病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

メディカルEYE

2012年12月01日発行
糖尿病センター 医長 堀江 篤哉
M-eye No.35 糖尿病とは

糖尿病とは、血液中の糖分がうまく細胞の中に取り込まれないため、血液内の糖の濃度(血糖)が高くなった病態です。血液中の糖を細胞内に取り込んでくれる働きをするホルモンが、膵臓で作られるインスリンです。インスリンがうまく働かないと、血糖が上昇することになります。

糖尿病は大きく分けて、1型糖尿病と2型糖尿病と2つのタイプがあります。動物には、自分を守るために外から体内に入ってきたもの(細菌やウィルスなど)を攻撃し、排除するという免疫機能が備わっています。1型糖尿病はこの免疫機能の異常のため、自分自身のインスリン産生細胞(β細胞)を攻撃し破壊してしまうため、インスリンが作られなくなってしまうため、生涯インスリン注射が必要な疾患です。本邦の糖尿病患者の約1割が1型です。
一方、2型糖尿病は本邦の糖尿病患者の約9割を占め、一般に生活習慣病と言われているタイプです。2型糖尿病は、一つの原因によって発症するのではなく、遺伝的素因や生活環境(食生活、運動不足)など複数の要因が重なって発症します。遺伝的素因をもつ人は、インスリン分泌能が低いことがわかっています。また、加齢や過食・運動不足により筋肉量が減り、内臓脂肪が増えるとインスリンの効きが悪くなってきます。これをインスリン抵抗性といいます。つまり、2型糖尿病はインスリン分泌能の低下とインスリン抵抗性の2つが重なることで発症する疾患といえます。親族に2型糖尿病の方がいる場合は、自分自身もなりやすい遺伝的素因を持っている可能性はありますが、過食や肥満、運動不足にならないよう生活環境を変えることにより発症を抑えることができます。

逆に、親族に2型糖尿病の方がいなくても、生活環境によっては発症することがあります。糖尿病は、よほど高血糖にならない限り自覚症状は殆どありません。自分が糖尿病になっていることに気付かず、偶然発見されることもよくあります。

では、自覚症状がほとんどないこの疾患を、なぜ治療しなければいけないのでしょうか。長期間高血糖が持続すると、血管の壁にある内皮細胞が障害され、糖尿病特有の様々な合併症を引き起こします。網膜症による失明や、神経障害による手足のしびれ、腎症による透析は、細い血管の障害により引き起こされます。また、太い血管の障害により、心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症(による足壊疽)を発症します。これらの疾患は、急に起こるものではありません。数年から十数年かけて、自覚症状のないまま知らないうちに進行していきます。何らかの症状として自覚した時には、合併症として完成したときです。その時に慌てて治療を開始しても、十数年かけて障害された血管を元に戻すことは、現在の医療では不可能です。そのため、自覚症状のない初期の段階からしっかり血糖をコントロールして、血管が障害されないようにしていく必要があるのです。

糖尿病の治療は、何と言っても食事療法・運動療法は一番重要です。糖尿病治療薬には様々なものがあり、最近はインクレチン製剤という新たな薬も使われるようになりましたが、食事・運動療法がしっかり行われていないと、どんな良い薬を使っても効果は半減します。
また、インスリン注射を勧められると固くなに拒否されたり、インスリンを使うようになったから、もう自分はお終いだ、と言われる方がよくいらっしゃいます。最近は、早期にインスリンを導入する傾向です。より早期に使うことで、合併症を抑えられ、また離脱も可能になります。

残念ながら、糖尿病は完治することはなく、一生付き合って行かなければいけない疾患です。そして、医者の力だけでは血糖コントロールを良好に保つことも不可能です。患者様自身が主治医となって、生活習慣を改善していくことが糖尿病の合併症を予防する一番の治療なのです。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら

言語聴覚士とは?
2012年12月01日発行
リハビリテーション課 

ある日突然に、ことばが出てこなくなってしまったら・・・。

まるで、言葉の通じない外国に一人ぽつんと放り出されたようで、どうしてよいか全くわからない気持ちになると思います。

ある日突然に、ひどくむせてしまって、一口のお水も飲みこむことが出来なくなってしまったら・・・。

困惑し、自分に起こったことでありながら、なぜなのか、全く理解が出来ないと思います。

私達は毎日ごく当たり前に、ことばによってお互いの気持ちや考えを伝えあい、口から好みの食べ物を摂取し、生活しています。
ところが、脳卒中などの病気や交通事故、さらには発達上の問題等で、言語、聴覚、発声、発音の機能が損なわれると、言葉によるコミュニケーションに問題が生じます。また、食べること(摂食・嚥下機能)に問題が起こることもあります。このような方々に対して言語聴覚士は専門的援助を行ないます。
ことばやコミュニケーションの問題には多くの種類があり、対象となる年齢も様々です。

障害をもたれた方が、その人らしく生き生きとした生活をとりもどすことが出来るよう、ご家族と共に また、同じリハビリテーション職種である理学療法士、作業療法士や他の多くの専門職種(医師、歯科医師、看護師、管理栄養士、ソーシャルワーカー、介護福祉士、ケアマネージャーなどの地域での援助者等)とも協働して支援を行ないます。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら