INTERVIEW特集インタビュー

キービジュアル

Matsuba

松葉 芳郎 医師

松葉 芳郎 医師 副院長、医療連携室室長、外科部長

病院全体のことであったり、地域医療のこと、少し広い視点に立って考え、行動することを大切にしています。

忙しい業務のなかで、大切にされていることは何ですか?

松葉芳郎先生

「そうですね、以前と比べてちょっとずつ変化してきたのかなと思います。若い頃は、外科医として、もっと技術や知識を身に着けたいとか、手術がもっと上手くなりたいとか思っていましたけれど、最近は、ある程度の年齢になったこともあるかと思いますが、自分のことより、もっと全体のことを考えて行動するようになったと感じています。研修医のことであったり、診療科(外科)のことであったり、病院全体のことであったり、地域医療のこととか。少し広い視点に立って考え、行動することを大切にしています。」

地域医療において、千葉中央メディカルセンターはどんな役割を果たすべきとお考えですか?

松葉芳郎先生

「今、この地域で急性期医療を担っていける病院というのは限られているわけで、そんななかで、私たちはある程度そういう役割を果たしているという現状があります。ですから、この地域全体の医療がスムーズに機能するように、急性期医療や救急医療を一生懸命やること、それが当院の使命というか、進むべき方向だと思います。ドクター一人一人がそういう意識を持っていければいいかなと思っていますけど、ドクターによってかなり温度差があって、医療連携室の方たちも、連携医からの急患の受け入れなどで結構苦労しているじゃないかと思います。どうしても担当のドクターが対応できないようなときは、私とか、院長とかを遠慮せずどんどん利用してもらっていいんですよ。」

医療連携を進める中で、一番苦労されていることはどんなことでしょうか?

松葉芳郎先生

「そうですね、前方連携と後方連携とでは問題点や苦労がちょっとずつ違っています。前方連携で言えば、連携医療機関の先生たちが私たちに何を望んでいるのか、そして、私たちはその要望にどれだけ応えられるか、そこだと思います。早急な受入れなど救急医療を期待する場合もあれば、診断や治療など専門的診療を期待する場合もあります。大事な患者さんを紹介する先生たちにも、「あそこの病院でよかったのか?」といった不安があるわけで、そういう不安がなくなるように、紹介してくれた先生方の期待に十分応えるような診療をやっていくというのが大事だと思います。

後方連携については、連携先をもっと開拓していかないといけないとは思いますが、前方連携以上に、できること、やってほしいことをお互いに理解し合えるように、時間をかけて進めていく必要があると思います。」

松葉芳郎先生

「外科の患者さんの事例ですが、もともと脳梗塞後で、胃瘻、寝たきりとか色々な問題を抱えていた80歳後半の方で、絞扼性イレウスによる急性腹症で小腸切除して救命できたのですが、人工呼吸器がつきました。HCUで状態の回復、安定を待って、気管切開して一般病棟に戻りましたが、結局、BiPAPモードでの呼吸器管理から完全な離脱ができずに入院が長期化していました。MSWが一生懸命に転院先を探してくれていたのですが、呼吸器がついて、胃瘻がついていて、高齢で、どうしても受け入れてくれるところが見つからない。そうしたら、毎年8月に企画させていただいているSUMMER FORUM(地域医療連携懇談会)の席で、いつも参加していただいているS病院の連携室の方に相談したところ、「大丈夫ですよ」って言ってくれて、さっそく病院上層部に話がつながり、受け入れ準備をしていただき、すぐに転院が決まりました。

 後方連携に限ったことではないと思いますが、やっぱり直接コミュニケーションをとってお互いを知ることが大事だなと。SUMMER FORUMとか毎年企画していますけど、そういったところで直接会って繋がりを作っておくことって凄く大事なことだなと、そのとき感じました。」

連携室のスタッフと開業の先生方を訪問して感じることは?

松葉芳郎先生

「訪問して一番感じるのは、開業の先生方は本当に忙しいんですよね。朝から夕方まで絶え間なく、一人で患者さんをずっと診ているわけです。この間も昼休みに訪問したら、僕らが出ていくのと入れ違いに、昼休み時間に待っていた患者さんが診察室に入っていくんですね。そういうところに訪問して貴重な時間を頂くわけですから、辛口な意見をもっともっと聞き出せたらいいと思います。上辺だけの付き合いではなく、「ここは良くないよ」「こうしてくれないか」と言ってくれるような関係を作らないとだめですよね。地域のいろんな先生たちから具体的な意見を聞いていかないと。連携医のT先生には「いつも全幅の信頼をもってお願いしているから、忙しいのに来なくてもいいよ」って言われますけれども、定期的な訪問は欠かせないと思っています。また伺わせてください!」

当院がより成長していくために、何が必要ですか?

松葉芳郎先生

「他のグループ病院が、自分たちの得意とする分野を精力的に伸ばすことで病院全体を成長させ、他の分野も充実していく姿を見ると、私たちも自分たちの特徴を伸ばすことが必要だと思います。ただ、医療には地域性がありますから、それに対応した特徴を伸ばしていかなければなりません。それには、この地域の人たちや他の医療機関が当院に何を求めているかをつかまないといけない。そこのところは普段から患者さんや連携の先生たちと接している我々医師や連携室のスタッフや看護師さんたち、みんなが集まって、我々に出来ることは何か、得意なことは何かを分析して、そこを伸ばしていければいいかなと思います。そうすれば、もっと存在意義のある病院になっていけるのではないでしょうか。」

本日はたくさんのお話をありがとうごうございました。
千葉中央メディカルセンターの医療連携が、常に「地域全体の医療がスムーズに機能するように」という視点に立って進められているのだということを強く感じました。
インタビュー一覧に戻る