病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2007年10月に日本医療機能評価機構ver.5.0による認定更新をしました。

看護部紹介|インタビュー

3階第1病棟(内科・救急科・リウマチ科・消化器内科・眼科・皮膚科):藤井主任/今村看護師/大塚看護師 仲間を認めて感謝し合いながら、思い描く看護を実践しています。

病院内で一番、寝たきりの患者様が多く、きめ細かな温かい看護を必要とされる病棟で、QOLの低下を防ぎ、活躍する看護師たちに話を聞きました。

――まず、看護師という職業を選んだきっかけを聞かせてください。

藤井ずっと仕事をできるように手に職をつけたいと考え、姉が看護師になっているので、私もなろう、と思いました。

今村私も、5歳離れている姉が看護師で、亡くなった父にも、幼少の頃から「一人でも食べていける仕事に就くように」と言われていて、中学生の時から、看護師しかないと思っていました。高校を選ぶ際にも、進学先として看護専門学校に推薦枠が多い高校を選びました。

大塚私は、母が看護師で、いつも親戚から病気の時にどうしたらいいかと母に相談の電話がかかってきていて、答えている姿が格好いいと思いました。

――皆さんの働いている「3階第1病棟」の業務について教えてください。

藤井内科系の一般内科・救急科・リウマチ科・消化器内科と、眼科、皮膚科の54床がある、混合病棟です。眼科の手術がある日はせわしなくなりますが、手術日以外は、外科系病棟よりも1日の時間の流れの慌ただしさは少なく、時間に追われるという感じではありません。入院対象となる方は、高齢の患者さんが多く、誤嚥性の肺炎や腹部の炎症を起こしていたり、人工呼吸器を装着している方など、ご自身では思うように動けず、入院が長引く方も多くいらっしゃいます。また、眼科もあるので、白内障手術など、短期間で入退院し入れ替わりの多い一面もあります。医師に対しても、ただ一方的に指示を受ける姿勢でいるのではなく、看護師から積極的に治療に関する質問や患者さんの情報を伝え、協力し合うことにより、患者さんがより良い治療を受けられるよう、努めています。

突然訪れる「どのように最後を迎えるか」という問題―。なかなか触れないことだからこそ、ご家族で話してみてほしい。

――「3階第1病棟」の独自の悩みなどはありますか。

今村ご高齢の方が多く、それだけに亡くなる場面に関わることが多いのです。ご家族との関わりの中で、どのように最後を迎えるか、というシビアな話にもなります。例えば、「呼吸が自発的に出来なくなった時には何も(人工呼吸器をつけたり管を喉に入れたりなどの医療行為を)しなくていい」とご家族から言われていた患者様の症状が悪化し、いざその場になると、「なんで何もしてくれなかったんですか」と言われたこともあります。先生と予め話をしたのは長男でその場にいたのは二男だった、というケースでした。

藤井大病は死とつなげてイメージし、家族間で話し合うこともあると思いますが、内科では、例えば「肺炎」で入院する方が多いのですが、ご家族にとっては「肺炎」ですぐに亡くなるというイメージはお持ちではありません。実際には、ご高齢の方の肺炎は体力・抵抗力が無い等の為に急変されて亡くなる確率も高いのです。看護師である私自身も、外科病棟から内科病棟に異動して来て、その多さに認識を新たにしました。突然その立場に立たされ「本人が本当はどうしてほしいのかを知りたい」と悩まれるご家族の近くにおりますと、「縁起が悪い話」と決めつけずに平常時にご家族で話すことが非常に大切なことだと、お伝えする機会があればと思っています。

異動や転職。辛い時も仲間が支えてくれるから乗り越えられる。
病棟間・病棟内の良い雰囲気が前向きにさせてくれる。

――他の病棟も経験していますか? 異動は希望通りですか?

藤井異動希望調査があるのですが、3年くらいでかなりの方が異動しているのではないかと思います。「このスタッフにはここを経験してもらったから次はここで勉強してもらおう」という考えが部長にはあると思います。仕事の根底は同じですので、若い時にどれだけ経験して経験値を上げるか、と言うことだと思います。年齢があがってくると経験のない部署に行っても新しいルール・知識を覚えられない、という不安がありますね。

今村不安があるから異動を希望しない人も多いのではないでしょうか。希望と配属先が違う人もいます。実は私も、内科病棟への異動は初めは希望ではありませんでした。人工透析療法室に長年おり、子供が幼く休みがちで、仲間にカバーしてもらいながら勤務していました。私は一般病棟を経験したのは新人の2年位だけでしたので、急変時の対応などがもう出来なくなっていることへの焦り等もあり、また焦りを感じている自分も嫌で、内科への異動の話をいただいた時は、思い切ってお願いしました。分からないことはまだまだありますが、異動して良かったです。

大塚私は、以前の病院では消化器内科しか看ていませんでした。この病院に来てからは、病棟の担当科以外の循環器や脳神経外科の患者様等もいらして、様々な疾患に触れるチャンスがあります。実践での勉強はもちろんですが、それ以外にも病棟勉強会や全体研修会などがあって、教育システムが整っていますね。病棟間も仲がいいので、お互いに補いあえるのもいいと思います。

今村主任も仕事には厳しいですよ。叱られることもあります。でもそれがあるから、信頼もできます。特に新人さんに向けてなど、この子はここまで言わないと分からない、というところまで分かってくれているので、素晴らしいです。

大塚頭ごなしではなく、叱られる理由がちゃんとわかるように注意してくださいます。

――異動して困った事などはないですか? あれば、どのように乗り越えましたか?

大塚中途入職や異動すると、“エルダーさん”という固定の先輩が指導してくれるシステムがあり、私は今村さんがエルダーさんとして引っ張ってくれたので、苦になりませんでした。もう何年も経験があるからいいじゃないか、と放ったらかしにされることなく、安心して環境に慣れることが出来ました。それに、師長や2名の主任が、本当にまめに声をかけてくれます。そういう一つ一つが明るい病棟に繋がっているのだと思います。

今村私は経験年数とスキルのバランスが取れていなかったため、精神面が辛かったです。重症患者様を持つことになると非常にプレッシャーでした。細かくチェックが入り厳しかったですが、厳しいから逆にミスはしてはいけないと気を引き締められた面があります。病棟スタッフは仲が良く、同じ年代の人や話しやすい人が多く、分からないことは周り中に聞き、皆に助けてもらいました。異動してすぐは、「できないのに”看護師”であるのがつらい」と、自宅のお風呂掃除をしながら泣いていたのですよ。

――皆さん転職経験があるそうですが、転職先としてこの病院を選択した理由は何でしょうか?

大塚まず家が近いということが何よりです。それとお給料も良いからです。基本給は経験年数によるのでさほど変わらないですけれど、当院は夜勤手当が違っていました。

今村ボーナスも違います!年間5ヶ月分です。それと保育室があることです。

藤井私も、保育室はポイントですね。子供を預けて仕事をするには、保育室が充実していないと働けません。充実していてこそ”常勤”で働けますし、時間が厳しいと”非常勤”に切り替える選択肢もあります。母親にとって、そこは非常に大きいのではないでしょうか。
給料と距離が変わらない病院の間で迷うとすると、この病院だとここが出来るという部分が興味と重なれば選ぶと思います。若い方は興味を主として動くことはできますが、家庭を持つと家庭に合わせますので、転職したいと思っても、通勤時間にかけられないと思えば無理です。バランスですね。今はマッチしていると思っています。

今村子供がいて働くのは、非常に大変です。看護師という職種は働きがいがありますが、命を預かって働いているので責任もあるし疲れてしまいます。そんな時、この病棟はママ看護師が多いので、同じ立場の人が頑張っていると思うと私も頑張らなくては、と思います。仲間がいることで勇気づけられ、仕事を続けていられます。

異動や転職。辛い時も仲間が支えてくれるから乗り越えられる。
病棟間・病棟内の良い雰囲気が前向きにさせてくれる。

――自分の思い描いている看護は実践出来ていていますか?

大塚できていると思います。
例えば、呼吸器をつけている方達はお風呂に入れませんので、関節も拘縮してきますし、自然の体臭もありますが、以前の病院では、対応したくても業務に追われてそのような時間もありませんでした。この病棟に来たら、追われることなく時間を捻出できるので、足とか手とか、洗ってさしあげられて嬉しいです。

藤井頭で分かっていても、なかなか実践できるものではありません。患者さんにとって”治療”だけではない日常的なこと(体を拭いたり、食事の介助、トイレの介助など)が、地味だけれどどれだけ大切かということを、内科病棟スタッフだからこそ、私たちは日々感じています。

今村大塚さんは、手術患者様の出入りや急変患者様の対応がある中でも、時間を作っては患者様達の傍にいて、率先して手足を洗っていてくれて、素晴らしいと思います!実際に、呼吸器をつけている患者様のご家族がいらして「いつも綺麗にしてくれてありがとう」と看護師の対応を認めてくださって、それを主任がモーニングサークルで皆に伝えていました。

藤井・今村いつもありがとう!

大塚それは、「体拭きを皆で回るときに、自分でできる人にはタオルをちゃんと渡してあげないと」、と初めの頃に今村さんに言われたからですよ。

今村私はこの病棟に来て、排泄介助がうまくなりました。“排泄介助”は、想像していただく以上に患者様に身体的・精神的負担をかける行為です。患者様の負担軽減のために、できるだけ短い時間でスムーズに対応することが、寝たきりの方が多い病棟として、重要な看護だと考えます。“排泄介助”は、どの病棟にも負けません!

藤井私達の病棟には、寝たきりの方のみならず、食事やおトイレなどの”生活”にお手伝いが必要な方が多いので、そのような方々ご自身が持っている力を低下させないよう、医師や薬剤師・管理栄養士等とともにチームワークで支えています。患者さんやご家族様も、気になることがあれば、私達に気軽にお声をかけていただきたいですね。

看護部TOPへ戻る