INTERVIEW特集インタビュー

キービジュアル

Omae

大前 圭裕 理学療法士

大前 圭裕 理学療法士 理学療法主任

患者さんやご家族と一緒に考えながら退院の目標を立て、さまざまなリソースを一緒に動かすことがリハビリの役割だと思います。

理学療法士になって何年経ちましたか?

「もう 13年になります。13年前に新卒で入職しました。」

千葉中央メディカルセンターを選んだ理由は何ですか?

大前圭裕療法士

「大学に来ていた千葉中央メディカルセンターの求人案内に書いてあった「WE NEED YOUR POWER」という言葉に惹かれました。それと、急性期から回復期まで一貫して治療にあたれる環境で、整形外科と脳疾患の患者さんの両方が診たかったので、そういう希望にあった病院ということでまず見学に来させて頂きました。見学に来てみて、自分が学ぶのにすごく向いている環境だなと思ったので入職を決めました。」

理学療法士を目指していたころと比べると、リハビリの内容も随分変わってきたと思いますが、いかがでしょうか?

大前圭裕療法士

「リハビリの目的というのは、治療にあたる私たちだけではなく患者さん自身が決める部分もあると思います。そういった意味では、社会情勢や価値観の変化とともに、患者さんのニーズやご家族が望むものも随分と変わってきていますね。
以前は、長い間入院してもらい、その間に出来るだけ機能を改善させるというのがリハビリの役割でしたが、今は、患者さんやご家族がどうしたいのか、どうすべきなのかを一緒に考えながら退院の目標を立て、患者さん、ご家族、地域のリソースなどを全て一緒に動かしていくことがリハビリの役割のひとつになってきました。とにかく、入院から退院までが非常に早くなったと思います。」

限られた入院期間の中で、もうちょっと時間をかければ、もっと機能回復してあげられるのにと思ったことはありませんか?

大前圭裕療法士

「患者さんはみんな「元のように戻りたい」と言われますが、どのくらい良くなるかといった予測が医師にはあって、私たちもそれを共通の認識として持つようにして、そこに向けていかに効率よくリハビリを展開出来るかということが今は大切だと思います。以前の私でしたら、「何とか自分の力でこの患者さんを…」という気持ちが強かったのですが、経験を重ねるうちに、看護師さんとか病棟のスタッフを巻き込んでみんなで目標を共有して一緒に関わっていかないと、患者さんの本当の回復になかなかつながらないと感じています。」

大きな後遺症を残すことが予測されるような患者さんに、そのことを理解してもらいながらリハビリの意欲を保つというのはとても大変だと思いますが…

大前圭裕療法士

「本当にコミュニケーションがすべてだと思っています。大抵は私たちの方が年下ですから、こちらが教えてもらうというスタンスで患者さんの経歴などを伺いながら、「この方はそういう人生を歩まれてきたんだなぁ」というのをしっかり把握して、自分の紹介なども同じようにさせてもらい、人としての関係を築いてから、理学療法の話、リハビリの話、医療の話をしていくとすごく順調にコミュニケーションが取れる感じがします。特にリハビリでは患者さんと接する時間が長いですから、患者さんが受け入れ難いような話でも、お互いに気持ちの変化を感じながら、時間をかけて徐々に理解してもらうことが大切だと思います。」

患者さんの気持ちや状態の変化をスタッフみんなで共有して、みんなでゴールを目指すということをやっているわけですね

「長い時間一緒に過ごすからこそ患者さんが話してくれることがありますから、カンファレンスでは、「この患者さんは、実はこういった方ですよ」とか「最近はこんな気持ちでいるみたいです」といったことをスタッフに伝えるようにしています。あとで病棟スタッフや先生がその患者さんと関わるときにそういう話をすると、患者さんはとても安心して、そこでスタッフと打ち解けあうということもありますので、そういう役目が出来ればいいかなと思います。」

千葉中央メディカルセンターの回復期リハビリテーション病棟の特徴・魅力を教えてください

大前圭裕療法士

「まずは看護スタッフとリハビリスタッフの仲がいいことだと思いますね。病院によっては完全分業制のところもあったり、反対に業務の区別が全くないようなところもありますが、うちはちょうど中間で、お互いの仕事を支え合う部分もあれば、しっかりと役割分担というか、お互いの仕事を認め合うという部分もあるので、働きやすさや働き甲斐があるのかなと思いますね。

あとは、大抵の回復期病院は看護スタッフもリハビリスタッフも結構フレッシュな人が多いのですが、うちの病棟は看護師さんもリハビリスタッフも経験のある人が結構いて、すごくバランスのいい配分になっているので、ほかの病院と比べるとみんなが自信をもって患者さんと接することが出来ているように思いますね。
それと、今年の3月に新しく回復期リハビリテーション病棟入院料1という施設基準を取って、これから更にステップアップしていくところですから、どんどん新しい取り組みも始めて、今よりももっともっと良くなるという期待感をもって働いています。」

苦労されていることはありますか?

大前圭裕療法士

「一番苦労することは、やっぱりコミュニケーションですね。病棟の看護師さんたちとリハビリスタッフとの働き方のリズムが違うものですから、みんなが患者さんのことを良くしようとか、お互い情報共有しようと思っていても、中々リズムが噛み合わなくって、ちょっとした行き違いになってしまう部分がどうしてもあります。コミュニケーションをとる機会をしっかりと作って、職種を越えたチーム力を発揮できるようにしていくことが今の課題ですね。」

話は変わりますが、趣味は何ですか?

大前圭裕療法士

「今はロードバイクが趣味でして、自転車に乗って友達と100kmくらい走ったりしています。うちの職場は体を動かすことが好きなスタッフが多いので、そういったスタッフと休みの日に一緒にサイクリングに行ったりすることもありますね。
九十九里とか木更津とか県内を走ることが多いですが、県外の大会に泊りがけで参加することもあります。順位を競うというよりは楽しむための大会ですけど、現地の美味しいものを食べたり、山道を走ったり、楽しんでいます。」

家族を置いて・・・・

「家族を置いてです(苦笑)」

リハビリの人たちは仲がいいのですね

大前圭裕療法士

「うちのスタッフは仲がいいと思いますね。他の職場の友達にも話を聞くのですが、うちのスタッフはかなり仲がいいと思いますね。」

職場結婚率高いですよね

「高いですね!私も職場の同僚と結婚しました…(笑)」

結婚して何年になりますか?

「これ間違えるとまずいですね、確か、7年になります。」

家庭ではパパ業も一生懸命されていると聞いていますが、男性からみた家庭と仕事の両立の大変さというものはありますか?

大前圭裕療法士

「0歳と3歳の子供がいますけど、父親になって気づいたことは、子育てってすごい大変だなーってことですね。家事も大変ですし、仕事も大変で、全部大変ですけど、大変さの質がちょっと違うなと思います。子育ての一番の大変さってなんだろうって考えたとき、仕事の量とか質とかじゃなく、自分のペースで何事も進められないということが何より大変だって気が付きました。量や質はそんなに大変そうじゃなくても、自分のペースで出来ない仕事がどれだけ大変かということが分かって…。だから、妻が自分のペースで仕事を出来る時間を作ってあげることが夫としては大事だと思っています。自分が子供と遊んでいるから今のうちにやりたい家事やっていいよとか、逆に、家事はやっておくから時間を気にしないで子供と遊んで来てとか、自分のペースで動ける時間をお互いが作れるように協力できると子育てのストレスも少しは軽くなるのかなと思います。」

仕事も家庭も完璧ですね

「料理は奥さんに全部やってもらっています…。やればいいというわけじゃないということに気がつきまして…。」

昨年、回復期リハビリテーション病棟のセラピストマネージャーという資格を取ったと聞いていますが、どのような資格ですか?

大前圭裕療法士

「回復期リハビリ病棟で一定年数以上の経験があるセラピストを対象に、チーム医療を推進していく上でのマネジメント能力を身に着けるための研修を修了して、回復期リハビリテーション病棟協会が認定する資格です。現在、全国に1000人くらいいます。回復期リハビリ病棟っていうのは、チームアプローチがすごく大事ですので、それぞれのスタッフがどんなことをやっているのかということを理解しあって、それぞれが持っている技術とか情報っていうものを最大限に活用できるマネジメントが重要だと思っていました。ですから、去年1年間、研修に行かせてもらって勉強して、この資格を取りました。せっかく資格を取ったので、回復期リハビリ病棟の中でチーム力を最大に発揮できるようにいろいろ取り組んでいきたいと思っています。

実は、名札の右上にセラピストマネージャーのバッジがついているのですが…。」

そういった資格を取ることで、自分のなかで何か変化したことはありますか?

大前圭裕療法士

「研修に参加する前から回復期病棟が大好きでしたので、回復期のリハビリのことは誰よりも知っているつもりでいました。ですので「回復期のリハビリは自分が引っ張るぞ」っていうつもりでやっていたのですが、研修を受けるうちに考え方が少し変わりまして、どちらかというと、みんなが主役になって当事者意識を持ち協力し合った方がいいものが出来るのではないかって考えるようになりました。自分が手を引けるところはなるべく手を引いて、多少効率が悪くなってもいいのでみんなが自己決定をして、当事者意識をもって企画に臨むっていう姿勢を大切にするようになりました。

ただ、管理職でもあるので、どこまで任せるかという幅は決めないといけないと思っています。その幅の中で、みんなが主体的に動けるようにしています。まだ慣れていないので、もう少し時間はかかると思うのですが、これは必要な時間だと割り切って、いろいろトライしていきたいと思っています。」

自分の業務をこなしながらスタッフと話し合う時間を作るのは大変だと思いますが、そのあたりはどうやっているのですか?

「定期的にミーティングを開いて、日ごろ感じていることとか、もっと業務改善出来ることとかを出し合ってしていますが、日常の場面でも、隣のパソコンに座っているスタッフに「最近どうなの?」とか声をかけながら表情を見て、「体調どうかな?」とか気にしていますね。自分の体調が良くないといい治療が出来ないと思っていますので、「みんなちゃんとご飯食べているかな?」とか「笑っているかな?」とか気にしながら仕事をしています。」

最後に、学生さんや後輩に向けて熱いメッセージをお願いします!

大前圭裕療法士

「自動化とかIT化とかが進んで機械が出来ることがどんどん増えていますが、人と人とが関わりあう仕事っていうのは、効率とか数値ではなくて、人としての幸せを感じながら働ける仕事だと思いますので、もし人と話すことが嫌いでなければ、そういう仕事を選んでもいいのかなと思います。

あとは、人や社会に貢献できているって思えることも大事だと思います。どんな仕事でも、続けていると、辛い場面とか辞めたくなるときとかが絶対あると思いますが、そのときに自分は何のために働いているのかとか、この辛い思いは何のためにしているのかって思ったときに、それが患者さんのためだったら「まあしょうがないか」って思えると思います。何かに貢献できているっていう気持ちが、最終的には仕事のモチベーションにつながってくると思うので、もし今の進路に悩んでいる人がいれば、こんなこと言っていたやつがいたなって思って、もう一度考えてみてはどうでしょうか。今セラピストを目指して勉強している人は、ほんとうにやりがいのある仕事ですから、是非頑張って勉強を続けて欲しいです。」

本日は、素晴らしい話をたくさん聞かせていただきありがとうございました
インタビュー一覧に戻る