脳卒中センター|千葉中央メディカルセンター

center脳卒中センター

キービジュアル

脳卒中センター

患者さんへ

脳卒中全般を診療します。脳卒中には脳の血管が詰まる脳梗塞・一過性脳虚血発作と脳の血管が切れる脳出血、主に脳動脈瘤か破れるくも膜下出血があります。
脳は、手足を動かす、全身の感覚の処理をする、意識を維持する、言葉を理解したり表現したりする、バランスを保つなどの働きがあり、脳卒中になるとこれらが障害され、手足の麻痺、感覚の低下、意識障害、バランス障害など脳の症状や頭痛、嘔吐等が生じます。また、脳卒中患者さんの多くは体が自由に動かないことにより肺炎(特に飲み込む機能が低下することで生じる誤嚥性肺炎)や尿路感染症などを合併します。これらの予防や原疾患に対する適切な治療によって最終的な生活レベルの改善がなされます。早期からリハビリテーションを行い、離床を進めることが有効であることも証明されています。 当院では脳卒中ケアユニットを有し、早期リハビリテーションと合併症管理を行う体制をとっています。

対象疾患

脳卒中 脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血、くも膜下出血

医師紹介

  • 佐藤 幹

    佐藤 幹 Motoki Sato

    役職 脳神経外科部長、脳卒中センター長
    専門分野 脳神経外科全般
    資格 医学博士
    日本脳神経外科学会専門医・指導医
  • 渡辺 敦史

    渡辺 敦史 Atsushi Watanabe

    役職 主任医長
    専門分野 脳神経外科全般
    資格 医学博士
    日本脳神経外科学会専門医
    日本救急医学会救急科専門医
  • 木原 一徳

    木原 一徳 Kazunori Kihara

    役職 医長
    専門分野 脳神経外科全般
    資格 日本脳神経外科学会指導医・専門医
  • 中村 元貞

    中村 元貞 Motosada Nakamura

    役職 回復期リハビリテーション病棟部長
    専門分野 脳神経外科全般
    資格 日本脳神経外科学会専門医
  • 福田 和正

    福田 和正 Kazumasa Fukuda

    役職 院長、救急科部長代理
    専門分野 脳血管障害、救急医学、脳神経外科全般
    資格 医学博士
    日本脳神経外科学会専門医・指導医
    日本救急医学会救急科専門医
    日本脳卒中学会専門医