INTERVIEW特集インタビュー

キービジュアル

Sasaki

佐々木 暁夫 医師

佐々木 暁夫 医師 初期臨床研修医2年生

出来るだけ多くの症例を経験して、臨床医としての基本的な力をしっかりと身に着けたいと思います。

当院を研修先に選ばれたきっかけは何ですか?

佐々木暁夫先生

「首都圏の病院を探していて、千葉県や神奈川県などの病院を見学して回ったのですが、この病院の研修医の先生たちが一番生き生きと研修しているように見えたんです。上級医の先生たちや指導医の先生たちがとてもフレンドリーに接している様子も他の病院とは違って印象的でした。研修中の先生たちからも、自分たちを一人の医師として見てくれて、自主性を大切にしてくれる病院だという話を聞いて、ここなら自分自身が成長できると思って研修先に選びました。」

一年経ちましたね。良い研修ができていますか?

佐々木暁夫先生

「たくさんの症例を経験できているし、いろいろな手技も数多く経験させてもらっています。学会で発表する機会もありました。どの科の先生もみんな優しく、いい意味でとても距離が近い感じがしています。指導医の先生たちにも相談しやすい環境があるので、とても良い研修ができていると思います。今年は内科系当直を任せられるので、出来るだけ多くの症例を経験して、自分で判断する力をもっと磨いていきたいと思っています。」

意地悪な先生はいないですか?

佐々木暁夫先生

「意地悪な先生?(笑) いないです!」

病院に対して何か要望は?

「いつも走り回っているので、食堂とか売店がもう少し充実していると嬉しいんですけど…。ほかには特にありません。」

最後に何か一言お願いします。

佐々木暁夫先生

「3年目から何を専攻するかはまだ決めていません。とにかく今は、あと1年、出来るだけ多くの症例を経験して、臨床医としての基本的な力をしっかりと身に着けたいと思っています。それと、これから研修先を探す学生の皆さんには、うちの病院での研修を是非勧めたいです。」

本日はどうもありがとうございました。
インタビュー一覧に戻る