病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

メディカルEYE

2011年02月01日発行
泌尿器科 部長 杉山 義樹
M-eye No.13 過ぎたるは猶及ばざるが如し
過ぎたる膀胱・・・過活動膀胱!
最近、新聞や雑誌に頻尿や尿失禁の症状緩和の一般薬が紹介されたりして「過活動膀胱」という言葉を耳にされた方もいらっしゃると思います。
でも、その過活動膀胱って何ぞや? 簡単に説明して見ましょう。

1:正常な「排尿」をご存知ですか?

通常、私たちは「苦も無く」尿を溜めて(蓄尿)、「苦も無く」尿を出す(排尿)事ができています。 普段はあまり意識していませんね。 また、24時間のうち膀胱が「蓄尿」に関わる時間のが多く、「排尿」に有する時間は数秒です。
一般的に1日尿量を1500〜1800と仮定すると、1日5〜6回、排尿する時間は30秒以内に速やかに終了します。 つまり、計算上「蓄尿量」は一回300〜400mlになるわけですし、水鉄砲のように放物線を描いて瞬時に終了するわけです。 一回に出る量が減ったり、溜める事に努力が必要になることを「蓄尿障害」、出方が変化したり、出すのに一苦労することを「排尿障害」といいます。

2:過活動膀胱の定義

蓄尿障害の自覚症状としては昼間頻尿・夜間頻尿・尿意切迫(急激な尿意出現で我慢しきれない状態)・尿失禁などがあります。この中で「尿意切迫を必須」とした症状症候群(原因は様々ながら同様の症状を呈する疾患のグループ)を過活動膀胱(正式には過活動膀胱症候群)と呼んでいます。 「4」でも触れますが、症候群ですので様々な病気、それこそ脳脊髄疾患から悪性疾患・炎症などが隠れています。

3:過活動膀胱の「症状」「重症度」は?

それでは実際にはどんな症状が出たときに「過活動膀胱」と診断されるのでしょうか?
簡単に自己採点できる表を用意しました。 表1で1つでも症状があれば「予備軍・可能性がある」と思ってください。 表2ではその重症度も分かります。 合計点数が5点以下なら軽症、6〜11点なら中等度、12点以上なら重症と判定されます。

4:過活動膀胱の「原因」と陰に潜む「病魔」

定義でも触れましたが過活動膀胱は「症候群」です。 あくまでも治療・診断を系統立て進める上で混乱しないように定義した「仮病名」みたいなものです。 実際にはその陰に「原因疾患」が潜んでいるわけです。 原因疾患について各論は紙面の都合上無理ですが、表3に示すような原因疾患と鑑別疾患が潜んでいるのだと分かっていただければ宜しいかと思います。 単なる「頻尿」に隠された「病魔」。 当然、我々泌尿器科医はこれら全ての疾患を念頭にいれ診断治療にあたっています。 ご安心下さい。

たかが頻尿、されど頻尿、侮れません。

⇒図の拡大図はこちら(PDF:55KB)

薬の形いろいろ
2011年02月01日発行
薬剤部 

皆さんが普段飲んでる薬は、様々な色・形をしています。飲み薬を大きく分けると錠剤・カプセル剤・散剤・液剤でしょうか。白い錠剤は種類が最も多く、包装から取り出すと一見どれも同じように見えます。しかし、よく見ると大きさや記号(刻印)、表面のつやや丸みなど違いがあります。最近では、小さな錠剤の表面に薬の名前が印刷されているものが出てきました。

外見だけではなく中身にも工夫が隠されています。湿気防止や苦味を隠すためにコーティングをしたものや、薬が徐々に溶けて効果が長時間続くような構造をしているものもあります。近年では口の中で簡単に溶け、水なしで飲めるものも増えてきました。(口の中で溶けても必ずしも早く効くわけではありませんが・・・)

製薬会社ごとになるべく患者さんが簡単に薬を飲めるように考えて作っています。このように特殊な加工がされている薬の中には、割ったり噛み砕いたりすると、苦い思いをしたり、薬の効果が大きく変わってしまうことがあります。これらの注意は、「お薬説明書」に書かれていることも多いので確認してみてください。

今日もらった薬にも特殊な製剤技術がつかわれているかもしれません。そう思うと薬を見る目がちょっと変わるかもしれませんね。


⇒メディカルEYEバックナンバーはこちら