整形外科|千葉中央メディカルセンター

SPECIALITY診療科案内

キービジュアル

整形外科

患者さんへ

整形外科は主に運動器を扱い、脊椎、関節、スポーツ、手、腫瘍、外傷疾患などに分けることができます。
当整形外科ではその中でも特に、頚椎から腰椎にいたる脊椎疾患と外傷関節疾患を主な対象としています。
脊椎疾患の治療においては、薬物療法やブロック療法といった保存治療を優先し、これらで効果が得られない場合には手術的治療を選択します。各種のインストルメントを用いた矯正固定手術や内視鏡手術。圧迫骨折に対する椎体形成術などの最先端の脊椎疾患治療を行うことが出来ます。
関節疾患では、膝や肩の関節鏡手術、靭帯再建手術、変形性股関節症や変形性膝関節症による痛みに対しては人工関節置換手術を行っています。外傷に対しては24時間体制で対応しています。

対象疾患

変形性膝関節症 加齢、肥満、けがなどにより、関節の軟骨が磨り減り、さらに骨が変形し痛みを生じる病気です。 初期は動作開始時の痛みを訴えることが多く、進行すると動作中の痛みを訴えるようになり、階段昇降、特に降りるときの痛みが特徴的です。さらに病期が進むと歩行が困難になることがあります。痛みは関節の内側にあることが多いのが特徴です。変形性膝関節症の患者さんは大変多く、どんな方にも、まずは独自の運動療法、リハビリ療法を実技指導します。進行した症例では手術を行うこともよくあります。人工関節全置換術、心臓病等の合併症があるため人工関節手術が行えない場合には 負担の軽い関節鏡手術等を駆使して良好な結果を得ています。
変形性股関節症 股関節が痛くなる代表的な病気です。関節を滑らかに動かすために骨の表面を覆ってクッションの働きをしている「関節軟骨」が、何らかの理由によりすり減ってしまうために起こります。日本では、生まれつき股関節の作りにやや問題がある「先天性股関節脱臼」や「先天性臼蓋形成不全」などのある人が後年変形性股関節症を発症するケースが多いですが、そういった股関節の異常のない人が老化により変形性股関節症になることもあります。動かしたり歩くと股関節の前後が痛む、一休みしないと歩けない、などの痛み「運動痛」が出るようになります。最終的には安静にしていても痛むようになり、痛みの程度もだんだんと強くなります。夜間などにも痛みが出て睡眠が妨げられるようになることもあります。変形性股関節症の患者さんには、筋力訓練、リハビリ訓練、生活指導等により、症状の軽快を目指して、じっくりと治療経過を見守ります。それらの治療法で痛みや障害の改善が得られない方には、個々の患者さんの希望、年齢、生活内容等を充分勘案して、寛骨臼回転骨切り術、人工関節全置換術等の最善の方法で対処しています。
骨粗鬆症 骨粗鬆症は、高齢化社会の現在急増している疾患です。当科では、尿検査(骨代謝マーカー)と骨量測定を元に、従来のビスフォスフォネート剤による治療によって、骨量増加、骨折防止の成果をあげています。骨粗鬆症による胸椎、腰椎圧迫骨折に対しては短期間の入院治療による、薬剤、リハビリ療法で元の生活活動維持を図っています。同様に高齢者の大腿骨頚部骨折も急増しています。これに対しては合併症とご本人の生活状況を慎重に評価した上で、人工骨頭置換術、整復内固定術を行い、早期リハビリによって早期退院、早期社会復帰を可能にしています。また、退院後は、骨折の再受傷を防止するために、リハビリでの歩行訓練と骨粗鬆外来での骨の強化のフォローを行っております。
脊椎椎体骨折 骨粗鬆症性椎体骨折の治療は、コルセットやギプスなどで体幹を外固定する治療に、鎮痛剤やリハビリテーションを組み合わせた保存療法を行うのが一般的です。保存療法が無効な場合には、経皮的椎体形成術 (BKP:Ballon Kyphoplasty) と傷も小さく、体への負担が小さい治療を実施しております。具体的には全身麻酔下に、まず約5mmの皮膚切開から経皮的に骨折椎体にバルーンを挿入、拡張させることで椎体高回復を図り、セメントが入る空洞を作ります。その後、椎体内に形成された空洞に高粘度のセメントを充填し、椎体を安定化する方法です。その後の骨折予防については骨粗鬆症の治療が重要です。薬物療法に加えて食事療法や背中や脚の筋肉を鍛えて転倒しないようにする運動療法を組み合わせて行います。また、脊柱の変形により日常生活が傷害される場合には、インプラントによる矯正固定術も行っています。
脊椎疾患 脊椎脊髄センターをご覧ください

  • 玄 奉学

    玄 奉学 Hogaku Gen

    役職 院長補佐、脊椎脊髄センター長
    専門分野 脊椎外科
    資格 医学博士
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
    日本脊椎脊髄病学会 脊椎外科指導医
    その他 業績の詳細はこちら
  • 佐久間 吉雄

    佐久間 吉雄 Yoshio Sakuma

    役職 診療部長、整形外科主任部長、脊椎脊髄センター主任部長
    専門分野 脊椎外科
    資格 日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
    日本脊椎脊髄病学会 脊椎外科指導医
    日本整形外科学会 脊椎内視鏡下手術・技術認定医
    (2種・後方手技)
  • 河野 裕

    河野 裕 Yutaka Kono

    役職 整形外科部長、脊椎脊髄センター部長
    専門分野 脊椎外科
    資格 日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
    日本整形外科学会 脊椎内視鏡下手術・技術認定医
    (2種・後方手技)
    日本整形外科学会 リウマチ医
    日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
    脊椎脊髄外科専門医
    日本リウマチ学会 リウマチ専門医
  • 小西 誠二

    小西 誠二 Seiji Konishi

    役職 リハビリテーション科部長、整形外科主任医長
    専門分野 肩関節・膝関節外科、スポーツ整形外科
    資格 日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会スポーツ医
    日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
    日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  • 室谷 錬太郎

    室谷 錬太郎 Rentaro Murotani

    役職 医長
    専門分野 脊椎外科
    資格 日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会 脊椎脊髄病認定医
    日本脊椎脊髄病学会 脊椎外科指導医
  • 早坂 豪

    早坂 豪 Go Hayasaka

    役職 医長
    専門分野 脊椎外科
    資格 日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
    日本脊椎脊髄病学会 脊椎外科指導医
  • 泉対 信賢

    泉対 信賢 Nobutaka Sentsui

    役職 医員
    専門分野 整形外科一般
  • 山口 寛人

    山口 寛人 Hiroto Yamaguchi

    役職 医員
    専門分野 整形外科一般
    資格 医学博士
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会脊椎脊髄病医
  • 野尻 英俊 Hidetoshi Nojiri

    役職 非常勤医師
    専門分野 脊椎外科
    資格 医学博士
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会脊椎脊髄病医
    日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科認定医
  • 眞鍋 亘 Wataru Manabe

    役職 非常勤医師
    専門分野 脊椎外科
    資格 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
    日本整形外科学会専門医
  • 小池 正人 Masato Koike

    役職 非常勤医師
    専門分野 整形外科一般
    資格 医学博士
    日本整形外科学会専門医
  • 徳山 天之 Amayuki Tokuyama

    役職 非常勤医師
    専門分野 整形外科一般

診療担当表

受付時間
午前
8:15~11:00
泉対 信賢 小西 誠二 室谷 錬太郎 泉対 信賢 小西 誠二 小西 誠二
野尻 英俊 早坂 豪 佐久間 吉雄 室谷 錬太郎 早坂 豪 早坂 豪
玄 奉学 佐久間 吉雄 眞鍋 亘 小池 正人 玄 奉学 山口 寛人
河野 裕 河野 裕 泉対 信賢 室谷 錬太郎
(1・3週)
(痛み外来)
午後
13:00~16:00
野尻 英俊 山口 寛人 眞鍋 亘 小池 正人 徳山 天之
(1・3・4・5週)

休診・代診情報

休診・代診日 AM/PM 診療科 医師 備考
8/11(火) AM 整形外科 早坂豪医師 休診
8/14(金) AM 整形外科 早坂豪医師 休診
8/14(金) AM 整形外科 玄奉学医師 休診
8/15(土) AM 整形外科 早坂豪医師 休診
8/21(金) AM 整形外科 小西誠二医師 休診
8/22(土) AM 整形外科 小西誠二医師 休診
8/26(水) AM 整形外科 佐久間吉雄医師 休診
9/7(月) AM 整形外科 玄奉学医師 休診
9/8(火) AM 整形外科 佐久間吉雄医師 休診
9/8(火) PM 整形外科 山口寛人医師 休診
9/9(水) AM 整形外科 佐久間吉雄医師 休診
玄 奉学医師 実績一覧