病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

メディカルEYE

2015年02月01日発行
放射線科 部長 荒瀬佳子
M-eye No.58 PET検査のご紹介
最近、PET検査という言葉を耳にする事があると思います。この検査は、主に悪性腫瘍の治療前診断や治療後再発の検査に用いられます。

見た目はCTと似ているけど、CTやMRIとどこが違うの?
投与した薬が腫瘍に取り込まれ、これをPETカメラで捉えて画像化したものがFDG-PET画像です。
PET画像は腫瘍の悪性度を反映した機能画像としての役割を持っています。

図1と図2はCTでは同じように見える腫瘍ですが 悪性度の違いがPET画像で解ります。
(FGDがたくさん集積するほど赤→黄になる様に画像化しています)


何故、腫瘍の活動性を反映できるの?
投与する薬はFDGと言います。多くの癌細胞は分裂増殖の為、正常細胞の数倍のブドウ糖を取り込みますが、単にブドウ糖に放射性同位元素を付けたのでは、解糖されてしまいますので、代謝されない様にしたブドウ糖類似物質にF-18を標識したものがFDGです。

分裂が盛んで悪性度の高い癌細胞は この分解されないブドウ糖類似物質、即ちFDGをたくさん取り込みますので 上記の様にFDG高集積となります(FDGの取り込みが多くても悪性度の高くない腫瘍もあります)。

PET検査を受けるメリットは?
主治医の立場と患者の立場でそれぞれメリットがあります。

1) 治療前のステージ(癌の進行度)診断
 肺癌、乳癌、頭頚部癌、悪性リンパ腫、悪性黒色腫などで行われる事が多いです。

患者様 : 体幹部全体を撮影するので 既に知られている腫瘍から離れたところにある転移や重複癌(違うところに偶然みつかる癌)が見つかる事がある
主治医 : ステージに合わせて適切な治療の選択ができる

2) 再発が疑われる時(腫瘍マーカー の上昇など)
患者様 : 一度の検査で広範囲が調べられ、再発が確認され次第 直ちに治療が受けられる。
主治医 : 再発場所を確認できる。 主病変から離れた場所の再発も見逃さずに済む。

3) 経過観察などから治療が有効と思われるにも拘わらず他の画像診断等で腫瘤が残存が疑われる場合
 CTやMRでは主にサイズの増減で効果を判定していますが、サイズは変わらなくても腫瘍細胞が死滅していることもあり、PETはCTやMRIに付加する情報を与えてくれます。

患者様 : 腫瘍が完全に消失してなくても 追加治療が必要ない
主治医 : 治療を追加するべきか経過観察するべきかを判断できる。薬の効き具合である程度予後が予測できる。フォローアップをどの位の間隔で行うべきかの判断材料となる。

当院と同じ誠馨会グループの〈自動車事故対策機構 千葉療護センター〉(千葉市美浜区磯辺 日本核医学会専門医教育病院)では PET検査を随時お受けしております。お気軽にご相談ください。
電話番号 043-277-0081

PETの保険適応について(腫瘍に関する記述)
1) 治療前の病期診断
 2010年4月から「早期胃癌を除く悪性腫瘍の病期診断または転移・再発の診断」が保険適用となりました。肺癌、乳癌、頭頚部癌、悪性リンパ腫、悪性黒色腫の他 大腸癌、膵癌、胆管癌、卵巣癌、食道癌などでも検査を受ける事ができます。
2) 二段階治療を施行する場合
 第一段階治療完了後の第二段階治療方針決定のための、病期診断 たとえば、術前化学療法後、または、術前化学放射線治療後における、術前の病期診断
3) 転移・再発を疑う臨床的徴候、検査所見がある場合の診断
4) 手術、放射線治療などによる変形や瘢痕などのため他の方法では再発の有無が確認困難な場合
5) 経過観察などから治療が有効と思われるにも拘わらず他の画像診断等で腫瘤が残存しており、腫瘍が残存しているのか、肉芽・線維などの非腫瘍組織による残存腫瘤なのか、を鑑別する必要がある場合


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら

血管年齢を調べよう!
2015年02月01日発行
 臨床検査課

皆さんは『アンチエイジング』と聞いたら最初に何が思いつくでしょうか?
やはり、美容や見た目の若返りを思いつくのではないでしょうか。

今回は体の中の血管や骨のアンチエイジングを考えてみてはいかがでしょう?

では、アンチエイジングを考える前に、実際に自分の体内の老化の程度はどれくらいなのかを知る必要がありますね。きっと一度は聞いたことがあるかと思いますが『血管年齢(血管の老化度、つまり動脈硬化がどれだけ進んでいるかをあらわすもの)』というものがあります。

調べる方法はいくつかありますが、一番簡単かつ侵襲なく行える検査がCAVI検査です。この検査はあおむけに寝た状態で両腕・両足首の血圧と脈派を測定します。時間は5分程度で、血圧測定と同じ感覚でできる簡単なものです。
この検査は次の3つが測定できます。
1 血管のかたさ
2 動脈の詰まり
3 血管年齢

一度、現在の血管年齢を知り、体の中からアンチエイジングしてみてはいかがでしょうか。
当院でも受診していただければ検査は可能です。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら