこうやって渡しているの?

笠松:うん、器械は渡してるよ。

糸数:汗も拭いたりしているの?

笠松:汗は「外回り」担当の人がね。看護師はそこまで汗を掻かないけど、Drは、掻く人は垂れるほどに汗を掻くから、外回りの人がポンポンと布を当てて拭いているんだよ。

オペ室は毎日、学ぶことがたくさんあって面白いです。科によって手術を受ける時の体位が全く違うんです。手術室に入室する手伝いをする時があって、病室のベッドから、手術用ベッドへ患者さんに移っていただくんですけど、その時に、取ってもらう体位がまだ覚えられない。仰臥位の場合は、その向きのままヨイショっと移すけど、脊椎とか腰椎ヘルニアなどは腹臥位になります。体位だけでなくて、次にどうするかの手順を覚えるのが大変。自分で、覚えたことを頭の中を整理しないとね。でもいろんなことを教えてもらえるので、充実しています。

糸数:皆、同じだね。私達は、ホントに覚えることがいっぱいあるよね。毎日、先輩たちに教えてもらうことがいっぱい!

ステキな挨拶が決め手 〜直感とタイミングでCCMCに!

――それでは、晴れて看護師になった皆さん、学生時代の就職活動はどうでしたか?

笠松:実習中に就職活動する人も多いと思いますが、、私は4年生の時に実習が既に終わっていたので、就活の時間は割とありました。まず絞ったんですよ。急性期の病院で働きたかったので、その時点で、絞れましたね。でも、その先、どこを基準に選べばいいのかを迷いました。最初に2・3つ病院見学に行ってみたんですけど、実際に行ってみたら、その病院のカラ―というか雰囲気が、自分の中でピンと来なくて。それで困ってしまいました。その後です、千葉中央メディカルセンターの病院見学に来たのは。もうすっかり季節は夏でしたね。先に千葉中央メディカルセンターの内定をもらっていた同じ学校の吉田さん(3-2病棟)から、勧められたんです。実際に見学して「ココだ!」って思いました。直感ですね。あとは迷いませんでした。見学に来た時に、先輩といろいろな話ができたということも大きいですね。

糸数:私は、沖縄県内の就職も視野に入れた上で、県外は2つの病院を見学しました。9月に夏休みを利用して沖縄から出て来て、就活しました。

笠松:千葉中央メディカルセンターは、新卒採用人数が決まっているので採用試験を受けて、選ばれて入職できたので嬉しかったですね。

糸数:そうだね、ここで働きたいと思った病院に入職出来たんだから、私達、頑張らなくちゃね!

――学生さんへ、メッセージをお願いします。

糸数:同郷の沖縄出身の方が多くて心強いですし、先輩たちが優しく教えてくれるので、とても良い病院だと思います。夏に、先輩として出身校に学校訪問に行くのをとても楽しみにしています。

笠松:病院は、人間関係で選ぶのが一番!オペ室も、皆、本当にいい人です。

糸数:そうですね、やっぱり雰囲気大事ですよね。それには、見学に行くことが大切だと思います。実際に病院見学に行ってみると、ここに就職したいという気持ちは決まると思います。

笠松:うん、そうだね。見学に来てみて、やっぱり千葉中央メディカルセンターが良い!と思いました。何だろうね、インスピレーションかな?

雰囲気って、病棟案内をしてもらうと、分かると思わない?

糸数:うん!千葉中央メディカルセンターは、病棟に案内してもらった時に、看護師さん達がとても明るいと思いましたね。

笠松:ナースステーションで仕事中の看護師さん達も、私たちが見学してたら挨拶してくれるんですよ。

糸数:それはとても素敵なことだし、必要だよね。

笠松:うん。挨拶さえしないところは、本当にしないものね。

糸数:しないよね。忙しそうにパソコンを見ていて、振り返りもしないし、振り向いても何も言わない。

笠松:あるある。雰囲気って大事だよね。

実際に見学に来て、私たちの病院を見て、雰囲気を感じて欲しいです。

二人:直感です!直感!

新卒ならではの発想から、話は尽きませんでしたね。笑顔いっぱいで、仲間といろんな話をする皆さん。とっても楽しかったです。同期同士、仕事もプライベートも支え合いながら、歩き始めた皆さんの生の声を聞かせてくれてありがとうございます。命に携わる看護師として、人として、これから多くのことを学び、明るく真っ直ぐな気持ちを大切に成長できるように、病院一丸となって応援しています!

それでは!次の5人はどんなことを話してくれるのでしょう…Vol.14の扉を開けてみてください、お楽しみに。

看護部TOPへ戻る