病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2007年10月に日本医療機能評価機構ver.5.0による認定更新をしました。

看護部紹介|インタビュー

インタビュー 大場看護師、浦田看護師、唐木看護師、衛藤看護師、熊谷看護師

医療に携わる者として、教育・研修の充実が注目されています。千葉中央メディカルセンターでは、4つの専門コース研修(循環器、脳卒中、呼吸器、緩和ケア)・院内留学が展開され、今回は、その中の1つ脳卒中専門コースと脳卒中看護にスポットをあて、回復期リハビリテーション病棟、脳神経外科病棟のスタッフ、そして脳卒中の専門治療に携わるSCU(脳卒中集中治療室)のスタッフに研修と看護について話を伺いました。患者さんやご家族の一番不安な時期を支え、患者さん主体の看護を第一に考え実践されている温かい想いを聞いてください。

急性期看護と回復期リハビリの差異 患者さまの戸惑い、ギャップを理解した看護へ

――まずは、回復期リハビリテーション病棟(以下、回リハ)の方に伺います。「脳卒中専門コース研修」への参加に至った背景やお気持ちをお聞かせください。

 

大場:回リハでは、患者さんが少しでも元の生活に戻れるようにケースワーカーやリハビリスタッフと協力し看護をしています。患者さんやそのご家族にとって、急性期での治療や看護がゴールではなく、退院され第二の人生を歩まれる、元の生活環境・地域に帰ることがゴールだと思いますので、そのお手伝いに携われることが凄いことなのだと実感していますね。

自分らしい生活に戻れるように、と望んでいらっしゃる患者さんが殆どです。私は、脳卒中専門コースを受け『院内留学』という形で、患者さんの入院時から、共に急性期での患者さんやご家族の様子を掴み、回リハに移られてからの患者さんやご家族の想いを今まで以上に叶えたいと思ったので研修に参加しました。

――他病棟2-1病棟(外科・脳神経外科病棟)への「院内留学」を経験して、どうでしたか?

大場:普段、回リハでの患者さんの様子しか見ることが出来ないので、回リハで働く者が急性期を経験させていただくことは、非常に良い経験になりましたね。急性期では命を助けてもらい、病気を少しでも良くするための入院生活から、回リハではリハビリが主になります。簡単に言うと「やってもらう」から「自分でやる」に変わるんですね。回リハに移ると、“毎日の生活”がリハビリに繋がるので「これもやりましょう」とご自身でやっていただくことが多くなります。この変化にも戸惑いを感じていらっしゃるようでした。研修を通して、その辺りも気にかけながら「これは『リハビリのために』やっていきますよ」という声かけに変わりました。

急性期では、殆どベッドで過ごさえれていたのが、回リハでは食堂へ、トイレへ…行動範囲が見る見る広がります。そのことが一日も早くご自宅に帰り、元の生活に戻ることに繋がることを患者さんに意識していただけるよう、関わり方も院内留学を経験したことで、早く良くなりたいと願う患者さんの期待に応えられるようよう、私たちも改めて、頑張ろう!と思いました。
また、院内留学を通して、看護師同士、スタッフ間の情報連携の濃さも今まで以上に深まっていくのも嬉しいですね。

専門看護知識を更に深める意識で研修へ参加 習い、後輩へ噛み砕いて指導できる技量が更なる自身の成長に

――では、「脳卒中専門コース」に参加し、院内留学として回リハスタッフを迎え入れた2-1病棟の2名のスタッフにも入ってもらい、普段から脳卒中患者さんを看ている視点から、また、脳卒中コースを受けようと思った背景などのお話を伺います。

唐木:看護部の専門研修コースには、「循環器専門コース」「脳卒中専門コース」「呼吸器専門コース」「緩和ケア専門コース」の4つがあります。私は今回、脳卒中専門コースに参加させていただきました。普段、病棟で脳神経外科の患者さんの看護に携わっていますが、だからこそ!の意味で脳卒中の研修に参加し、もっと知識を深めたいという目的がありました。

浦田:私もですね。私は、千葉中央メディカルセンターに入職するまで、整形と外科の病棟に勤務していたので、当院で脳神経外科の患者さんを初めて受け持ったということもありますが、脳神経外科の患者さんだけではなく、例えば外科や整形外科など他の科で入院されている患者さんでも、脳卒中・脳梗塞の既往歴がある方は多くいらっしゃいますし、そうでなくても万が一、この症状が起こった時に、これが疑わしいのでは?もしかして脳卒中?脳梗塞なのでは?という判断材料にもなるので、やはり知識は深めておいた方がいいと思いました。

 

――そもそも、脳卒中専門コースの研修というのは、どのような研修ですか?

唐木:このコースは、全部で7〜8回開催され、脳神経外科の医師・SCUや脳神経外科病棟の主任などによる講義があり、ある程度人数枠もあるようですが、希望者が受けることが出来ます。

浦田:毎回1時間ほどの研修で、医師の講義が30分、残りの30分を主任たちが教えてくださいました。医師の講義は難しい内容も多く必死に聞いていましたね。主任たちが教えてくださる内容は、看護実践がメインなので分かり易かったです。大きな範囲ではなく、今回はココについて勉強してみましょう!とポイントを絞り教えていただけたのが良かったです。

大場:脳卒中専門コースの最後の締めくくりとして、研修を受けた私たちが、1・2年目の看護師や後輩へ教える、という時間もありました。自分たちが研修を受けるだけでなく、研修で身についたことを後輩へ教えることが改めて自分の勉強にもなりましたね。

――実際に、脳卒中専門コース研修を受けてみてどうでしたか? 得たものや研修後の看護に活かされたものはありましたか。

 

唐木:医師の講義は、やはり難しかったの一言に尽きます。講義を聞くだけではなかなか覚えられないので、自宅でも頂いた資料を開いて復習しました。本当に改めて、良い勉強になりましたね。今年度、変わった麻痺の評価の方法も、こちらも研修に含まれていたので、病棟での導入前から学べ役に立ちました。CTの読み方など全体的に知識は深まりましたね。研修全体のボリュームはありましたけれど、これから勉強したことを実行していこうと思っています。

浦田:私も研修に参加して本当に良かったです。特に、主任たちから教わった看護実践は、手取り足取り実技で教えてもらえ非常に分かり易かったです。自分でやってみることで、こういうことなのか!って絶対に覚えますからね。

医師の講義、主任たちの看護の話もあり、評価ひとつにしても、麻痺を看るにしても、今まで以上に詳しく看られるようになりました。自分の知識・技術の向上に確実に繋がりましたし、あとは、自分がこれまでやってきたことに間違いは無かったという再確認も出来ました。それも参加して得たものですね。

 

――先程ありました研修の最後に「1・2年目の看護師、後輩への講義」は受け持たれていかがでしたか?

唐木:先日実施したんですけれど、教えるって本当に大変でしたよ(笑)。講義自体は、3部構成になっていて「解剖生理」「搬送から入院までのロールプレイ」「看護過程の展開」をそれぞれが分担して教えました。私は看護過程の展開の担当でしたが、どうしても自分たちの経験目線から教えていくと後輩には難しくなります。

同じ2-1病棟で日頃から脳外の患者さんに接している看護師なら何となく分かるかもしれないけど、他の病棟の看護師は、いくら詳細な資料を持ってしても経験していなければ、キョトンとなってしまいます。病棟に入ってきたら、まず最初にどのような対応をしなければならないのかということが、一番必要なのだと思います。

後輩たちにとって、急性期に留まらず慢性期での関わりも学べることは、他病棟ではどのように対応しているのかということが具体的に分かって良かったと思います。私自身も研修をを受講するだけではなく、講師として最後に教える立場になり、後輩たちに理解してもらいたい一心で、必死になって内容を噛み砕き、そのことが改めて私自身の身につくことになりました。

浦田:私も今まで教わったことだけではなく、後輩たちに分かるように教えることは、内容を噛み砕き後輩たちの目線に合わせることが必要で、そこに行き着くまでにはちょっと苦労はしましたけれど(笑)、最終的には、その経験が振り返りにもなり、大変良かったです。

私も、唐木さんと一緒で看護過程の展開を担当しました。実際の患者さんに近い症例を挙げ、こんな患者さんがいらっしゃいます…皆さんならどういう看護をされますか?どうしたらいいと思いますか?と投げかけて、考えてもらいました。

後輩たちも一生懸命この研修に取り組んでくれ「患者さんは早くお家に帰りたいと言っています。奥様にもお話しなくていけないですよね。奥様にも介護の方法を伝えなくてはいけない。ケースワーカーを入れて施設を探したほうがいいんじゃないか。」など、具体的な項目が上り、凄く勉強していて積極的でした。凄いなって素直に思いました。そこまで全体を見ることが出来るって凄いと思うんですよ。時間は足りないくらいでしたが、それでも短い時間の中で、後輩たちからたくさんの意見が活発に出て充実していたと思います。

 

大場:私も受けた講義がそれぞれ勉強になり、さらに後輩に教えることでもう一度振り返りが出来ました。教えるためには勉強が必要ですからね。今、医師にも病棟で患者さんのことをいろいろ質問していますが、研修で学んだことをベースに+αの知識を教えてもらえることが嬉しいですね

唐木:私は、この専門コースの循環器も呼吸器も受けたいと思っているので次年度にチャレンジしたいですね。

 

 

――では、2-1病棟のお二人に脳神経外科病棟での看護について、また患者さんへの想いなどをお聞かせください

浦田:脳卒中の患者さんは、多かれ少なかれ麻痺があります。発症直後から生活に支障が出る麻痺であったり、しゃべり難さや物が食べ辛くなるなど生活に直結した症状の多いんです。さらに、病気発症のショックが大きく、当たり前のように出来たことが突然出来なくなることに対する精神的な部分での受け入れまでに時間のかかる患者さんも多くいらっしゃいます。私たち看護師は、患者さんが望む場所に帰れるように、お手伝い出来ることはないかと、患者さんが入院されてからすぐに考えますね。

患者さんの多くがトイレぐらいは自分で行きたい、女性の場合は自分自身の身の回りのことも出来るようになりたい、ご家族と生活をする上で、家事はどうすれば良いのか悩まれる方が結構いらっしゃるんです。病気も治したいけど、精神面での苦悩も大きく、それは手に取るようにわかりますね。その患者さんの気持ちを汲んで支援できるようにっていうのがあります。

ましてや2-1病棟で入院されている日数は短く、その限られた期間の中で、患者さんの受け入れる消化能力も引き出してあげることも必要かと思います。意欲を持ってリハビリに臨んでいただくためにも、患者さんとそのご家族との関わり方もとても大切なんだと思います。家に帰ってもトイレに行って寝るだけだから、とおっしゃる方もいますが、やはり本心かというと本心ではないですし、その本心を引き出すには時間もかかりますから。

 

唐木:そうですね。私が担当している患者さんは、急性期を脱している方が多いのですが、症状のレベルもまだ変動しやすい時期なので、バイタルの変化や今まで出来ていたことが出来なくなったことは無いか、少しでも気になる点がないか、見落とさないように注意しています。患者さんからの訴えで気づくのではなく、私たち看護師が看て見て気づくことが大事だと思います。

浦田:あとは、排泄や着替えのお手伝いで患者さんの羞恥心に対する思いやりも考えますね。看護師の立場から見れば、無理にご自分でトイレに行かれて、転倒される方が、本当は怖いんです。けれども、患者さんの立場からすれば、恥ずかしさや手を借りることへの遠慮の気持ちがあります。その気持ちに対する気配りも必要ですから、いかに、私たちに任せて大丈夫なんですよ!とご理解いただけるか、これは看護師の腕の見せ所です。恥ずかしさは、年齢などに関係なく幾つになってもありますし、この地域の患者さんは、普段、畑仕事をされる元気な方が多く、今まで自分でしていたのに…という気持ちが大きいんです。高齢者だからという見方は絶対にいけないことだと思いますね。

患者さまの本心を汲み取れる看護 ご本人の看護だけでなく、ご家族の心のケアも重要な役割

――続いて、脳卒中の患者さんを専門的に看ているSCU看護と、その意義について、SCUに勤務するお二人にお話を伺います。SCUで働くきっかけは?

衛藤:私は、以前も脳神経外科で働いていて、千葉県でSCUのある病院を探していました。SCUがあるというのは、病院選びの大きなポイントでした。熊谷さんとは看護師としても同期ですし、SCUスタッフは年齢が近い人が多いんですよ。大変だけれどアットホームな感じがいいですね。

熊谷:私も、他の病院で新卒から、脳神経外科病棟に入りました。その後、別の科を経験しましたが、もっと脳神経外科の看護がしたいと思い千葉中央メディカルセンターに来ました。2年になりますね。

――SCUがあることの意義について教えてください

衛藤:一番は、脳卒中発生直後から専門スタッフに治療・リハビリを受けることが出来ることだと思うんです。脳梗塞では、部位や範囲により、様々な症状が出現し、急性期では症状も大きく変動することが予測されます。また、脳出血では、急性期の血圧コントロールが重要になります。全てを見渡せるワンフロアーの中で、看護師がモニターやバイタルサインの変化を見ながら、入院直後からリハビリを開始することができる環境は、患者さんとご家族にとって、非常に高いメリットがあると思います。

熊谷:脳卒中は急な発症のため、患者さんご本人もご家族も急に大きな不安を抱えることになるんです。そんな患者さんやご家族のためにも、不安な気持ちを表出しやすい環境を心掛け、SCUは落ち着いたアットホームな環境づくりを目指しています。30分、1時間、1日の細かな変化も逃さずキャッチし、お話し、患者さんとご家族が安心して自宅退院を目標にリハビリに気持ちが向くように意識した細かな声かけに積極的に取り組んでいます。そのことがリハビリ効果にも繋がっていると思いますよ。

――SCUだからこそ出来る看護について教えてください

 

衛藤:SCUは設立されて3年になります。これまで脳卒中の看護とは何なのか、新井師長さんを中心にスタッフ皆で考えてきました。1年目はマニュアル作りに専念し、2年目は疾患の理解と全身管理について学びました。3年目を迎え、看護というものが見えてきたように実感します。

例えば、失語症(脳の損傷が原因で読み・書き・話す・聞くなどの言語機能が失われること)の患者さんは運動麻痺は無いので自由に歩けるんです。でも、言われたことが理解出来なかったり、言いたいことが伝えられず…こんな時、私たちが出来ることって何なのか、皆で症例検討しました。抑制して、ベッドに縛りつけるのではなく、患者さんが納得するまで病棟や院内を歩いてもらう。私たちは落ち着いた環境を作り、患者さんが自分からベッドに戻るまで待ちます。時には夜中に2時間、2-1病棟の廊下を歩きまわることもあります。私たちは患者さんから離れず一緒になって歩き続けます。失語症の患者さんは必ず良くなるんです。でも、いつ、どのタイミングで言葉が出るかは誰にも予測できません。漢字・イラスト・平仮名、何に患者さんが興味を持ち、どの手段からだとコミュニケーションが取れるのか、リハビリスタッフと一緒に千差万別の失語症状の援助をしています。本当に高次機能障害は、とても奥が深く、だからこそのやりがいがあります。

熊谷 :そう思います。あとは、一人暮らしの方が発症して、発見まで長時間経過した場合、褥瘡が出来ていることもありますね。清潔ケアを第一に、患者の病態を予測しながら、時間を作っては洗髪、足浴、手浴をし、出来る援助を積極的に行うのもSCUだからできる看護だと思いますね。

――SCUの中での、勉強会について教えてください。

熊谷:SCUでは、私たち2人が教育委員となり年に3回、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血についての医師からの講義。年に6回の症例検討。週2回のケースカンファレンス。また毎日、疑問に思ったことへの解決策としてのミニ勉強会。毎月、スタッフが持ち回りで頭痛への看護・急変時の対応・フィジカルアセスメントなどを行っています。来年は、看護師自身が病態から看護までの勉強会を開催出来ればと思っていますね。

衛藤:今年は、SCU初の新卒も入りました。今後はSCUは新卒が育つ環境になっていくと思います。新卒の小池さんも試行錯誤している中で凄く成長しているので、小池さんの一年間の感想や意見も反映して、勉強の仕方などを一緒に確立していきたいですね。

ルーチンにならない患者さまを看た丁寧な看護 充実した教育環境で、やりたい看護ができる満足度は120%!!

――最後に、皆さんにお伺いします。今、「やりたい看護」はできていますか? また、今後の課題や目標などをお聞かせください。

大場:はい、やりたい看護は出来ています。回リハに出会えて良かったと心から思います。これまで、新生児科、産科、外来を経験。短期間ですが訪問看護・訪問入浴も経験し、外来期間が長かったので、様々な内科の症例や脳梗塞・脳卒中の方も看てきました。私の中で、看護全体が繋がりましたね。親を看ていた時期もあり、ヘルパーさんや介護保険のことな・ど理解していたことも合わせて集大成として回リハでの看護に携われている感じがします。

当院には、急性期と回リハがある!連携が密に取れていることが特性!やりがいはあります。患者さんやご家族は、急性期から回復期へ移行するのに、病院探しをしなくてもいいですし、情報も引き継がれますから、非常に良い環境だと思います。看護師としても大変働きやすい環境ですね。

浦田:そうですね、私も、精神的な支えを大切にし、やりたい看護は実現出来ていると思います。脳神経外科の患者さんに限らず、患者さんがどうなりたいのかを、私たちがきちんと把握することが大切です。治療するのはもちろん医師ですが、栄養師・薬剤師などメディカルスタッフも加わり、看護師からも、患者やご家族の気持ち、障害を持って帰る不安などを理解し、安心して退院後もその治療を続けられるように食生活やお薬など、お手伝い出来るといいなと思っています。

あとは、私自分が看護師・医療に携わる者として、知識がないと自信を持って患者さんに教えてあげることができないので、院内研修プラス自己学習の継続ですね。同じ病棟で働く看護師同士、誰かが抱えている問題も一緒に考えるのも日々の勉強になります。どんなに経験を積んでも、その学ぶ気持ちは忘れないようにしようと思っていますね。

唐木:私は今後の課題として、これまでの研修内容に加え看護に近い内容を盛り込んでいくと、良いんだろうなと感じています。研修を受けたからこそ次の課題も見えてきた感じです。もっともっと研修が深くなって、もっと一緒に働く看護師仲間を増やし、よりよい看護を提供し続けたいたいですね。患者さんの足浴や手浴なども、もっともっと一人一人に時間を掛けて、たくさんのことをしてあげたいなという気持ちがいっぱいありますから。

浦田:看護師仲間が増えていくのは嬉しいですね。患者さんでも、外科でご友人が入院されて、この病院がとても良かったから、ここに入院しましたっておっしゃる方もいらっしゃるので、それもまた嬉しいです。もっと患者さんの側でお話を伺いたいですね。いつも、退院されてから患者さんはどうされているかなと、すごく気になります。私の中では、看護師は事務的になったら終わりだと思っています。こなすだけでは、駄目な看護師になるので、そこはしっかり身を引き締め、こういう看護をしたい!という気持ちは常に持っていたいです。新人看護師も頑張っていますし、病棟のみんなも世話好きです。人間関係も良いです。これからもっと仲間が増えると、更に充実した看護ができますからね、楽しみです。

衛藤:そうですね、SCUで働く私たちも「確かなチームワーク」を合言葉に、笑顔を絶やさず、やりたい看護が出来ていると思います。

熊谷:SCUの場合、少人数の限られた患者さんを受け持つので、じっくりと一人の患者さんに関わることができます。ですから麻痺や全身状態の小さな変化に気づけ、患者さんやご家族と一緒に喜びや悲しみを共有することが出来るので、そこから看護師としての醍醐味ややりがいを実感しますね。患者さんのための看護として、患者さんの24時間の中に私たちが入り込み、看護をますます充実させていくことが出来ればいいなって思います。

衛藤:そうですね、忙しい中でも時間を見つけて、患者さんが退院後どんな生活を送りたいのか、また、ご家族の負担が最小限となり、障害を抱えながらも自分らしく生活が送れるように、看護を通して援助していきたいです。そのためには、SCU・急性期・回リハが独立して機能していては効果はありません。SCU・急性期・回リハが連携し、入院早期から退院まで統一された看護が全スタッフの手によって提供できるようにしていきたいと思います。だからこそ、この専門コース別研修や院内留学が重要かつ必要になってきているんです。これからも患者さんのことをきちんと看た看護をし続けたいですね。

救急外来からICU・SCU、急性期病棟、そして回復期リハビリテーション病棟と、発症から自宅または施設に帰るまでを携わる皆さんの看護。当院には技術・知識を高める研修がいろいろあります。今回は脳卒中の看護についてお話を伺いましたが、専門コース研修は、循環器・呼吸器・緩和ケアのコースもあり、それぞれのコースに参加した看護師の皆さんが、やりたい看護の実現や向上に取り組んでいます。「患者さんのために」との想いを大切にされている皆さんを、病院も精一杯応援させていただきます!ありがとうございました。

看護部TOPへ戻る