病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2007年10月に日本医療機能評価機構ver.5.0による認定更新をしました。

看護部紹介|インタビュー

インタビュー ICU/三枝師長、3階第1病棟/今村主任、外来/栗田看護師、OPE室/安藤看護師、ICU/石坂看護師

当院が7:1看護基準を得てから、2年が経ちました。看護部は、「笑顔と安心の看護」の理念のもと、看護師全員が患者さんのために出来る看護とは何か、私たちが本当にやりたかった看護を行うためには、どうすれば良いのか「考える看護」を実践し、そこから得た「誇れる看護」を、他部門へ、各病棟へ、患者さんへお伝えしたい。そのためには、具体的に誰が見ても分かるように、まず「可視化する」という目標を掲げて取り組んできました。今回は、実現することのできた『誇れる看護の可視化」を先日行われた【看護自慢大会】を通して質向上委員会のメンバーに語っていただきました。

好評だった『看護自慢大会』、相手につたわる形を意識

 

――看護部で取り組んでいる「質向上委員会」と、その活動について教えてください。

三枝:私たちは、患者さんに、良い看護、良いケアを提供していきたいと、常々考えながら看護にあたっています。質の向上を図るには、どうしたらいいのかを考え、メンバー間で意見やアイディアを出し合い、取り組む委員会です。

年度目標に①各々の病棟で、皆がどのような看護を実践しているのかを可視化する ②5S活動(整理・整頓・清潔・清掃・躾) ③マニュアルの改定 を掲げて、時間や物などの管理の見直しから、患者さんのためにより多くの誇れる看護を実践することに繋がりました。

――質向上委員会主催の「看護自慢大会」は院内で大好評でしたが、開催に至るまでの経緯や想いなどをお聞かせください。

三枝:看護部全体で、昨年度の目標を「自分たちの看護を可視化する」ということを、目標の一つに挙げていました。充実してきた看護内容を、なんとなく職員がお互いわかっているという雰囲気ではなく、きちんと相手に伝わる形が必要なんだと思います。それが、今回の看護自慢大会でした。誰もが楽しく看護自慢大会に参加できるように、少し文化祭のような発表形式にしました。「考え」、「実践」し、一つ一つ看護の質を上げてきた私達にとっては、昨年度の目標として掲げた「可視化する」段階に至ったことは、とても感慨深いものがありますね。同じ職場で働く仲間だけでなく、患者さんにもぜひ見ていただきたいと思えるほど、どの病棟でも特徴や特色を活かし、やりたい看護を実践しているのだなぁと思いました。

患者さんに「この病院の看護師はこういうことをしているんだな」と安心していただけることに繋がるのが何よりです。スタッフにとって、自分達の病棟で行われている日頃の看護を、同じ病院で働く職員みんなに知ってもらい、認めてもらうことが、この看護を続けて良かったというやりがいに繋がると思い、得るものが多いと期待しながら企画に入りました。

「考え」、「実践する」準備期間からの難しさ 〜より良い大会を創りあげるために

――皆さんの誇れる看護を可視化させる「ポスター発表形式」を選んだ経緯や、開催までの準備などを教えてください。

今村 :院内全体の看護部の発表の場としては、「看護研究発表会」というものがあります。こちらはテーマを決め、一年間かけて研究し、スライドを提示しながらプレゼンテーション発表します。これに対し、委員会では、各病棟がより良い看護を目指す中で、日ごろ取り組んでいる看護を楽しく伝える場として大会を捉えています。看護師はもちろん、同じ病院で働く多くの職員に知ってもらいたいので、会の当日に勤務シフトの都合上、参加できない職員にも知ってもらう方法として、ポスター形式を選択しました。各病棟でポスタを作成し、それらを1週間、みんなが必ず通る場所を選んで、一斉に掲示しました。食堂前の廊下を掲示場所として選んだ結果、食事前や後に誰もがゆったりとした気持ちで見ていただけたのだと思います。見てもらうだけでなく、素敵な取り組みだなぁと思ったポスターにシールを貼ってもらって、全職員が参加できる形にしました。

安藤 :準備の中で、一番難しかったのは、どのように可視化すれば皆に伝わるのか、最終的にポスター掲示という形式を決めるまで随分と悩みました。発表方法などの形式は、自分達で考えて自由に取り組んでいい、と委員会に任されていたのですが、「自由形式」であることが、逆にVTRなのかポスター掲示なのか、何枚なのか、各部署バラバラの形式でいいのか、非常に迷いました。ただ、アピール大会をしようと投げかけられた段階で、委員会メンバーの各自の頭の中では、自分達の病棟の「アピールしたい内容やテーマ」は頭に思い描かれていたのだと思います。やはり、どの病棟も、自分達の看護の質を高め、患者さんのために出来ることは何かを、病棟一丸となって考えて取り組んできていますからね。それぞれが、伝えたい想いはあったと思います。

今村 :委員会メンバーが発表形式の方法で、試行錯誤していた頃、看護部長がヒントをくださったので、明確なイメージが掴め、一気に進みました。ある程度、基本スタイルを統一することもスムーズな進展には必要だと考え、企画に関わった師長・主任が、ポスタ掲示の形式という基本スタイルを決め、1月の委員会で周知しました。

安藤 :そうですね。その後は、各病棟1ヶ月程で作成して、3月に発表になりましたよね。

今村 :各病棟でも、頭の中で描かれている伝えたい私達の看護を、実際に、模造紙という枠の中にまとめるのも大変だったと思います。同時に、企画側である委員会も、初めてのことなので全てが手探りで、準備を進めるのが大変でした。発表形式が決まって一安心ではなく、次は、各病棟から提出されたポスターをどう掲示し、どう評価し、どのように「看護自慢大会」を成功させるのか。悩みは尽きませんでしたよ。たくさんの職員に見ていただいて、伝えたい。「看護自慢大会」を看護部だけの取り組みとして終わらせるのではなく、病院全体に浸透させる結果を残す大会にしたい、という思いが強くありましたからね。準備には、招待状、評価の仕方、賞状の形式・文章など、様々なものがありましたし、どれもいい勉強になりました。

各病棟の特色やイメージを意識した様々な伝え方を考える

――大会を成功させるというのは大変なことだと思いますが、当日に、盛り上げる工夫などはどのようなことがありますか

石坂:私は当日の進行役としてお手伝いさせていただきました。会を楽しんでいただくために、どう盛り上げたらいいのか、他のスタッフと一緒に練った内容を、頼りになる力強い先輩たちに力を借りながら進めました。
大会当日は、各病棟ごとにポスターを持ち、皆の前で発表してもらうのですが、途中にそれぞれの部署カラーを引き出せるような質問を必ず一つは盛り込もう、と準備しました。準備していても、実際に、その場の雰囲気を見ながら進めるのがとても難しかったです。とても濃い部署もありますしね(笑)。

今村:この看護自慢大会のために、DVDを作ってくれたスタッフがいて、掲示したポスターと、それを多くの職員が見てシールを張っている様子などをまとめたもので、BGMと重なって感動でいっぱいになりましたよね。胸が熱くなって、感極ったみんなが泣いていましたものね。

――ポスターを作成する上で、伝えたい想いや工夫はどのようなことでしたか

今村 :3階第1病棟は、内科系を中心とした病棟なので、様々な疾患・症状の方が入院されます。それゆえに、どうしても終末期にも関わります。そのイメージだけが先行しないように「その意識を変えたい、私たちは日々勉強し、どのような疾患・症状をお持ちの患者さんにも安心して私達の看護を提供できるように努めている」という日頃からの熱い想いがあります。そこをポイントに作成しましたね。

安藤 :OPE室はチームワークの良さですね。チークワークの良さが、OPE看護師の質の向上に繋がっていると思います。この数年、新卒の方がOPE室に配属されるようになりました。特に一年生にとっては、先輩の励ましの言葉より、何よりも患者さんからの「ありがとう」の言葉で、非常に気持ちが好転するものです。でも、病棟と違ってOPE室の場合は、麻酔がかかり意識が無い状態の方が殆どですので、患者さんとの関わり方が違ってきます。その分、先輩達が新人さん一人に対し、数人で常に目を配り支えています。そんな温かいチームワークの良さを皆に伝えたいですね。

今村 :とっても伝わったと思いますよ。

栗田 :外来では、新しいことや初めてのことなどを、積極的に取り組んでいるものが多くあります。若いスタッフ達が、積極的に意見を出し合って活気があるんです。その様々な取り組みをお伝えしながら、楽しく外来看護の良さをアピールしたいと作成しました。外来化学療法、救急外来、モーニングサークルでのロールプレイングなど盛りだくさんに紹介しましたね。

石坂 :ICUは、「ICU」という名前の持つ世間一般的な緊迫したイメージがもともと強いですよね。閉鎖された隔離された感じの病室ですものね。でも、患者さんが「ICUの看護師さんって、とっても気さくで優しいんですね」と感じてくれている、患者さんとの距離がとても近いんですよ、ということを、この看護自慢大会を通して、病棟スタッフに伝えることが出来て良かったなと思っています。

三枝 :そうですね、普段はどうしても、名前のイメージが先行してしまいますからね。各病棟にも、それぞれイメージってあるんでしょうね。なかなか、関わりのある病棟間でなければ、中の雰囲気はわからない面もあるので、今回、ポスターを見ることで、あらたな印象をそれぞれが受けていただけたのではないでしょうか。どの病棟も特色を活かした看護を、一生懸命取り組んでいる姿勢がポスターいっぱいに溢れていたような気まします。

 

――ポスターという形式は、皆さんの想いを伝えやすかったですか?

石坂:やっぱり、誰かに見てもらえると思うと嬉しい半面、どう見せようかとか、どうすれば伝わるかなと、いろいろ構想を練ってかなり時間がかかりました。時系列で紹介している病棟もあって、看護師以外のメディカルスタッフが見ても、とっても分かりやすいと思いました。師長さんがおっしゃっていたように、患者さんに私達の看護を知っていただきたい、というのが一番最初にあった想いなので、それを考えると、時系列の表記は誰が見てもわかりやすいと思いました。他にも写真をたくさん盛り込んでいたり、それぞれ工夫していて、皆に伝わったと思います。

栗田:私も、患者さんに向けて貼り出したい、伝えたい、と強く思いましたね。外来の特徴的なことを盛り込んでいましたので、こういう形で看護師は動いていますよ、と患者さんにお伝えしたいです。今回は、病棟ごとにポスターを作成することで、あらためて自分の病棟の良さを見直して好きになり、皆で作ることで、チームワークも強化されて、職場環境としてさらに良い方向に進む機会になったと思います。

三枝:このポスターをインターンシップや復職支援セミナーの会場に掲示していただく機会はあって、その際に、看護学生の皆さんが、休み時間に非常に熱心に見て下さったそうです。学生さんだと、働いてみたい科を考えていらっしゃいますよね。その科では具体的にどのような看護をしているかを詳しく知ることができて、しかも、他の科のことも知ることができる。このポスターが、千葉中央メディカルセンターを目で見てわかる資料として大きく役立つものになったことも嬉しいですね。それを見てこの病院で一緒に働きたいと思っていただける方が増えると、私たちも本当に嬉しいですし、そんな皆さんと一緒に頑張れたら素敵だなぁと思います。

感極まった表彰式、一人ひとりの頑張りと協力で得た誇れる看護

――とってもユニークな賞はどのように決めましたか

三枝:委員会のメンバーで、優賞の病棟を決めた方がいいんじゃないか、という話も出ていたんです。でも、一生懸命に取り組んでいる看護に順位など、無いと思うんです。今回は初めての試みで、慣れないポスター作りに取り組んで、掲示した後も、追加修正している病棟もありました。見た目の問題だけでなく、みんなの誇れる看護を皆で見て、聞いてみましょう!皆の想いを大切にしたい会にしたかったので、全ての病棟に「賞」をあげたいという結論になりました。

安藤:そうですね。全ての病棟に賞をあげることが出来て良かったです。『フットケアNo.1で賞』とか『心臓のことなら任せてちょうだい安心で賞』とか『チームワークが抜群ピカイチで賞』『愛情注ぎます…』etc。すごく良かったですよね。

――看護自慢大会を開いた感想を聞かせてください

今村:本当に開いて良かったです。とても大変でしたけど、でも終わった時は感動しました。一番最初に私が涙していたと思います。みんなで準備したものが良い形となって、皆の心に深く刻まれました。スタッフが作成してくれた最後に放映した看護自慢大会に至るまでの密着DVD映像も良かったですね。今後の課題も見出すことができましたし、開催して良かったです。

石坂:私は、違う病棟のスタッフ同士が、お互いにどんな誇れる看護を持っているのか、垣根を超えて見られたことが良かったんじゃないかなと思います。それから、他の病棟のどういうところに重点をおいているのかという点も、今回の目線で見たりすると、自分にはまだまだ出来ていない看護がたくさんあることに気付きました。そういうところから新たにスタートできたらいいのかなと思いました。

栗田:それぞれの病棟の発表したスタッフたちも、ものすごく頑張っていると感じました。それは、誰かに言われて頑張ったということでは無くて、仕事をしていく上で自分達のスキルアップをしていこうという意思をはっきり持って、取り組んでいるのだと思います。そういう部分がもっともっと伝わって欲しいなと思います。そして、今回、改めて強く思ったのは、若いスタッフにもっと自信を持って前に出て欲しいということです。外来の場合は、小さなお子さんを抱えながら勤務しているスタッフが多くいます。立場をわきまえて意識してか、控え目であまり前に出ようとしないのですが、「あなたたちのやっていることはもの凄く素晴らしいのよ」といつも思うんです。長く働いていると、自分のやってきたことが全てになりがちですが、外来スタッフの動きを改めて見て「目から鱗」でした。内科処置室の中では、皆、もの凄く気配りをしているし、いい声かけもあります。素晴らしいです。できないですよ、なかなかここまでは。こんなにも親切にできるのかと、頭が下がります。若いスタッフと一緒に仕事をするのが楽しいですね。これからも彼女達を見習って、自分に無いものを一つでも吸収出来るようになりたいと思っています。

三枝:そうですね。皆本当に頑張っています。その頑張りが、今回の「看護自慢大会」で各病棟の特徴を上手く捉えたポスターに繋がったんじゃないかなと思います。各師長たちは、自分の病棟スタッフが、頑張って作ったものを皆の前で堂々と発表して、アピールした、というところが嬉しかったんです。誇れます。この会があって良かったです。これからも、誇れる看護を伝える機会を大切にしていきたいですね。

 

皆さんの取り組んでいる看護を伝える「看護自慢大会」が大成功に終わって良かったですね。日々の患者さんを想う、同僚を想う温かい気持ちが「やっていて良かった」と思える仕事に繋がっているんですね。質向上委員会の取り組みは、委員会メンバーや各部署のスタッフにとっても非常に励みになったと思います。これからもそれぞれの委員会の活動に期待して、インタビューで取り上げていきたいと思います。

看護部TOPへ戻る