病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2007年10月に日本医療機能評価機構ver.5.0による認定更新をしました。

看護部紹介|インタビュー

【vol.7】ICLSコース SCU 渡部主任/外来 板山看護師

『誠馨会千葉ICLSコース』学会公認コースが院内で開催される・・・つまり、いま必要な最新鋭の蘇生術を医療従事者が学ぶ環境が整っていること。このことが安心して学び自信を持って日々の業務に臨むことにつながっています。今回は、受講された方と、指導側のスタッフとして参加された方、それぞれの立場・役目を通して、このコースの良さや意義を伺ってみました。

「ICLSコース」とは

Immediate Cardiac Life Support

医療従事者の為の「突然の心停止に対する最初の10分間のチーム蘇生」トレーニングコース。
ある一定の条件を満たした場合のみ、日本救急医学会へ認定コースとして申請が可能。「誠馨会千葉ICLSコース」は、学会の認定を受けた教育プログラム。

――まず、「ICLSコース」という研修を受けられていかがでしたか?

板山:想像以上に手ごたえがあって、参加して本当に良かったと思っています。私はこの春、千葉中央メディカルセンターに転職してきました。以前の職場でも外科系・循環器・救急病棟におり、比較的心臓マッサージなどが必要な病棟でした。ずっと救急に携わってきましたから、それなりに経験も場数も踏んできました。でも、日々の経験では埋められない学びがあって、自分自身の技術や知識を振り返ることができましたね。参加前に抱いていたイメージよりも、はるかに得るものが大きかったです。病棟の先輩から「一緒に参加しましょ!院内で受けられるし。ね!」って誘ってもらって参加したという方も何人もいましたね。

田中:私もそうですね。長年、看護師を続け、千葉中央メディカルセンターで脊椎や脳外の手術が始まった頃にオペ室で技術を身につけ、その後、外来に移り現在に至ります。この研修は、内野先生が参加したい人が積極的に参加できるように!と、とても参加者側からの目線で敷居なく広げてくださって、年齢や経験も気にしなくて大丈夫と言ってもらえるので、お勧めですね。研修を受けてみて、相手の気持ちを考えた上で自分がどう動いたらいいのか、すごく勉強になりました。すっごく身につくし楽しかったんです。真剣なのに、温かさもあって、リラックスして参加できるし、今回、院長先生も参加されていて、本当に経験や年数に関係なく技術は自分から磨いていかないといけないことを実感しました。とは言っても、真剣に研修を受けるので、一日で体はヘトヘトになりますけどね(笑)。「院内でこんなに充実した内容で楽しく勉強できる研修があるんだから受けた方がいいですよ」って、声を大にして皆にも参加してほしいっ!って言いたいです。 けれど実は、当日、始まるまで凄く緊張しました。でも、インストラクターの方が上手に緊張を解きほぐしてくれるので、すぐにいつもの自分に戻れましたね。

板山:そうですね。具体的な症例をスタッフが提示して、それを元にロールプレイングで動く、これが実にリアルな設定で面白かったですね。前に何処かで経験したような症状がたくさん出てくるので、本当に分かりやすいんです。それに途中で心電図の波形の設定を変えてみて「あれ反応が出てきたんじゃない?」とか、意識が回復したことを知らせるために人形の声まねをして盛り上げてくれる場面もありました。記憶とともに蘇ること…「あの時はこういう風に確かめながらチームで医療していけば良かったんだ」と過去を振り返り、思い当たるふしがたくさんありましたね。

田中:ロールプレイングでは、全員が医師・看護師・応援者の役を順番に行うんです。医師役をやってみて、その立場になって考えたり、相手の立場に立って考えることの大切さを改めて学びましたね。医師役で「気管挿管して」と言葉にして言ってみると、なるほど!こういうタイミングでこうすると気管挿管する人は動きやすいんだな。次は何を差し出すと、医師は次の動きがもっと早く出来るんだなって、役に成りきることで、言葉と動きで学びましたね。“医師だから”、“看護師だから”という意識ではなく、チーム医療がどれだけ大切であるかということを再確認しました。研修とは言え、パニックになってしまうと、同じグループの受講生や皆がヒントをくれたり、声をかけてくれて、連帯感を味わえて嬉しかったですね。

板山:朝は知らない人ばかりの集まりが、帰りは一つのチームであり仲間になっているんですよね。素晴らしいなぁって思いました。

私たちの取り組みが、少しでも不安をぬぐって安心して復職を検討してもらえたら…

――スタッフの方が、受講者が参加しやすくなるために、配慮されている点などについて教えてください。

渡部:新卒で入職して7年目になりますが、今年、主任という立場になったことで、責任も今まで以上に増えました。周りへの指示やアドバイスがより適確に出来るように、身につける技術が増え、やはり毎回勉強です。 私は院長先生が受講生としていらっしゃるチームのスタッフだったのですが、チームのリーダーがまるで本物の俳優さんみたいに症例提示の演技が上手で、実際の現場のように盛り上がっていました。院長先生も、「最新の方法を、せっかく病院で学べる環境が整っているのだから、一緒に勉強しようと思って参加した」とおっしゃっていました。トップの方が参加して下さるって、自分達の活動が認められた気がしてすごく嬉しいですよね。
私も受講生の時に、凄く緊張した覚えがあるので、皆がリラックスして参加できるよう気をつけ、雰囲気作りをすることと、特に覚えていただきたい部分を強い声で言う等、口調を変えたりしています。それと、フィードバックを大切にしています。出来ていること、上手に動けたことは、その場、その時に褒めるようにして、受講者の心や脳の記憶に残るように努めています。失敗した時は、落ち込まないよう何回も説明して、1日かけてやっと出来るのではなく、失敗から早い段階で出来るようになってもらえるよう、瞬時のフィードバックを心掛けています。 この研修は大変です。でも、得るものが大きくて大好きな研修です。皆さんに楽しく同じ気持ちを味わっていただきたいと思っています。

田口:フィードバックは大事ですね。特に注意しなさいという時は、言葉で説明しても記憶に残らないので、動作を加えて記憶に残るようにします。例えば、電気ショックをかける時に受講者が「離れていなさい」と言った後に、スタッフがわざと患者さんに触れ感電した芝居をする。注意しないとこうなるのよ!って示してくれる救命士さんがスタッフとしているんです。救命士さんも物凄く研修を盛り上げてくれるので、有難いですよね。ポイントを押さえることも伝わりやすさに繋がっていると思います。私は入職当時、各科の先生方から叱られながら救急に携わってきましたが、あの頃の私が、「ICLSを理解していられたら、どんなに対応が違っていたかしら…」という思いが強くて、この研修を第1回から参加して、内野先生のアドバイスで外部の研修にも度々参加して、今回、晴れて学会公認のインストラクターを取得することができました。でも奥が深いので、まだまだ勉強中なんですけどね。

内野:この研修は、受講から指導の立場、認定までの道筋が明確になっていますので、誰もが参加しやすい研修だと思います。チームを作る時は、できるだけ配属・職種で固めず、わざとバラバラにしています。実際の現場で、事態が発生する時は、急造チームにならざるを得ません。ICLS自体も『最初の10分のみ頑張り、その後、到着した蘇生チームにしっかりと引き継げる』のが目標なので、「急造の”チーム”をいかに作り動かすか」が重要です。その為には「あなたの○○がヘタなんだよ」などと言ってしまったら、その人は畏縮して、動けなくなってしまいます。緊張させたまま練習しても、次の動作が出てこないし覚えられません。緊張させないでいかに逼迫した症例を数多く体験させるかがミソですね。

渡部:この研修は、テキストがいいんですよ。通常のICLSコースでは、学会のサイトにも載っている「ICLSガイドブック」テキストを購入し、丸々1冊を読みますが、こちらでは内野先生がオリジナルのテキストを作成して配布してくれるんです。テキストはポイントを絞った資料になっていて、予習として、それを読めばコースについていけます。心電図もたくさん載っていて、不整脈の講義もあります。看護部には、スタッフから大人気の心電図の研修勉強会もありますが、それとはまた違った内容で、危険な心電図の説明とかが分かりやすく書いてあるんです。

内野:そう言っていただけると嬉しいですね、ありがとうございます。テキストを完成するのに構想15年、製作7年かけて、毎回バージョンアップしている甲斐がありましたよ。

田口:難しい言葉をあえて使わないので、新卒で入職した人が参加しても分かりやすく、理解しやすいですね。あとは、テキストに加えて雰囲気だと思います。誰でも最初は緊張しますよね、その気持ちが痛いほど分かるので、楽しんで学ぶようにリードしています。途中からは、受講者も楽しんでトライしているのが分かるので、更に私たちスタッフも楽しくなります。

内野:皆さん、蘇生チームのリーダー役として立った瞬間に頭が真っ白になると言うんです。院長先生もリーダー役になると汗のかき方が違うとおっしゃっていました。 そんな中、参加者の医療や救急に携わる年数や知識には個人差がありますので、安心して参加してもらえるようそのような人でも必ず習得できるバリエーションの広いスタンスで運営しています。若いとか経験不足が必ずしもマイナスではないと私は思っているんですよ。その分、素直に吸収してくれますからね。

日常の看護師業務とは違う業務の中で、皆で作り上げる楽しさを味わっています

――受講後、日常の業務への取り組みなどで変わった事はありますか?

田中:CPR(心配蘇生法。心臓マッサージや人工呼吸などを行う。)をしている時に、医師が次に何をしたいのかな?次は気管挿管かな?と、先々を考えるようになりました。参加した後の方が、気持ちに張りが出た気がしています。「これでいいのかな」という手探りの状態が、「これでいいんだ」と自信を持って対応出来ることも大きな違いです。「必要としていることは何か」と考えられるのは大きいですね。相手の立場に立って考えられていないと、医師の指示を受けてからの対応になるので、少しずつ遅れが出てしまいますよね。研修を受けることで、ロールプレイングに類似した症例に出会った時に、次に何を必要としているか考え実行できます。もし、自分が手いっぱいでも、他の人に、この先の準備をしてほしいとお願いすることもできます。何よりも、指示待ちではなく、積極的に蘇生医療に参加できるということが、働く上でのモチベーションのアップに繋がっています。

板山:このICLSは反復が重要なので、研修を受けたから必ず実践できるかというと違うんですよね。やっぱり、生の現場での経験蓄積も必要です。救急外来には様々な方が来院されます。数ある症例からピックアップしアセスメントをしていますが、これがすごくいい勉強になるんです。心臓に問題があるような訴えで来院されたけれど、よく聞いたら腹痛である場合など、様々です。今回、外来から数名受講しましたし、急変時の対応の訓練の大切さは拡がってきていますので、外来看護師全体の活動に持っていこうと話し合っています。まずは、9月から朝のモーニングサークルの中で発表していこうと考えています。私たちは、状況を把握し、その瞬間どういう看護をしたのかを振り返り、仲間に発表します。そして、みんなは聞くことで間接的に救急看護疑似体験をするのです。看護のつながりですね。

 

――まだ受講していらっしゃらない方に参加を進めようと思われますか?

2人:もちろん!

板山:例えば、整形外科にかかっていた患者さんが突然倒れたら肺梗塞だった、というロールプレイングがありました。つい先日、通常の外来にかかりにいらして待合室で気分の悪くなったという患者さんが救急外来に運ばれてきて「まさに現場で起きた生のICLSだ」って思いました。このような場合にどのように対応したらいいかということを、研修では学びました。講義もそうですし、ロールプレイングもそうです。現場で経験を積んで学べるところ、そしてそれを必ず活かすのが救急外来。実際に、いつ起こってもおかしくない症例を研修では何度も練習するので、外来に限らず病棟の方も、受けた方が良いと思います。受けてみればその意義が分かります。モーニングサークルの発表を通し伝えて行くことで、自分から受けてみようと思える流れを作っていければいいですね。

田中:それに、研修の最後に「テスト」があるのですが、これがとてもいい雰囲気なんです。テストだからと言って落とすことを目的にしない、一日の総復習で、一人ひとりがテストを受けながらも仲間がヒントや答えをアドバイスしてくれて、最後までチームとして成り立って患者を助けられたら『合格』なんです。「チーム=チーム医療」として成立することの大切さがテストのボーダーラインになっているのが、良さだと思います。今回の参加をきっかけに、私も繰り返し参加して、次に参加する人が緊張しないで学べるお手伝いがしたいですね。

板山:私は今回の研修を通して、自分自身の経験や能力、これからの目標を再認識しました。まだ当院に転職してきて数カ月、病院の特性などをやっと分かってきたところですし、スタッフが提示してくれる症例が非常に具体的で役に立つ内容だったんです。だからこそ、果たして今の私が同じように受講した方に満足していただけるような症例を提示したロールプレイングができるかというと、次の開催には、まだ時期尚早かなと感じています。ですから、自信を持って参加された方に満足していただけるお手伝いが出来るようになったら、また参加したいなって思っています。刺激にもなりましたし、これからが日々勉強ですね。

仕事以外の楽しみやバックアップ体制が、職場での安心につながります

――スタッフから見たこの研修の魅力、ポイントは

内野:一般的には研修に参加するのは上司に言われて仕方なく参加するパターンが結構多いと思いますが、研修自体が座学より実技、研修の主旨は「蘇生の専門家が到着するまでどう対応すればいいか」という基本的な目的に加えて「チーム医療」をどこまで展開できるか!が最大の目的と思っています。ロールプレイングを繰り返し続けるというのが強みです。「次は○○○○のアルゴリズムで行くぞ」という掛け声だけで、体が動きだす。受講者の人数だけそれを繰り返します。もちろん頭の中で理解してほしいけれど、忘れないためには体験して体でも覚えてもらう。資格が取れる研修という宣伝方法より、時間はかかるけど、受講した人から「良かった、楽しかった」と口コミで広がる方がいいのかなと思います。研修を存続させるベストな形は、参加した人の「良かった、楽しかった」という気持ちが、次に教える側にまわり、繋がる形だと思います

田口:この研修で更に良い所は、レントゲン技師・薬剤師・リハビリの方達も率先して入ってきてくれるんですよ。いつ、どんな場面でも、何があってもいいように、医師・看護師だからというのではなく参加してくださるのはとてもいいですよね。そして今まで学んだことを現場で実践できて、みんなで広めていく。みんなで取り組めることが職場環境の楽しさや生きがいに繋がることですよね。最近、研修で学んだような症例に遭遇する頻度が以前より高くなってきたように感じます。3次救急にあたる重症な例も来ています。循環器疾患、脳外科の疾患に、破傷風・中毒など。私たちのレベルも上げて行く必要性を強く感じています。

渡部:病棟でも同じように、研修で繰り返し学んだ症例が活かせる場面も多くなってきています。看護師をしていていつも思うのは、急変という場面は本当は起きてほしくないんです。病で苦しむ患者さんが、一日でも早く回復されて笑顔になって欲しい…そのお手伝いができればと看護師を続けています。でも、現実の現場では予期せぬ急変もあり、生身の人間の脆さも実感します。だからこそ、この研修を通して、いかなる場合でも慌てずに、ベストを尽くしたいと強く思うのです。それには、私たちの繰り返しの習得や経験、チーム力が必要ですものね。
リハビリ中に血栓が飛んで脳梗塞や肺塞栓症等になることもあります。リハビリの方が研修に積極的に参加されていて、こういった場面でちゃんと対応できる姿に頭が下がります。急性期病院で働いている以上、急変とは切っても切り離せない関係があります。自分はちゃんと学び、これだけの科学的根拠に基づいて、正しい処置を専門医師に引き継ぐまで出来ました、と自信を持ってできるようになるために、救急担当者は率先して受けるべきだと思いました。

  

白鳥:私は、内科系疾患を中心とする3-1病棟で看護師をしていますが、病棟では「救急=外来で起こるもの・受けるもの」っていうイメージを持っている人が多いのも現実なんです。私は年齢的にも急変時にはリーダーとなり、指示を出す場面が多くなるので、自信を持って仲間に指示を出せるようになりたいと思って参加していますが、できれば若い方たちにも参加してもらえればいいなと思います。研修には気道確保や心停止以外も、窒息への対応という実技もあります。この異物を誤嚥した時の対応が意外に難しいんですよ。看護師でもいざその場に遭遇すると、慌てて“どうしよう”と固まってしまう人は多いはずです。研修は、そのような時のための大切な訓練の場ですので、皆に参加してもらおうと広めています。

渡部:この研修の魅力は何よりも病院内で開催されるところが参加しやすい一番の魅力だと思います。内容的には、急変時のいろんなパターンを網羅しています。研修で胸骨圧迫(心臓マッサージ)をヘトヘトになるまでやっていますが、本番ではもっと長時間続けなければなりません。その時、認識の中で、体力を使って大変なんだと分かっていれば「代わって」と指示や手助けができます。研修直後は、記憶と自信がつきます。でも、しばらく経つと徐々に記憶と自信は薄れるので、継続して参加することで維持し続けてほしいと思っています。県内の病院で開催しているところは非常に少ないので、この病院で開催されていることを利用していただきたいですね。

 

自由な発想で病院の良さをお伝えできるよう取り組んで行きたい。

――今後の展開をお聞かせください

内野:そうですね、どうしましょうかね。あと何回か開催した後、主要メンバーにこのコース運営を任せ、新しいことに取り組むことも考えています。救急医療技術は日々刻々と進んでいますからね。

救急車で心臓が止まった人が来る確率は100回に1回と言われています。それよりも救急患者で頻度が高いのは意識障害です。意識障害は脳外科に問合せが行くことが多い傾向があります。脳梗塞は例外ですが、私は個人的には意識障害は、はじめに内科が診るべきと思っています。病院に着く前に意識障害を評価するPCEC(Prehospital Coma Evaluation and Care 意識障害病院前救護/日本臨床救急医学会)、また、今回の震災の経験よりMCLS(Mass Casualty Life Support 多数傷病者への対応標準化トレーニングコース/日本集団災害医学会)もやりたいですね。ワークショップという形で学会公認の開催を検討していきたいと考えています。病院全体、現場の皆さんの向上心が高まっている今、それに応えることが「チーム力・チーム医療」の最大の研修プログラムになると思うので、まだまだお手伝いしたいと思います。

病院として、皆で取り組む“チーム医療”の環境があり、それを活かして日々の業務に取り組んでいる皆さん。 これからの一層の活躍を応援いたします !

誠馨会千葉ICLSコース

地域に密着し地域医療を担う医療法人として、医療従事者の救急蘇生技術のレベルアップを図り地域医療への貢献を果たすとともに、各自がロイヤリティを持ち職場にも自分自身にも自信を持って仕事に向かっていただきたい、という思いから平成22年6月に学会公認コースとして設立、誠馨会各急性期医療施設及び千葉市近隣消防局の協力を得て第1回を開催。以降、年3回、誠馨会グループの3施設(千葉中央メディカルセンター、新東京病院、セコメディック病院)を会場として開催している。指導スタッフは、誠馨会グループ職員(医師・看護師・コメディカル)、地元消防局の救急救命士等。
このコースへの参加を機に、受講者の皆様だけではなく、指導者スタッフが救急の現場や急変した傷病者の前で不安なく対処ができ、より高度な救急処置が行える医療チームに引き継げるまでのスキルを身につけることを目指している。 参加形式は、受講の立場のみではなく、指導する側に回って参加することができ、一層理解を深められる。コースは講義と実技から成る。

≪プログラム構成≫      

(講義) ●ICLS概要(60分)   ●心電図モニター判読(50分)
(実技) ●BLS(60分)   ●気道確保・管理(40分)   ●モニター・電気ショック(40分)
●VF/Pulseless VT(80分)   ●PEA/Asystole(気管挿管含む)(80分)等。
 
                        

看護部TOPへ戻る