病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

メディカルEYE

2013年03月01日発行
皮膚科 部長 秋元 隆英
M-eye No.38 アレルギーこぼれ話
〜アレルギーとアレルギー体質とアレルギー反応〜

花粉症や気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎など、アレルギーが関係している病気は割とよく知られています。
アレルギーとは抗原に対する免疫の過剰反応を言います。抗原とは何かというとこれはアレルギーを起こしうるもの。
説明が循環してしまいますが、一番わかりやすく言うとこういうことになります。

さて、表題のように、アレルギーとつく言葉にはアレルギー体質、アレルギー反応などがあるのですが、実はこれらは同じアレルギーという言葉を使っていながら少しずつ意味が違います。
外来で、患者さんが時々、「私、アレルギーはありません。」と言う方がいます。でも、実はアレルギーは誰にでも起こるんです。
ちょっと意外に思われるかもしれませんが、たとえば、蚊に刺されると赤くはれてかゆみが出ます。これもアレルギーといえます。
そう、アレルギーというのは結構身近にあります。

ではアレルギー体質とは何か。

おそらく、普段皆さんがおっしゃっているアレルギーとはこのアレルギー体質のことだと思います。
アレルギー体質とは、アレルギーを起こす人という意味ではなく、アレルギーを起こしやすい人やアレルギーによる症状の激しい人を意味します。
ではアレルギー体質の人とそうでない人はどこで区切るかというと、実は明確なものはありません。血液検査で、アレルギーに関連したあるたんぱく質(免疫グロブリンE)の多い人はアレルギー体質と言うこともありますが、アレルギーが実際に多いかどうかや症状が強いかどうかは、確率の問題であって、必ずしも検査に一致するとは限りません。

最後にアレルギー反応。

これはアレルギーが起こった結果生じるある一連の反応をこう呼ぶのですが、実はこの反応、アレルギー以外でも起こるのです。
皮膚科ではじんましんという有名な病気があります。この病気の原因は実に様々で、原因を特定するのが非常に難しいことが多いです。原因として食べ物が有名ですが、実は食べ物が原因であることは意外と少ないです。
たとえば寒冷じんましん。冬、暖かい家から外に出て急に寒い思いをすると急に体がかゆくなります。これとは反対にお風呂などで温まると出る温熱じんましんと言うのもあります。疲労やストレスでも出ることがあります。これらはどう考えてもアレルギーではありませんね。
でも病院で出される薬は抗アレルギー薬ともいわれる抗ヒスタミン薬です。
どうしてでしょう。
実はじんましんなどでは、原因がアレルギーであろうとなかろうと、体の中で起こる最終反応がアレルギー反応なんです。で、この薬はこのアレルギー反応を抑える効果があるわけです。ですのでアレルギーが関係なくても抗アレルギー薬が出されるわけです。

以上、アレルギーについてのこぼれ話でした。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら

意外と知らない!?正しい点眼方法
2013年03月01日発行
 視能訓練士

点眼する前の手洗いは必要!?
はい。必要です。
手から雑菌が感染しないよう手洗いを十分にしてから点眼するようにして下さい。
One Point Advice
 少し上を向き点眼容器を持っていない手で下まぶたを押さえると点眼しやすいです。

1回にたくさんの量を点眼すると効く!?
いいえ。1滴確実に眼に入れば十分です。残りの点眼は外に流れてしまいます。
One Point Advice
 点眼後、軽く眼をつぶり目頭を押さえます。こぼれた点眼液はふき取るよう習慣付けましょう。

2種類以上の点眼をするときは、時間を空けたほうがいいの?
その通りです。次の点眼まで5分空けます。
続けて点眼してしまうと、最初に点眼した成分が次の点眼薬により洗い流されてしまい、効能が十分に発揮されません。
One Point Advice
 懸濁タイプの点眼薬は、点眼前に良く振ってから使用します。

点眼薬は、無くなるまで使い続けていいの?
いいえ。開封してから1ヶ月過ぎたら破棄します。
更に、1ヶ月以内でも点眼薬に浮遊物などがある場合も破棄します。
One Point Advice
 点眼薬にも使用期限があります。使用開始前には、確認するよう心掛けましょう!

皆さん、正しい点眼方法を守りましょう!


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら