病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2007年10月に日本医療機能評価機構ver.5.0による認定更新をしました。

看護部紹介|インタビュー

インタビュー 有銘看護師・坂井看護師、糸数看護師

これまでのインタビューの中で、新卒の様子をお伝えしてきました。就職活動の頃〜〜社会人・看護師の第一歩〜〜夜勤デビュー…いろいろなことがありました。この一年、毎日たくさんのことを経験し成長を重ねた新卒の皆さん。そして、3年目を迎え、自分自身が大切に育ててもらった頃の一年目を振り返りながら、今年一年、温かく新卒を支え続けたプリセプター。今回は、共に成長した新卒とプリセプターに、信頼し成長する様子を伺いました。

期待と緊張が相容れる瞬間、互いの第一印象は? 〜 新人看護師として・・・、プリセプターとして・・・ 〜

――では、最初にお互いの第一印象を覚えていますか?

糸数:はい。とても優しい先輩だなぁって思いました。お名前から同じ沖縄出身かな?と思って、会う前から親近感を持っていました。

坂井:私は有銘さんとの出会いは、良く覚えています。実は、衝撃的だったんです! 就職活動の夏に、千葉中央メディカルセンターの病院見学に来た時、寮に連れて行ってもらったんです。「こんなお部屋ですよ〜」って、寮の2階の空いている部屋を見せていただいて、うん!素敵だな!!と思いながら1階に降りてきたら、とっても美味しそうな匂いがして、有銘さんが夜勤明けでお料理されてたんです。「こんにちはー!見学?」って出て来てくださって、パンツ一丁でした(笑)。とっても暑い夏の日でしたしね(笑)。楽しかったので凄く覚えています。部屋もキレイでお洒落ですよね。私服だってカッコイイですよね。

有銘:部屋はゴチャゴチャしたのは良ろしくないからね。私服ね…、千葉は楽しいですもん。いや、ちょっと待って!第一印象だろ。俺に最初に会ったのを覚えてる?そのパンツ1枚以外で。

坂井:入職して、朝、先輩方がずらっ〜と並んでいらした時ですね。覚えています。

有銘:坂井さんの顔は知らなかったけど、ただ、何となく、この人かな?って思ったのを覚えてる。坂井さんについて、パッと見て特に背が大きかったり小さかったりするわけではないから何か強い印象を持つっていうより、細い子だなっていうくらいかな。それより、最初は、自分がこれからプリセプターをしなくちゃいけないって気持ちのほうが大きかったですね。1年生が喋ってくれるかなとか、元気でいてくれるかなとか、心配ばかり。話をしてくれないと、どうしようもないですから。誰に教えるのか、気になって仕方なかった。お前も3年目にプリセプターになる時にそうなるぞ!絶対なるぞ(笑)。

坂井:ふう〜ん(笑)。

互いの信頼関係を育み合うコミュニケーション 業務の枠を超えた思い遣りは、仕事の楽しさを本気で伝えたいから

――そろそろ一年が経ちますが、どうですか?またコミュニケーション方法など教えてください。

糸数:だいぶ仕事にも慣れてきました。夜勤も月に今は5回位入っています!プリセプターさんは、本当に最初の印象のままだと思います。優しいし丁寧に指導もしてくれます。いろいろと指摘して言ってくださるのがとても有難いです。

有銘:坂井さんもとても真面目ですね。看護師の女子特有なのか分からないですけれど、指示の出たことは本当に細かく勉強しているし、俺に無いものを持っている!!とても素直に聞いてくれて、良かったですね。逆にこちらが助かりました。よね!

坂井:ん?

有銘:坂井さんは、本当に課題もきちんと提出するし、仕事も終わるのが早いし、業務も慣れてきている。だからこそ、求められることが多いですね。

もっと看護の質を深めるというか、例えば、患者さん急変への対応などでは、一年目というのは、何かおかしいなと感じたら先輩を呼ぶというところまでが一年生というくくりがあるけれど、出来るからこそ、坂井さんはそれ以上を求められています。そのことを本人が大変と感じているか分からないですけれど、もう少しして、看護がもっと分かるようになれば、多分、非常に良いのだと思います。もともと坂井さんはケアが好きだし、患者さんをケアしているときの顔はとても楽しそう。ケアの時間をたくさん取れればいいよね。ケアは楽しいからな。

坂井:うん。時間を見つけて、私たちから声を掛けます。

有銘:そうだね。患者さんの頭を洗ったりする時は、坂井さん全然顔が違う。良い顔してる!!俺もケアが好きだから、チームのリーダーに、入らせてくださいと積極的に声を掛けて入ったりします。

坂井:初めは正直、男性がプリセプターなんだ…というところもありました。新卒みんなで集まった時に「私、男の先輩なんだけど…どうしよう」って言ったこともありました、でも、ずっとペアで付いて教えてくださるじゃないですか、それで話しやすい方だなって。有銘さんは食事にも連れて行ってくれたりしたので、いろんなことを話しましたね。それに、早いうちに、有銘さんもケアが好きなことを知って、良かったなと思いました。

先ほど、有銘さんが言ってた急変の対応などは、挿管の介助とか付いてみてって先輩方から言われて、一年目でやらせていただける有難い気持ちと、プレッシャーがあるんですけど、でも有銘さんはそこを守ってくれるというか、出来なくてもいいと思うよ、と言って守ってくれるので、凄く優しいし頼りにしています。

プリセプターが有銘さんで良かったです。有銘さんって、うちの病院でとても顔が広いじゃないですか。新卒の同期にも、プリセプターの有銘さんの話をすると、みんなが分かるし優しくて親切で自慢のプリセプターさんです。

糸数:私も同じです。本当に感謝しています。

そう言えば、最近シフトは重なってないですね。夜勤デビューが8月からなので、今は月に何回か重なっているかな、という感じです。でもその分、メールをしたりしてコミュニケーションを取りました。なかなか会えない時は、ご飯を食べに連れて行ってくれたりも!結構、いろんなところに食べに行きましたね。先輩の行きつけのカフェにも連れてってもらいました。最近、車を手に入れたので嬉しくなって、どこにでも行きたくなります(笑) じゃあちょっと遠くまで行きませんか?って遠出して、ゆっくり話を聞いてもらいました。

 

――プリセプターからのアドバイスなどで、強く印象に残っている言葉や出来事はありますか?

糸数:私の場合、言葉が印象に残っているというよりは、日々の対応をずっと見ていて、報告や相談をとても大事にしていらっしゃるということが、強く伝わってきます。

坂井:私は、ナースステーションのホワイトボードに一人一人の名前が貼ってあるんですけど、有銘さんからの手紙が入っていたんです。覚えています?
手紙の最後に、「今日も一日楽しんで!」って書いてあって。

有銘:確かに「楽しめ」っていうのを書きましたね。

坂井:ずっと、楽しめ楽しめって!始めは何で楽しむのだろう?と思いました。入職したばかりで、いろんな業務を覚えるのに必死だったから、楽しめるのかなって思いましたけど、今なら有銘さんの言う「楽しめ」の意味が分かるかなって思います。

有銘:この話、ちょっと恥しいんだけど(笑)。手紙はお前に書いたんだから。
本読んで勉強したんだよ(笑)。主任から「プリセプターになるための本があるから」って言われて、必死に6冊くらい立ち読みしたんだよ。新卒が入ってくるまでに、何から教えたらいいか、自分たちで考えたり、教え方も知らないという不安もあったし、最初が大事だって言うし。でも大事だけれど、カッチリし過ぎて、楽しくなかったらヤル気に繋がりにくくなるし。

坂井:うんうん。有銘さんは、目指す先輩は自分じゃなくて、他の人を目指せば良いんだよって言うんです。

有銘:ある程度レールを引いたら、あとは自分の中で、この人みたいになりたいと思う方向性が出てくるから、その人を見て目指して欲しいんだよ。

坂井:でも、私がプリセプターになったときは、有銘さんみたいな感じになりたいと思います!ダメですか?

有銘:いやいや(笑)。

『考えさせる質問』、成長してもらう指導の難しさが自己の成長に! あっという間の一年経過、周りからの高い評価も先輩としての自信に

――プリセプターとして一年生を迎えて、どのようなことに気をつけて指導にあたりましたか?

有銘:どういう看護師に育てたいというよりも、自分のしたいことをさせたかった、俺は。プリセプターになる3ヶ月位前に渡部主任といろいろ話していて、目標を決めた方がいいのではないかとアドバイスをもらって「一年間、看護師という仕事を楽しく続けてくれることくらいですかね」って言いました。

看護師の転職は多いと言われますけれど、1年や2年勤めたところで、まだ何も分らないのに、この仕事を嫌いになってしまったら、もったいないと思うんですよ。結局のところ3年くらいして、何が良いか、何が自分は欲しているのか分かってから前に進まないと、この先あまり役に立たないと思う。まずは一年間、楽しく働いてもらって、そこから自分が好きな道に行けばいいと思います。俺のプリセプターをしてくれた田中さんが自分の好きなことをしなさいと言ってくれた影響も少なからずありました。自分の好きなことをさせてくれたことが、良い意味での息抜きにもなったし、坂井さんにも好きなことをさせてあげたいと思っています。もっとも、坂井さんが好きなケアって、なかなかゆっくりとできる時間は少ないですけどね。

坂井:そうですね。でも、私もプリセプターになったらそうなりたいですね。

有銘:やあ、怒られるぞぉ、自由にやっていると(笑)。でも楽しいことが大切だと思います。忙しくても楽しそうにやっているのがいい!そのくらいのほうが過ごしやすいし、朝の出勤時にもやる気が増します。カバー仕合いうし。自分が入職したての病棟がそうでしたけれど、ベテランがカバーしてくれて、忙しくても時間をやりくりして皆で食堂にご飯を食べに行ったりして、楽しく過ごさせてくれました。同じように、1年生にも楽しくやって欲しいんですよ。

それに、相手が誰であっても、人を指導するのは難しいですよ。先輩から考えさせる質問をしなさい、とよく注意を受けます。答えを教えたら考えなくなるじゃないですか。つい答えをポロッと口にするのですが、そこを注意されました。それならば、考えてもらう質問ってどうやってやればいいんだろうと悩みましたが、先輩の対応などを見ていて、<一緒に考えればいいんだな>と思ったんですよね。例えば、略語などが分からないという時は、このことはココに載っていると思うから調べてみてねとか、方法を教えるようにしたり、「何でそうしたのかな?」って考えてもらうような質問をするように自分でも変えてみました。まだまだ課題ですけどね。

――この一年で、成長したと思う点はどんなことでしょうか。また、プリセプターから見た一年生の成長はいかがですか?

 

糸数:出来るようになったことは、たくさんあります。例えば、採血から始まって、点滴などのルートを確保するエラスター刺し、CV挿入の介助など技術的なものです。それと、特に意識して取り組んでいるのは、言われるだけではなくて、きちんと自分で考えて行動するということです。先輩に報告する時も、自分なりに考えて言わないといけないと思っています。やはり一年経って、何も出来ないわけではありませんから、前よりも、自分のアセスメントしたことを「私はこう思うからこうしたい」と自分で考えて伝えるということを意識しています。

それと、病棟の先輩方に「成長したね!」と言って頂いて嬉しかったです。私が伝えたことに対して「何でそうしたの?」と理由を聞かれて、自分でも何でだろう?と考える時もありました。だから、もっと理由をきちんと答えられるようにしたいと思っています。

有銘:坂井さんは時期で波があるからな。顔見たら分かるって。分かりやすくて良いけど(笑)。

坂井:えっ、うそっ!
成長したと、自分では…(笑)。私は、患者さんとのコミュニケーションを大切に仕事をしています。

有銘:そうだね。坂井さんの良いところは、患者さんに対する対応が全く変わらない。優しいし、患者さんと話すのが楽しいとか、初心を忘れずに持っていることが良いですね。初心を忘れずに実践しているのを見かけるし。

その気持ちが残っているからこそ、ある程度、病院にも技術にも慣れて、もう少し勉強したら、自分の行きたい方向にもっと掘り下げて進めるんじゃないかなと思います。見ていて安心できるし、技術的な事も頼める。今日も坂井さんは担当している患者さんの対応が早く終わって、みんなとラウンドしていたし、チームの一員になって動くことが出来ているので、これは安心ですね。しっかりとした2年目になれる!

坂井:なれますかね?

有銘:大人になったもんね(笑)。

坂井:大人になりましたよ!

有銘:素直で本当にプリセプターとしてやりやすかった。一年はあっという間だよね。

糸数:本当ですね!あれからもう1年が経ったなんて。早い〜!

赤嶺:あっという間に、来年、自分がプリセプターに成る時期が来るよ。

糸数:え〜、できるかな。先輩に習って、一緒になって教えます!

それぞれの思い、更なる成長を目指した選択肢 患者様に寄り添った看護を続けながら自己成長に深みをつけたい

――いよいよ春から2年生、4年生ですね。それぞれがこれから取り組んでいきたいことなどを聞かせてください

有銘:それ、俺も聞きたい。多分、二年目はケーススタディがメインになるんですよね。

坂井:何だろう???二年目の目標。あっ、ケースは、しっかりと取り組みたいです!

有銘:君はちゃんとすると思う!。でも二年目の目標は、難しいかもしれないですね。俺は、二年目は遊びも大事だと思って過ごしていました。

坂井:一年目は、業務などを覚えるのに大変で、技術を身につけるのだけで精一杯だったけど、二年目は、もうちょっと時間に余裕ができたら、もっともっと患者さんとお話をしてケアを充実させたいです。それで患者さんのそばにもっといたいです。爪が伸びているのに気づいたら、その気づいたタイミングですぐに対応したり、足浴をしてあげたり…やりたい看護がたくさんあります。これが二年目の目標になるか分からないですけど、これから取り組みたいことですね。

有銘:患者さんのそばで、もっと寄り添った看護でね。

糸数:私は、一年目が終わっていろいろ慣れて来たので、もっと勉強も進めて行きたいですし、患者さんのことを一番に考えて、取り組んで行きたいと思います。一年目は患者さんの疾患を看ることでいっぱいだったんです。でも、二年目は患者さんの入院前の生活状況も把握して、どんな経緯で入院されて、退院されたらどのような生活をされたいのかも聞き出しながら、患者さんに関わりたいです。患者さんに対する想いを大事に、今まで以上に患者さんに寄り添えるように看護していきたいです。そして、患者さんにもスタッフにも思いやりを持って接していけるように続けたいですね。 そして、不穏や認知症の患者さんにも安心してもらえるような看護がしたいと思っています。3-1病棟は、高齢者方の入院が多く、特に不穏になられる患者さんや認知症を患っている患者さんが多い病棟です。もっと知識をつけて患者さんが落ち着ける環境作りをしたいですね。チームで患者さんの情報も共有し合ってみんなで一人一人の患者さんに合った看護をしてあげたいし、その中で個別性を引き出していけると看護の深みが出てくるのだと思います。自分の知識や技術も更に増やして、看護師としてスキルアップ出来るようにして行きたいです。

有銘:来年は…ですね。私生活ではアイアンマンになる!っていう、個人的な目標もあります。看護師になって四年目は、看護研究もあるし、リーダー業務も出てきます。リーダー業務になると周りにも目が届かないといけない立場になるので、したいことばかりをするのではなく、もっと周りを見て、もう少し自分だけの世界から周りを考え、大人なフォローができるくらい、周りの意見を聞けるようになりたい、というのが目標です。アイアンマンになれば、なれるんじゃないかなと?!(笑)。看護部のワーキンググループの「看護師確保対策WG」にも入りたいですね。

糸数:どんなことをするんですか?

有銘:看護師確保WGってやりがいがあるんだよね。病院見学に来られた学生さんに職場のことをお話ししたり、インターンシップのお手伝いをしたりして、どんどん看護師の仲間が増えていくのは嬉しいですよ。

坂井:私は、一年目に受け持ち患者さんが急変された時に、自分が何も出来ずに、ただ先輩の指示通りにしか動けないことがありました。先輩とその時のことを振り返った時、「一年目は、それで良いんだよ」って、先輩は言ってくれましたが、何も出来ない自分が情けなくて、患者さんに対しても申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。看護をするにあたり、知識と技術がなければ何もできないのだと痛感したんです。ですから、看護師としての知識と技術を確実に一つずつ身につけたいですね。あ、そういえば、有銘さん、約束してたのに年末に年越しそばをくれなかったんですよー。年越しに沖縄そばをくれるって言うから待ってたのに〜。全然、連絡来なかった。

有銘:そういや寝てたな、俺。爆睡!紅白も見ずに爆睡だったよ。あの時は悪かったな。

糸数:旅行も良いですね。行きたいです。一年目が終わったから、まずは、沖縄の実家に帰りたいです。でも、海外にも行きたいんですよ、行ったことないから。

坂井:旅行いいですね!

糸数:うん!

明るく、働きやすく、教育体制も整った成長できる環境 一緒に働くことができる日を優しい先輩達と一緒にお待ちしています!!

――学生さんへのメッセージなどお願いします。

有銘:1月までは遊んで2月からは本気で勉強する!
学生の時は、なんやかんやと楽しいからね。働くとまた違うし、仲間を大事にしてほしいっていうことかな。進路が違っても場所が離れても、今も連絡を取り合っている。思い出をたくさん作った方が楽しいじゃないですか。もちろん、働いてからも新しい仲間は出来るし楽しい!でも、まず地元の仲間を大事にできるのは今だから!

坂井:私は何だろうな〜。

有銘:まずは病院見学に来てー!私のところへ〜♪

坂井:そういうこと?(笑)。可愛い人が多いですよ!って言おうと思ったんですけれど(笑)。

糸数:私は、うちの病院はプライベートと仕事をはっきりさせられるので、働きやすいと思います。働き易さは大事です。あとはスタッフが凄く優しい!

教育体制も整っているし、プリ・プリも月1回あるし。
(プリ・プリとは:プリセプティとプリセプターの他に、師長、主任、教育委員やシニアプリセプターが集まり話し合う場。)
あれは有難いですね。明るくて働きやすい職場で、皆さんを待っています!何かありましたら、遠慮なく、いつでも声をかけてくださいね。

とても仲良の良い2組の新人とプリセプター。病棟の先輩たちに見守られながら、一年生たちが着実に力を付けて成長している様子が窺えます。プリセプターも人を教えることで、更に成長しています。これからも、信頼できる仲間、チームワークで前進してください。皆さんの成長を病院は応援しています。

看護部TOPへ戻る