病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2007年10月に日本医療機能評価機構ver.5.0による認定更新をしました。

看護部紹介|インタビュー

インタビュー 小菅看護師、小池看護師、永田看護師、坂井看護師

4月から半年…新卒看護師もいよいよ夜勤デビューを果たし、それぞれの配属先で笑顔いっぱいに活躍しています。知識や技術を学び、吸収して実践していく日々の中、みんなが楽しみにしていた「リフレッシュ研修」が夏の終わりに開催されました。仲良し同期組みの笑顔がはじける姿は、本当に爽やかで輝いていました。みんなのリフレッシュ研修報告の話や夜勤の話など、是非、聞いてみてくださいね。

緊張も吹き飛んだ!同期と楽しく過ごしたリフレッシュ研修 いつも温かく見守ってくれている先輩方に感謝

――楽しみだった『リフレッシュ研修』に参加していかがでしたか?どんなことをするの?

 

全員:楽しかった〜!!

永田:多分…千葉中央メディカルセンターならでは、の研修だと思うんです。他の病院では、なかなか無いと思います。

坂井:そうですね。他の病院では聞いたことが無いですね。リフレッシュ研修は、私達、新人看護師と、教育師長さん達と一緒に、病院から外に出かけてバトミントンをしてリフレッシュする研修なんですよ。

吉田:ほんとにとっても楽しかった〜!

坂井:それぞれ勤務中は、配属先が違うので、こうして日中に病院の中でみんなが集合するのは、お久しぶり〜って感じでした。ちょうど、リフレッシュ研修の前後からみんな夜勤デビューだったので、勤務も少しずつバラバラになってきていました。揃って会う時間はとっても嬉しかったです。

小菅:実は、あの日は、せっかくみんなが揃ったし、リフレッシュ研修の後にも、全員でご飯を食べに行きましたよね♪

吉田:うん。外に出掛ける前に、食堂で皆と一緒にお弁当を食べたのも、すごく嬉しかったです!病棟が違うから、全員集まって一緒にお昼を食べる事が普段、絶対ないですからね。だから出掛ける前から、もう既に楽しかった!!

永田:リフレッシュ研修って、8月下旬でしたものね。私も吉田さんも夜勤に入る前ですね。

吉田:なんだか、リフレッシュ研修に行ってから、もっと日にちが経ったような気がします。

――リフレッシュ研修の時間の中で、楽しかったことは何ですか?

永田:まず、行き帰りの道中が楽しかった!!

小菅:うん、楽しかった。楽しかった。

永田:行くまでの道のりがね、道なき道を進む感じで、冒険みたいでね♪

吉田:”トトロ”的なね♪バトミントンをしに行ったんですけど、出発前の食事から始まって、戻って解散するまで、全部が楽しかったです。
あと、平日の昼間に、みんなが私服で屋外にいるっていうこと自体も新鮮で楽しかったです。

永田:そうだよね。不思議な感じでしたよね。残暑で暑かったけど、1リットルスポーツドリンクを凍らせて、一人ずつに用意してくれてたので、それで体を冷やしながらね。楽しかったですね〜。

坂井:病棟の先輩達が、院内掲示板に貼ってある私達の写真を見て、「え〜!去年はこんなに飲み物大きくなかったよ(笑)」って言ってました。

小池:去年の大きさでは足りないかも、って教育師長さん達が心配してくれたんですね。カチンカチンに凍ってて、嬉しかったですね。

小菅:あの大きさは、ちょうど良かったです。来年も1リットルですね(笑)

坂井:バトミントンしている間に溶けてきて、汗をかいた後、美味しく頂きました。

 

――バトミントンはいかがでしたか?

小池:バトミントンも楽しかったですね。小菅さんが優勝!坂井さんが準優勝だったんですよ。私も結構頑張ったんですけどね…(笑)、体力が追いつかなかった。二人とも、さすがです。

小菅:トーナメント戦だったんです。

永田:小柄な吉田さんもピョンピョンすごく跳ねながら頑張っていましたよね。

吉田:バトミントンとか、ラケット系は好きなんです。

小菅:私も好きです。

永田:私も!でも一回戦で負けちゃって(笑)。あとは、ネットを支えてたり、審判をして応援する側に回りました。

坂井:優勝した小菅さんは、もうラケットを打つところから違いましたよ。「バシッ!」って音が違う。かっこ良かったです。

小池:ほんとですね、なんかこう、音が違いましたね。

坂井:私は2位だったけど、1位と2位の力の差は、すごく大きかった(笑)。

小池:小菅さんの意外な一面を見た気がしましたね。

吉田:そういえば、この前、井出先生(内科・糖尿病Dr)も「どうやったら、リフレッシュ研修って参加出来るの?」と言っていました。

永田:うん、言ってたね。先生たちも参加したいのかな?

吉田:Drが新人看護師のリフレッシュ研修?!(笑)でもいらしたら、試合だもん!容赦無く「パシッ」て打ちこんじゃうかも。

永田:もっと本気モードで気合いが入っちゃうね。

吉田:団体戦とか、面白そうですね。

小菅:あんなに汗をかいたのは、久しぶりでした。とっても気持ち良い汗でした。

坂井:うん。気持ち良かった〜。広々とした公園で、土の地面があって、木があって、気持ちがリフレッシュするのにとても良い環境でした。

小池:そうだね、やっぱりたまには土に触れたいよね。人間、やっぱり土がないと駄目だよね(笑)

小菅:病院の近くにこんないい場所があって、気持ち良い時間が過ごせました。

――帰り道や戻ってきてからの様子なども聞かせてくださいね

小池:帰り道で、ペットボトルを上に掲げながらみんなで走ってましたね。

吉田:あっ!やってた、やってた!!。

小池:誰かが言いだして、ノリですね。ちょうど24時間TVの直前だったので「サライ」とか歌って♪

永田:帰ってきてからは、涼しい部屋で休みながら表彰式がありましたよね。

坂井:優勝者と準優勝者は、記念品をいただきました。

小菅:ええ、いただいて嬉しかったです。

永田:参加したみんなにも参加賞をいただけて、凄く嬉しかったです。

――皆さん、夏から秋にかけて夜勤に入りましたね。いよいよ本格的な二交替、どうでしたか?

永田:私は8月の終わりから夜勤に入りました。ドキドキしっぱなしでしたね。でも、先輩達が付いていて下さるので、仮眠の時間は安心して仮眠を取ることができました。けれど、電子カルテに書き込む看護記録は、当然、日勤の時より多くて、大変ですね。でも、思ったより怖くなかったよね?

吉田:ん?私は、緊張で…。9月から入りましたが、一番最初に入った時は、ものすごく緊張しました。日勤でも、もちろん責任がありますが、夜勤帯は、やはり日勤帯の受け持ちよりも多い患者さんを受け持ち、さらに自分の判断に任されます。その責任の重さを強く感じました。

永田:えっと…(笑)。少ない人数の中で何が起こるか分からないという怖さじゃなくて、幽霊とか…!?実は、業務そのものだけじゃなく、それもすごく心配していたの。

吉田:それは無い〜!(笑)

永田:私も夜勤の緊張感はあります。何回か先輩に一緒に入ってもらって、今は一人立ちしましたが、自分なりに、先輩達から教えてもらったことや出来ていないことを、ちょっとずつですが、改善しながら進んでいる感じです。

吉田:私は、今のところ先輩が一緒に入ってくれているんですけど、私も次の4回目の夜勤から一人立ちの予定です。まだまだ怖いですね。患者さんにアセスメントしていかないといけないのですが、何か起きる前にアセスメントして、次にはこういうことが起こる可能性がありそうだから、対処をしようというのが出来るようにならなければいけないと思っています。それに、受け持ちの人数が多くなると、やはり記録を書き込むのがなかなか終わらないですね。その時間短縮と、スピードUPもこれからの課題です。

小池:私は、SCUで今、夜勤には6回入っていますね。

坂井:2-1病棟の小菅さんと私は、5回ですね。夜勤生活も、今はまだお肌のリズムがね(笑)。最近、ニキビが…(笑)

小池:夜間に起きているとね、どうしてもね(笑)

――最後に、今回の研修に参加した感想をお願いします。

小菅:いろんなシーンが楽しかったのはもちろんですが、今、みんなどんなことをしているのか、病棟によっていろいろ違うと思うので、集まってそれを聞いて話すことが出来たのが良かったですね。そういう時間を作っていただいてありがたかったです。

坂井:8月だと、まだ夜勤に入っていないメンバーもいたし、新人同士で一緒に夜勤に入ることは無いので、、他の病棟で夜勤はどうだったの?とか、自分の時はどうだったよ、夜間に緊急の入院患者さんがある場合はこうやって動いたよって、そんな話をする時間もゆっくり取れて良かったです。

小池:私は、たまに同期の仲間たちと集まってリラックスして過ごす時間が取れて、楽しかったです。普段、先輩達が気にかけて下さっていて、いろいろ話をしたりして楽しいんですけど、それとはまた違った楽しい特別な時間でした。

全員:とにかく、リフレッシュ研修は、楽しかった!!の一言に尽きます!先輩方、ありがとうございました〜!!

リフレッシュ研修で、ゆっくりと同期の仲間と過ごした新卒看護師の皆さん。先輩達も新人の皆さんがリフレッシュ研修を満喫して帰ってきた姿に、本当に良かったと言っていました。この先、たくさんの経験を積んでいくことになる新人看護師の皆さん…千葉中央メディカルセンターは、これからも伸び伸びと成長できる環境と時間を大切に考え。2年目に向かって一歩一歩前に進む新人看護師の皆さんの活躍を、病院一丸となって応援し続けます!

看護部TOPへ戻る