病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2007年10月に日本医療機能評価機構ver.5.0による認定更新をしました。

看護部紹介|インタビュー

インタビュー 小池看護師、吉田看護師、永田看護師、小菅看護師、坂井看護師

それでは、Vol.10に続いて、笑顔いっぱいに今の想いを語ってくれた新卒さん達の生の声を聞いてみましょう。どんな話が飛び出すのか、楽しみですね…。では、どうぞ!

ホームページ、合同説明会、オリジナル制服、看護部長のかっこよさ・・・全ての要素から自分に一番合う雰囲気だと確信!

――まず、看護師を目指したきっかけはどんなことでしょうか。

 

永田:私は、元々は養護教諭を目指していたんです。養護教諭の実習で、病院に行く機会があって、看護師さんの働きぶりというか役割をちょっと学んで、その時に素敵な仕事だなぁと思いました。

小菅:私が看護師を目指そうと思ったのは、高校2年生くらいですね。それまでは全く違う方向に進もうと考えていたのですが、結婚後も働ける職業を選びたいと思って看護師を選びました。

坂井:私は、中学校の時に漠然と看護師になりたいと思っていました。私の家族は、ケーキを作ったり、造園業であったり、手に職を持っています。その影響もあって、高校3年生で進路を決める時には、私も手に職を持ちたいと思い、看護師を選びました。学費で親に負担をかけたくなくて、働きながら看護の専門学校に通いました。

――就職活動についてお伺いしますね、何が決め手になって当院を見学・受験されましたか?

小池:千葉県内で就職をしようと決めていたので、県内の病院を探していました。受けたきっかけは、ビッグサイトなどで開かれる合同説明会に参加した時に、たまたま説明を聞いて、その後、見学に行きました。

吉田:私は、学校での就職説明会の時、お話を伺って看護部長さんがとっても格好良かったから!皆は、面接とかすごく緊張しなかった?私は、時間の感覚も無くなってしまって、緊張で大汗かきました(笑)。

小池:うん、凄く緊張しましたよ。何をしゃべったのか分からなくなっていました。

吉田:でも、病院は行ってみないと分からないよね。私は、見学に行って何か一つでもピンと来たところを選ぼうと思っていました。

小池:自分の中で、譲れない物を選べばいいと思います。

吉田:私はまず二交代制がポイントでしたね。それと大学病院ほどは大きくない病院で、寮があったらいかなと(笑)。あとは、千葉県内というのも条件でした。「千葉県・二交代制」だと結構、限られます。更に千葉駅周辺となると更に絞られました。その中で、千葉中央メディカルセンターに決めた理由の中に、制服が新しく変わることもあったかな。市販のものでは無くて自分達でオリジナルを作ったって聞いていましたから。

小池:私も制服、見ました。結構大事!

吉田:制服、結構見るよね。高校の制服選びみたいに見ます(笑)。

小池:SCUのユニフォームはスクラブタイプで白い白衣ではないけれど、こっちも動きやすくて良いですよ〜。

吉田:かっこいいよね!新しい制服が着たい!という気持ちもありました。小池さんは何を譲れなかったの?

小池:雰囲気!

吉田:分かる〜、雰囲気って、病院見学するとわかるよね。

小池:何か所か病院を見学すると、特色みたいのが見えてくるかな。病院によって全然違いますよ。千葉中央メディカルセンターを見学した後は、直感でココに決めました。

小菅:私も合同就職説明会に春休みから参加し始めました。そこで千葉県内の色々な病院の話を聞いて、そのあとは、学校の就職資料室の資料も参考に、日程が合うインターンシップや見学会など、4か所を訪問しました。私の場合、行ってみたんですけど、どこもなんだか違いが分からなかったんですよ。どうしようかといろいろ迷っていて、ちょうどその時に、千葉中央メディカルセンターに来てみたら、違いを感じました。雰囲気が良くて、とっても働きやすそうだなと思ったので、最終的にここに決めました。

吉田:私は、ここしか見学も試験も受けていないので、他との違いはわからないな〜(笑)。

永田:私も受けたのは千葉中央メディカルセンターだけです。私の場合、まずは県外(鹿児島出身)に出たかったんです。病院がたくさん載っている就職雑誌をパラパラめくってみて、学生なので、ちょっと内容的なものは待遇面が良いとかくらいしかよく分からないですけど(笑)。そこで気になった病院が2〜3ヶ所ありました。気になった病院のそれぞれのホームページを見て、千葉中央メディカルセンターのホームページを見た段階で、もうここに決めていましたね。それこそ、今受けているようなインタビューの、掲載された先輩達のお話を読んで、実際の仕事や環境が想像ができて、「ここに入りたい!ここに入職して私も一年後にこんなインタビューを受けられるような人になっていたい!そういう風になっていけたらいいな」と思ったんです。何の迷いもなかったですね。

 


見学と試験を一緒に受けられる日程を選んで、ここに入るぞ!と思いながら鹿児島から出て来ました。来る前のイメージよりも、実際に見た方がもっともっと良かったです!ここに入りたいと自分で決めて、その病院に入職出来るのが一番だと思います。今日、こうしてインタビューをしていただけることも、すごく嬉しいです。

坂井:やはり、実際に病院見学に行くと雰囲気は分かりますよね。私は2交代制であることと、関東であることを決めていました。千葉と埼玉の中で、取り寄せたパンフレットを読んで新人教育の方法などを見て、絞りました。去年の7月頃に就活をやっと始めて、実習の合間の土曜日に、サッと見学して、日帰りで熊本から出て来ました。

学生から社会人へのシフトを実感したのは、国民年金からの切り替えや学生欄から社会人欄へチェックしたとき

――この数カ月で「社会人を実感」したことはありますか?また、また休みの日はどんなふうに過ごしていますか?

坂井:やはり、社会人だなと実感したのは、お給料をもらった時でしょうか。

小菅:職業欄で、今までは学生に◯印つけたのが会社員に◯印をつける時かな。

永田:そうですね。あとは、最初に市役所に国民年金手帳を持って行って、国民年金の切り替えの説明を受けていた時かな。社会人になるんだぁっと実感が湧きましたね。

坂井:でも、まだまだ看護師としては何も出来ていないので、「看護師」として働いているのが何だか不思議な感じがします。

永田:私は、学生の時よりも違う楽しさがあるなと感じています。実習中は、患者さまと1対1で関わるので、あれをしたい、これもしたいと思ったら、それをやることが出来ました。でも今は、患者さん数名を受け持つと、あれこれとは、なかなか難しいじゃないですか。でも、その中で、自分で時間を組み立て、限られた時間の中でも、私ができる看護が出来た時は、大変さもあるけれど達成感があります。忙しい中でも、時間を作ってちゃんと出来た、という実感が、学生とは違い社会人になったのだと感じています。

吉田:私たち同期は、仕事の後や、休みの日には、集まって食事をしたりします。明日もあるんですよ!

小池:皆、住んでいるところが近くて、歩いて行き来できるのが良いですよね。

永田:そうですね!あと、私は妹の部屋によく行きます。同じ千葉で就職して、妹も一人暮らしをしているんでけど、仕事が忙しいようなので、行って掃除をしてくるんです(笑)。

坂井:小菅さんは、出勤前に毎日、家の掃除もしてくるんですよね?

小菅:6時に起きて、掃除したりお弁当を詰めたりしてきます。

坂井:私は、お弁当は作りますけど、掃除は休みの日だけかな。

受身ではなく積極的な実行力が必要 〜やさしく楽しい先生方が励みに

――看護師として働き始めて数ヶ月が経ちますが、看護師としての仕事はどうですか?また学生時代に習ったことが実際の現場で活用出来たことなどはありますか?

吉田:看護師って、大変だと思いました。一年目は大切って言いますよね。もう、いっぱいいっぱいで、思うようには、体と頭がついていけないんですけどね(笑)。

小池:そうですね。余裕ないです(笑)。

坂井:先生に確認しないと看護できないこともいろいろあるので、受け身ではなく自分から考えて動くことが結構あるんだ、と感じています。責任が大きいというところかな。

小菅:思ったよりも、パソコン入力も多いですね。看護記録だけでなく入院した時の患者さん個人の背景とかいろいろですね。先輩たちは、パソコン入力が、ホントに早いです。

坂井:そうですね。パソコンの作業も、分からないことも、看護師って覚えることがいっぱいですね。

永田:私は、たまたま希望していた整形外科病棟に配属になったんですけれど、整形外科は学生時代、実習中に興味が湧いた科でしたので、実習中の記録を頑張ってレポートに書き溜めていたんです。それが働いてからも、そのレポートを先輩たちに見ていただきながら活用が出来ているんです。もちろん、内容の追加は凄くたくさんしています。でも手術前後の観察とか、学生時代から頑張ってきたことが活用出来ているのが凄く嬉しかったですね。レポートは学生時代、きつかったけど、その時、頑張って良かったと思っています。

それと、入職してすぐの4月のオリエンテーションで、中途採用の看護師さん、そして、他職種の方も含めた研修がありました。あの時間があったから、新卒だけでなくいろんな方と交流が持てたと思います。それに、実習先の先生たちは、もの凄く怖かったけど、千葉中央メディカルセンターの先生方は面白くて優しい方が多いです。先輩の看護師さん達も本当に綺麗な人が多くて、私、混じっていいんですか?!って言う感じです(笑)

 

少しの異変が患者さまの容体を左右する緊張のSCU病棟

――最近のお仕事の様子を聞かせてください

吉田:私は永田さんと同じ3-2病棟で、整形外科や泌尿器科などの患者さんがいらっしゃる60床の病棟です。今は受け持ち患者さんは4人です。

小池:私は脳卒中を中心として超急性期の患者さんがいらっしゃる脳卒中ケアユニット(SCU)にいて、3人受け持っています。

吉田:そうそう、SCUはベッドも少ないのに受け持ちも多いってどういうことなの?SCUの一日って、どんな感じで回って行くの?病棟とはきっと違うよね、教えて。

小池:6床のうちの3人受け持ち。あと半分は先輩が看ています。でも、昼休憩や夜勤だと全部看ないといけなくなるので、ある程度、全員分の情報も知っておかないといけない、ということで、3人を受け持ちしています。

吉田:急に悪化される方の対応もするの?

小池:意識が無いのか、眠っていらっしゃるのかパッと見た感じでは分からない状態の方もいらっしゃるので、「あれ?おかしい」という、ちょっとした『気づき』が非常に重要になるんです。悪化しても、そのサインをこちらが気づいていかないといけないので、難しさを感じています。例えば、昨日まで言葉が出ていたのに急に言葉数が減ったとか、食べ物をポロポロと零すようになったとか。その状態を、先輩たちは、昨日と何が違うかということを医師に話して、検査のオーダーを出していただくなど、対応をしていますね。

吉田:小池さんも、悪化しているのが分かるの?

小池:まだまだ全然です。私は、1度そのような状況に遭遇しましたが、その時は、これが悪化している状態だとは、はっきり分かりませんでした。でも、先輩に今日よく零されるんですよ、と食事中の様子の気になったことを伝えたら、先輩がそれはおかしい、とすぐに対応してくれました。自分自身で気づいたことを口にしたことが、悪化に気づくきっかけになった経験をしました。

吉田:すごいね。SCUに新卒で配属されたのは初めてだって聞いていますよ。

小池:まだ、何でも報告して、先輩が動いてくださるのを見ている感じです。

吉田:6人全員が重症患者さんということになるんですよね?

小池:手術の直後とかレスピレーター(人工呼吸器)を付ける必要がある方など、目が離せない方は勿論いらっしゃいますけれど、たとえ急性期でも、麻痺が悪化しやすい状況とか症状が安定している時は、早期回復を目指してどんどんリハビリも入ってくるので、意外と寝たきりの重症だけというイメージとは違うんです。リハビリで立てるようになった方が、SCU内で歩行訓練をしている場合もありますし。

吉田:そうなんだ。3-2の整形外科の病棟では、ADL(日常生活動作)が非常に大切なんです。60床あるので、チームに別れて看護しています。私も整形外科を希望して希望通り配属されたのですが、実習でも経験していない診療科なので、大変だけど経験していない分、学ぶことが多いなと感じています。例えば、患者さんの体を少し動かすにも、非常に気を遣います。骨折とか、神経の圧迫とか、痛みの強い方もいらっしゃいますし、人工骨頭という、関節に人工の物を利用している方の場合は、ちょっと動かすだけで脱臼することもあるので、細心の注意が必要なんです。分からないことは勝手に進めずに、先輩に聞いてから動くようにしています。看護師という仕事は、凄く気を張って、繊細な仕事だなぁと思いました。

あと、3-2病棟は、整形外科だけでなく混合病棟なので、泌尿器・循環器などの診療科で入院している患者さんがいらっしゃいます。学生の時と比べると、一つ一つ、奥深く知識が求められますね。術式であったり、テープ・保護剤などの資材・薬剤にしても、こういうものがあって、なぜこれを使うかなど、考えながら日々勉強が必要ですね。

 

 

丁寧・着実にこなすため確認するコミュニケーションを意識 その中で確実に業務を終わらせる時間配分の重大性

――日々の業務の中で、今取り組んでいること、出来るようになりたいこと、目標などがありましたら教えてください。

吉田:今はまだ、毎日いっぱいいっぱいの状態ですが、確実に一つ一つ丁寧に行いたいです。まず確認してから、やるように心掛けています。それと時間配分ですね。どこに時間をかけるかとか、何分間で終わらせようとか考えながら仕事をするようにして、準備は素早く行い、その分患者さんの傍にいる時間を長くしたいです。『時間配分を考え、時間内に終わらせることも大事な仕事だよ』と、先輩に教えていただきました。時間配分に意識を向けようと思っていますが、これがなかなか難しくて、これからの課題ですね。

小池:目標までいかないですが、早く一人前になりたいなと思います。他の科は、患者さんが痛みを表出してくれることが多いと思いますが、SCUの患者さんは、意識レベルが低下している方が多いですよね。一人あたり看ている人数も病棟に比べたら少ないので、早く先輩たちのように、ちょっとした変化に気づけるようになりたいです。SCUの先輩方は、急性期バリバリの先輩方で凄いです。

永田:私は、今、取り組んでいることというか、毎日書く「行動計画表」という用紙があるのですが、始めは、自分の手技的な内容を、これができるようになりたい、と挙げていました。最近は、受け持ち患者さんのどういうところを看ていきたい、とか、こういうケアをしたい、などを挙げていて、自分が何か出来るようになりたいという行動目標から、患者さんの立場で考えて患者さんにとって必要な看護の目標を立てられるようになってきた感触があります。少しづつですが前進できているのかなと思います。

坂井:私も頑張っていること、出来るようになりたいことは、ありすぎるほどあります。まず、一日の業務を、ちゃんと終わらせられるようになりたいです。今日始めて受け持ちを5人持ったのですが、思うように終わらなくて先輩がフォローしてくださいました。一日の中で、自分で仕上げられるものを一つでも早く増やして、一日の業務全体をきっちりと終わらせられるようになりたいです。

小菅:坂井さんは、オムツ交換がとても上手なんですよ。

坂井:老健でバイトしていたので、オムツ交換と摘便だけは慣れています。

小菅:一緒に交換に入ると、手際が良くて見習いたいなって、いつも思います。

坂井:じゃあ、オムツ交換は負けないように頑張ります!小菅さんは患者さんに、とても優しいんです。オムツ交換で一緒に入室した時も、患者さんへの声かけがとっても優しくて、見習いたいです。あと、目標とは違いますが、プリセプターさんがちゃんと私のことを見ていてくれているんだなと感じられることも支えになります。シフトの都合上、あまり勤務が重ならない時もあったんですけれど、「坂井さんはこういう性格だから」って話してくださって、見ていてくれているんだなと、実感しました。

小菅:そうですね。プリセプターさんがいらっしゃらない日でもちゃんとできるように、他の病棟のメンバーの人に伝えてくれたり、また、その日どうだったのかを聞いたりしてくれていて、プリセプターの方だけでなく病棟全体で、先輩方に育ててもらっていますね。

坂井:私ね、プリセプターさんとの思い出で、学生の時、見学に来て、寮を案内していただいた際に、たまたま寮の一室の扉が少し空いていたんです。お昼時でお料理されてたんですけど、その時「こんにちは!」って出てきてくださったのが今のプリセプターの有銘さんなんです。猛暑だった真夏だったからかな、短パン一枚で料理をされていて、そのまま出ていらしたんです。まさか、その方が自分のプリセプターになるとは思わなかったので、再会してびっくりしました。もしかして、あの時の方?!、と…(笑)。

 

CCMCに出会えて、入職できた喜びを共有したい!

――来年の入職に向けて、学生さんが見学にいらっしゃっていますが、どのようなことを伝えたいと思って、学生さんとお話されていますか?

吉田:私がお会いした学生さんは、認定看護師を目指しているとおしゃってました。

小池:わぁー、もう、私、負けてる!? 私がお会いした学生さんも、僕はこれをやりたい、と明確に意思が決まっていて、凄いと思いました。凄くしっかりした方でしたね。SCU希望で、脳外科の重症患者さんを看たいそうで、熱い気持ちに圧倒されました。SCUの先輩はスペシャリストばかりなので、丁寧に教えてくれるし、千葉中央メディカルセンターはお勧めだよ!と伝えました。

吉田:私は、見学に来てくれた学生さんに全部を伝えたいと思いました。絶対に緊張しているはずなので、千葉中央メディカルセンターのこと以外でも、何でもいいから話をして緊張をとってあげて、まずは、何でも話せる関係になろうと思いました。それと、私自身が見学に来て、緊張して自分から何か聞くなんて出来なかったので、もし自分だったら、これ聞きたい!と思うことを私の方から、お伝えすることを意識しました。質問されたら何にでも答えたいですね!

――就職活動中の学生さんへ、メッセージをお願いします

坂井:私の卒業した学校の同級生は、1・2か所で皆決めていましたね。私が見学した3病院でも多い方です。沢山の病院に見学に行くよりも、ココって決めて、入りたいところに入った方が、絶対イイ!と思います。

小菅:ええ、そうですね。実際に見学に行ってみないと、想像と違っていることも多いので、見学の機会は利用して、是非見にいらしてほしいですね。

吉田:緊張せずに、自分に合った病院が探せるといいですね。

小池:就活の時って、国家試験に受かるかも分からない時です。正直、私は1年後の自分が看護師で働いている姿は全く想像出来なくて、実際に看護師になれるか不安でした。そもそも血を見て倒れてしまうような人だったので(笑)。でも、働き始めると何とかなります!やっぱり、自分が何を目指して、どんな看護師になりたいのかを、就活の時にちゃんと考えてなりたい看護師像を大事にすれば、入りたい病院が必ず見つかると思います。

吉田:あと、その病院で働いている人の話を聞くのが、一番良いと思います。

小池:確かに!そのためには病院見学、是非にいらして下さい!

永田:実際に訪問したのにイメージが違って迷ってしまう、というのは辛いですよね。なんだろう、直感!? 自分の直感を大事にしてほしいです。後悔しないためには、いくつかの病院を見ることも必要だと思いますが、自分の感じるものがあるところに行くのが大正解だと思います。私は直感を信じて動きました。千葉中央メディカルセンターに出会えて、入職出来て、本当に良かったと思っています。直感ですよ!直感!

小池:そうですね、私もここに入職して自分に合ったところが見つかったと思います。

 

毎年、夢をたくさん持ち、明るい笑顔いっぱいの新卒さんに入職していただいています。この場をかりてお礼申し上げます。本当にありがとうございます!皆さんが、今、千葉中央メディカルセンターに入職して日々の実技と勉強に追われながらも、看護師として一歩づつ着実に歩まれている様子は頼もしいかぎりです。この笑顔に続く、来年、看護師になられる皆さんに、この10名の声が届きますように…。そして、新卒さんが「なりたい自分」を見つけて、素敵な看護師さんとして成長していけますように、千葉中央メディカルセンターでは、皆さんが輝いていけるように応援し続けます!

看護部TOPへ戻る