病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

メディカルEYE

2011年09月01日発行
救急科 部長 内野 正人
M-eye No.20 “ハチ刺され”にご注意下さい! アナフィラキシーのお話
ようやく夏の猛暑も終わりを告げ、凌ぎやすい季節となってきました。畑仕事やアウトドアなどの野外で活動することが多くなってきたと思います。このような折りにちょくちょく耳にするのが、「ハチに刺された!」と来院される方々です。

ハチに刺された場所に注入される毒素(神経毒と溶血毒)も問題ですが、最も恐れるものの一つにアレルギーがあります。ニュースなどで「スズメバチに刺されて患者が重態です!」とアナウンスされることもあります。今回はこのアレルギー、とりわけ虫刺されによるアナフィラキシーに関して述べたいと思います。

アナフィラキシーとはアレルギーの一種で、時にショック(血圧低下)に陥ることもある大変怖いアレルギーで、ギリシャ語の「無防備」という意味を語源とします。口周囲の違和感、しびれ感、尿意、掻痒感、吐き気、嘔吐、胸部違和感などの前駆症状に続き、蕁麻疹、鼻炎、結膜炎などが生じます。更にひどくなると喘鳴などの息苦しさや意識障害、ショックに至ることもあります。アナフィラキシーは別名「即時型アレルギー」とも呼ばれることもあり、虫刺されの場合は一般的に約15分で生じるようです。また過去にハチに刺されたことがある人が、再び同じハチに刺されると生じる可能性があるので要注意です。

虫に刺され、前記のような症状がある場合は、医療機関へできれば救急車で行くべきでしょう。医療機関ではこのようなアレルギーに対処する準備があります。ただここで注意しておきたいことがあります。ある種の抗不整脈薬を常用している場合は、医師がアナフィラキシーに使用する特効薬が効かないことがあるのです。日頃より自分がどのような内服薬を常用しているのか掛かり付け医師に確認しておく必要があります。また過去にアナフィラキシーを生じたことがある人も掛かり付け医師と相談してみましょう。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら

どうして眼は2つあるの???〜両眼視を知ろう〜
2011年09月01日発行
 視能訓練士

3D映像のヒ・ミ・ツ

昨今3D映画がブームとなっておりますが、みなさんはなぜ映像が画面から飛び出してくるのか分かりますか?
それは、両眼視の働きによるものなのです!
では両眼視とは何でしょうか?

両眼視のヒ・ミ・ツ

両眼視とは2つの眼で見た物を脳で1つに合成させる機能です。これは、意識して出来る事ではなく、眼と脳が自然に行なっているものです。
両眼視があるおかげで遠近感を持つ事ができ、ものを立体的に感じることが出来るのです。
しかし、片眼でも立体的に見えるのではと思いませんか?
では、鉛筆を2本用意して下さい。鉛筆の先端同士を重ねてみて下さい。重なりましたか?では、今度は片眼を閉じて同じようにやってみて下さい。両眼でやった時と同じように鉛筆の先端は重なりましたか?

これが両眼視の働きによる立体感と片眼でも分かる立体感の違いです。
ただし、正常な両眼視を獲得するには視力に左右差がないということや斜視がないなど、いくつかの条件が必要となります。
皆さんが3D映像を見ることができるのは、正常な両眼視を持っているということです!!
眼が2つあることの大切さがこれでお分かりいただけたでしょうか?


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら